お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

「漫才王になれました!」S×Lが優勝、漫才新人大賞

157

昨日6月27日に東京・国立演芸場にて「平成25年度 漫才新人大賞」の決勝戦が行われ、既報の通りS×Lが優勝した。

2002年に初開催され、今年で12回目を迎える漫才協会主催の「漫才新人大賞」。出場条件を結成10年以内の漫才コンビとし、これまで多数の東京の若手漫才師が挑戦してきた。今大会には昨年2012年大会優勝者のカントリーズとテレビ東京アナウンサーの紺野あさ美が進行し会場を盛り上げる中、S×L、三四郎ピーマンズスタンダード100W、ブルーセレブ、ウエストランド、母心、キャラメルマシーンけいいちけいじおしどりキラーコンテンツ新宿カウボーイの計12組が、土足禁止の国立演芸場の舞台に靴下で上がりスライディングするなどして賑やかに登場した。

今回は例年とは異なり8~10分程度のネタ1本で競うのではなく、まずは全組が4分ネタを披露。その後の審査で選ばれた4組が最終決戦へと駒を進め、2本目の4分ネタで優勝者を決定した。芸人たちは抽選で決めた順番で渾身のネタを披露。各コンビが個性豊かなパフォーマンスを見せ、観客を魅了した。

5人の審査員は各10点満点でネタを評価。その結果、新宿カウボーイ(38点)、母心(39点)、S×L(41点)、ウエストランド(43点)の4組が最初の審査を通過した。新宿カウボーイは野球をテーマに小気味よい掛け合いで笑いを誘い、母心は1本目でも会場を大きく沸かせた歌舞伎ネタで勝負。S×Lは「マナーの悪い人にビシっと注意する」という酒井の提案から会話を展開させ、加藤の見事な振る舞いには笑いとともに拍手が送られた。ウエストランドはお馴染みの「店を開く」ネタを発展させ、アドリブも交えた独特の漫才で会場を圧倒した。

審査中はナイツハマカーンU字工事サンドウィッチマンが漫才を披露。全組がネタを終えると4組が舞台に勢揃いし、サンドウィッチマン伊達に似ているカントリーズ江澤やナイツ土屋に似ている新宿カウボーイ石沢が呼び込まれるなど和気あいあいとトークが展開された。最終審査は、審査員が面白かったと思うコンビ1組に投票。優勝者にS×Lの名前が呼ばれると、2人は驚いた表情で時折目を潤ませた。

感想を聞かれ、加藤はネタから引用して「本当に嬉しいんですけど……漫才王になれたでしょうか?」と問いかける。そして酒井は「漫才王になれました!」と高らかに宣言して喝采を浴びた。審査員からは「S×Lは漫才がうまい! 無駄な言葉が1個もない」「地に足がついている」「1本目と2本目のキャラクターを使い分けていてよかった」という寸評を受けさらに喜ぶ2人。そのほか「前回より伸びている」「12組ともそれぞれの色があった」と出場者全員を称える言葉も投げかけられた。

優勝したS×Lは、賞金10万円と、来年2014年正月にテレビ東京にて放送される演芸番組への出演権を獲得。S×Lをはじめ、出場コンビの今後の活躍にぜひ注目しよう。なお、本大会の模様の一部はテレビ東京にて7月6日(土)深夜24時50分より放送される予定となっている。

お笑いナタリーをフォロー