Amazonプライム・ビデオ「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」シーズン4 PR

「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」シーズン4|清水翔太が一瞬で虜になった「今、一番面白い番組」

10人の芸人が互いのプライドと賞金1000万円を懸けて密室で笑わせ合う「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」は、アーティストや俳優、タレントなど、芸能界にも多くのファンがいる。中でもひときわ熱いまなざしを注ぐのが清水翔太だ。お笑いナタリーでは最新作シーズン4が配信開始されたタイミングで清水に話を聞く機会を得た。大阪出身で子供の頃からお笑いに触れ、ダウンタウンの番組を欠かさず観てきた清水が、笑いへの理解と愛を持って「ドキュメンタル」の魅力を語る。

取材・文 / 狩野有理 インタビュー撮影 / 玉井美世子

一瞬で虜になった

──まずは「ドキュメンタル」を知ったきっかけを教えてください。

清水翔太

特にプロモーションの広告を見たわけじゃなくて、Amazonプライム・ビデオのページを開いたときに新しい作品として追加されていた「ドキュメンタル」を見つけたんです。そこに書いてあった番組説明を読んで、これは面白いだろうと観始めました。

──清水さんはもともとお笑い好きでもあるんですよね。

はい。家で暇してるときはだいたいお笑いの動画を観て過ごしてるっていうくらい好きで、「ドキュメンタル」の存在を知ったときは「絶対面白いに違いない」と思いました。

──番組説明を読んだだけで興味をそそられた。その理由はなんですか?

「ドキュメンタル」より、松本人志。

まずダウンタウンがすごく好きなんです。「ごっつええ感じ」や「ガキの使いやあらへんで!」はすべて録画しているし、DVDも持っていて。そして、松本人志さんがこれまでも表現してきた「笑ったらダメ」な状況だからこそ面白くなる瞬間の空気がすごく好きで。年末の「笑ってはいけない」シリーズも楽しいんですけど、「ドキュメンタル」は芸人さん同士の戦いで、賞金1000万円っていう大金も懸かっているので、きっとこれはよりコアな笑いが生まれるんじゃないかなって思いました。

──ショーとして見やすいものよりも、笑いの濃度が高いものを求めていたんですね。

「ドキュメンタル」には芸人さんたちが“得たいもの”があると思うんです。戦いに勝つっていうことも、賞金も。だから本気で笑いたくないはず。なのに笑っちゃう出来事って、どんなことなんだろうとすごく興味が湧きました。蓋を開けてみると、案外くだらないことやちょっとした空気のズレで笑ってしまっているんですよね(笑)。でも、こんなにも笑わないって決めている芸人さんたちの、ちょっとしたことで壊れてしまう姿が最高で。僕がずっと見たかった世界観だったので一瞬で虜になりました。

噛み合わない瞬間も「ドキュメンタル」の面白さ

──各シーズンの出演者についてはどう感じましたか?

シーズン1の出演者はすごく絶妙ですよね。テレビで活躍している方から、知名度は高くないかもしれないけど実力は間違いないという方まで。テレビスターばかりだったら普通のバラエティ番組っぽいなっていう印象を持つと思うんですけど、そうはならなかった。シーズン1にふさわしいラインナップだったと思います。あと、宮川大輔さんとマテンロウ・アントニーとは交流があって。

──そうなんですね。

シーズン1の出演者たち。

どんな感じかなって注目していましたが、2人とも普段から人を笑わせたいという意識がある方なのでそんなにギャップは感じませんでした。

──テレビのグルメロケなど、大輔さんに爽やかなイメージを持つ人にとっては衝撃的なシーンも多かったと思います。

逆に僕、爽やかなほうを見てないんです。だから全然「こういう人でしょ」っていう(笑)。

──シーズン2からはよしもと以外の芸人も加わりました。

シーズン2のメンツを見たときもすごくワクワクしました。頭の回転が速い人と1拍テンポがズレる人が絡んで、噛み合わない瞬間が生まれるのも「ドキュメンタル」の面白さだと思うんです。ちょっと失礼になってしまうんですけど(笑)、アンジャッシュ児嶋さんとか少しとぼけた人がそういう空気を作ってくれるんだろうなと楽しみでした。あとダイアン津田さん。お笑い好きの人たちに「これから絶対くる」って言われている方がこういう戦いの場に出てくるということは、きっと相当な気合いが入っているだろうと期待が高まりましたね。

清水翔太が考える“最高のメンバー”

──シーズン4の出演者が発表された際、清水さんは千鳥に反応されていました。

「ドキュメンタル」が好きすぎて自分の中で“最高のメンバー”っていうのを考えていたんです。そこに千鳥2人とも入れていて。あとぜひ出てほしいと思っているのが、三四郎・小宮さんと劇団ひとりさん。特に劇団ひとりさんは「ドキュメンタル」のために生まれてきたような方だと思うので絶対にいつか出演してほしいです。

シーズン4より、笑いをこらえる千鳥ノブ。 シーズン4より、千鳥・大悟。

──最高のメンバーに入れているほかの芸人を教えてもらえますか?

