コミックナタリー

久米田康治、架空の連載100話目を描く!ヤンマガ初登場

621

本日1月5日に発売されたヤングマガジン6号(講談社)には、読み切り企画「俺の100話目!!」シリーズの第1弾として、久米田康治「オフサイドトラップ」が掲載されている。久米田が同誌に執筆するのは今回が初めて。

「俺の100話目!!」は「99話目までなど所詮は段取り!」「マンガの醍醐味は100話目に詰まっている!!」という考えのもと、さまざまなゲスト作家が架空の連載第100話目を描くシリーズ。久米田はサッカーマンガ「オフサイドトラップ」を執筆しており、誌面にはあらすじや登場人物紹介も収録されている。

なお「俺の100話目!!」シリーズは今後、ヤングマガジン サード(講談社)にて展開予定。1月6日発売のVol.2には「聲の形」の大今良時、2月6日発売のVol.3には「くまみこ」の吉元ますめ、3月6日日発売のVol.4には「よんでますよ、アザゼルさん。」の久保保久が登場する。そのほか鈴木央、瀬尾公治、せがわまさき、東村アキコ、山本崇一朗らが執筆する予定だ。

コミックナタリーをフォロー

  • コミックナタリー大賞