お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

優勝はS×L!「漫才新人大賞」決勝戦

390

本日6月27日、東京・国立演芸場にて「平成25年度 漫才新人大賞」決勝戦が行われ、S×Lが優勝した。

本大会の司会を務めたのは、昨年2012年の大会で優勝を収めたカントリーズとテレビ東京アナウンサーの紺野あさ美。4月に行われたオープン予選を勝ち抜いたS×L、三四郎ピーマンズスタンダード100W、ブルーセレブ、ウエストランドと、漫才協会内予選を勝ち抜いた母心、キャラメルマシーンけいいちけいじおしどりキラーコンテンツ新宿カウボーイの12組が出場した。

今回の決勝では、予選としてまず12組が4分ネタを披露。その後、5名の審査員によって選ばれた4組が2本目の4分ネタで戦った。審査員の持ち点は各10点。最初の審査を通過したのは、新宿カウボーイ(38点)、母心(39点)、S×L(41点)、ウエストランド(43点)の4組。そしてこの4組の中から見事S×Lが優勝を勝ち取った。

優勝したS×Lには賞金10万円と、来年2014年正月にテレビ東京にて放送される演芸番組への出演権が与えられる。2人は「本当に獲れると思ってなかった」と喜びとともに驚きの様子だった。本大会の模様の一部はテレビ東京にて7月6日(土)深夜24時50分より放送予定。なお、本大会の詳しいレポートは明日掲載する。

S×L コメント

──優勝おめでとうございます。

加藤:本当に獲れると思ってなかったです。僕はネタを書いてないので、相方に感謝です。

酒井:ってことは、賞金の比率変わってきますね。

加藤:でも俺は書いてなくてもプレイしてるから。

酒井:意見変わってんじゃねえかよ!

──手応えはどうでしたか?

酒井:楽しくできました。ウエストランドは意識して見ててすごいウケてたんで不安だったんですけど、結果として勝てたので、すごく嬉しいです。

加藤:自慢できます。ウエストランドに。

酒井:ウエストランドに自慢するの? ただの嫌味なやつですけど(笑)。

──「THE MANZAI」に向けても弾みがつきましたね。

酒井:そういう意味でも勝ちたいっていう気持ちで来たので、なんとか夏に繋げられると。

加藤:がんばります。

お笑いナタリーをフォロー