過去メンバーを中心に考えていて、FUJIWARA藤本さん、大輔さん、くっきーさんは確実に入れたい。あともう一度見たいのはケンドーコバヤシさん、とろサーモン久保田さんですね。

──なんだか好みが偏っていますね。

そうかもしれないです。テレビの大スターっていう感じじゃない、ディープな芸風の方が好きで。でもシーズン2のバイきんぐ小峠さんは「ドキュメンタル」で印象が変わりました。それまではテレビタレント的な要素が強い、派手な方だと思っていたんです。底力があることを証明する活躍ぶりでした。

シーズン2の出演者たち。 シーズン4より、FUJIWARA藤本。

──ほかにイメージが変わった、もしくはより好きになったという芸人はいますか?

藤本さんがどのシーズンでも本当に素晴らしかった。あの笑いをこらえている顔があるから視聴者はより「ドキュメンタル」を楽しめていると思います。「ドキュメンタル」って、演者の気持ちになったり、現場の空気感を想像したりしながら観ることが重要だと思うんです。それをより伝わりやすくしてくれているのが藤本さん。パフォーマンスはもちろんですが、それ以上に現場の空気を視聴者に伝える力が大きいなと感じます。

Amazonオリジナル作品「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」シーズン4
シーズン4

出演者雨上がり決死隊・宮迫 / FUJIWARA藤本 / ずん飯尾 / 野性爆弾くっきー / スピードワゴン井戸田 / 千鳥・大悟 / 千鳥ノブ / 森三中・黒沢 / ダイアン西澤 / 安田大サーカス・クロちゃん

「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」とは
「ドキュメンタル」

「面白いとはなんなのか」を突き止めるべく、松本人志が仕掛ける実験場。招待状を受け取った10人の芸人が1つの部屋に集い、制限時間6時間で笑わせ合う。最後まで残った者には優勝賞金1000万円を贈呈。参加者の様子は松本人志が30台以上のモニターでチェックし、笑った者にはイエローカード、オレンジカード、即退場のレッドカードが出される。シーズン2からは敵を笑わせるごとに1ポイントを付与する「ポイント制」が導入され、2人以上で制限時間を迎えた場合はもっともポイントの高い参加者が勝者に。またシーズン3からは脱落した芸人が一時的に復活できる「ゾンビタイム」が登場。生き残っている参加者全員を笑わせることができた場合、ノーコンテストとなり参加費は返還される。

出演者シャンプーハットこいで / 東京ダイナマイト・ハチミツ二郎 / バッドボーイズ清人 / 森三中・大島 / ロバート秋山 / とろサーモン久保田 / ニューロマンスおにぎり / スリムクラブ内間 / トレンディエンジェル斎藤 / 板東英二

パイロットシーズン
パイロットシーズン

出演者FUJIWARA藤本 / 宮川大輔 / ジミー大西 / ダイノジ大地 / 野性爆弾くっきー / 東京ダイナマイト・ハチミツ二郎 / とろサーモン久保田 / 天竺鼠・川原 / トレンディエンジェル斎藤 / マテンロウ・アントニー

シーズン1
シーズン1

出演者FUJIWARA藤本 / 宮川大輔 / ジミー大西 / バナナマン日村 / アンジャッシュ児嶋 / バイきんぐ小峠 / 森三中・大島 / ダイアン津田 / 平成ノブシコブシ吉村 / ジャングルポケット斉藤

シーズン2
シーズン2

出演者極楽とんぼ山本 / TKO木下 / ケンドーコバヤシ / 野性爆弾くっきー / フットボールアワー後藤 / サンドウィッチマン伊達 / ロバート秋山 / レイザーラモンRG / オードリー春日 / プラス・マイナス岩橋

シーズン3
シーズン3
Amazonプライム・ビデオとは

Amazonプライム会員(月間プラン400円/月、年間プラン3900円/年)向けのサービス。数千本もの人気映画やテレビ番組、またAmazonスタジオ制作によるオリジナル作品をいつでもどこでも、見放題で楽しめる。