お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

寛平「ぶんぼろぼん」で激励、広島芸人フリータイムお披露目

16

昨日6月4日、広島・ALSOKホールにて「住みます芸人お披露目」会見が行われ「地元に住みます芸人」広島県担当のフリータイムが登場した。

4日と本日5日は同会場にて吉本興業・広島事務所による「広島事務所10周年記念ライブ」を開催。間寛平トークショー、辻本茂雄新喜劇、ライセンスやスリムクラブらによる人気芸人イベントなど豪華なライブが3公演行われた。

会見の冒頭には、山本英夫広島事務所長が登場。「今年は紙屋町劇場がオープンして10年を迎えることができました。今回のプロジェクトも踏まえて、フリータイムともども、さらに皆さんにかわいがっていただけるよう頑張ります」と挨拶した。

フリータイム塩谷は「広島は“熱しにくく冷めやすい”と地元からも言われがちですが、“熱しやすく冷めにくい、盛り上がる”県にしていきたいです。全力で頑張れたらと思います」といきなりの熱い決意を表明。相方の松浜は「広島県は湯崎知事がイクメンに力を入れていて、自分も6カ月になる娘がいるので、イクメンでも盛り上げていけるよう頑張っていきたい」と具体的な抱負を語った。また、エリア担当社員・河島広島県担当は「(広島県)呉市出身で、広島県にはいいところがたくさんある。広島県にもっともっと人を呼んできたい。県内を動き回って、広島県のいいところをもう一度再発見できればと思います」と決意を述べた。

ここで会場に3人の応援団として間寛平が応援に駆けつけ「広島盛り上げろよ」とフリータイムを激励。そこからの会見は寛平ショーと化し、「すごいパワーを広島カープにあげる。3日寝込むくらいのパワーを出すのでいくぞ。ぶんぼろぼん、ぶんぼろぼん……ギャグです」と大いに暴れまわった。さらにフリータイムに「3日寝込んでもええくらい頑張れ!」と言ったかと思うと、「誰なん?」とフリータイムに聞くボケで会場は爆笑。最後は寛平が「自信をもってこの2人はやります。広島の星になります。星屑にならんようにね。みんなの応援がなかったら、無理やから。みんなに応援してもらえるよう頑張れ」と真剣に訴えた。

フリータイムは広島でレギュラー番組「フリータイムの自由なラジオ」(RCCラジオ)、「オンカン」(RCC)などに出演中。広島出身、広島在住のお笑いファンはフリータイムに注目してみよう。

お笑いナタリーをフォロー