お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

K-PRO児島気奈代表に「セブンルール」密着、アルピー平子「お笑いに抱かれた女」

1890

「セブンルール」に出演するK-PRO代表の児島気奈氏(左)とミキ。

「セブンルール」に出演するK-PRO代表の児島気奈氏(左)とミキ。

ドキュメンタリー番組「セブンルール」(関西テレビ・フジテレビ系)の12月3日(火)放送回は、K-PRO代表の児島気奈氏が主人公。ミキアルコ&ピースバイきんぐといった芸人たちも続々と登場してK-PROや児島氏について語っていく。

年間1千本以上のお笑いライブを主催するK-PROはお笑いファンにはおなじみの会社。その代表・児島氏は芸人からの信頼も厚く、バラエティ番組では注目の若手芸人を紹介する解説員を務め、賞レースで出場芸人の音出しを担当することもある。東京生まれの児島氏は幼い頃から内気な性格だったとのこと。そんな彼女のお笑いに目覚めた小学生時代や、初めてお笑いライブを手伝った高校時代、K-PROを立ち上げた15年前のことなどがライブ制作の舞台裏を交えて紹介される。

アルコ&ピース平子が「お笑いに抱かれた女」と評し、自らも「お笑いと結婚しているつもり」と言う児島氏にとっての「セブンルール」とは一体なんなのか。「ちょっと異常な人ですよ、児島さんって」とスタジオで話すオードリー若林のコメントも併せてお楽しみに。

セブンルール

関西テレビ・フジテレビ系 2019年12月3日(火)23:00~23:30
<出演者>
青木崇高 / 本谷有希子 / YOU / オードリー若林
今週の主人公:児島気奈(K-PRO代表)
ほか

(c)関西テレビ

お笑いナタリーをフォロー