和牛主演のドラマ風動画、時代に翻弄されながらも奮闘する水田と悪い顔の川西

2554

日本ハムが販売する新商品「シャウエッセン チェダー&カマンベール」のPR動画に和牛が出演。本日8月30日に公開された。

「潰すためには口実が必要ですからねえ」と悪い顔を見せる、専務役の和牛・川西。

「潰すためには口実が必要ですからねえ」と悪い顔を見せる、専務役の和牛・川西。

大きなサイズで見る(全15件)

和牛が出演する「時代に流されたシャウエッセン。」PR用ビジュアル

和牛が出演する「時代に流されたシャウエッセン。」PR用ビジュアル[拡大]

この動画は「時代に流されたシャウエッセン。」と題したドラマ仕立てで、時代の流れに翻弄されながらも“シャウ”を愛し続け奮闘する者たちを描く。水田扮するシャウエッセンの商品開発担当者は川西扮する専務から新味の開発を命じられるが、現場では「時代に流されていいんですか!?」「邪道です!」と大反発。この混乱の一方で、会食中の川西は「潰すためには口実が必要ですからねえ」と何やら怪しい会話を繰り広げている。

完成したシャウを割ってみせる水田。

完成したシャウを割ってみせる水田。[拡大]

板挟みにあう水田だが“挑戦こそがシャウ本来の姿”だと気づき、シャウを進化させるべく試行錯誤。何度も失敗を繰り返す中でチェダーチーズ、カマンベールチーズと出会い、ついに川西ら重役が待つ試食会へ。果たして彼らにどんな結末が待っているのか。動画の公開にあわせて和牛は「本当に開発した人の気持ちになって演じました。いずれ2時間くらいの映画になればいいなと思います」(水田)、「普段の漫才では相方が性格の悪いキャラクターを演じているので、そのあたりの対比も楽しんでもらえたらと思います」(川西)とコメントした。

和牛 コメント

水田:シャウエッセンを本当に開発した人の気持ちになって演じました。いずれ2時間くらいの映画になればいいなと思います。

川西:新商品が開発されるまでの模様を、ドラマ仕立てにしているのですが食べたら本当においしくて、これは本当にこのドラマくらいの苦労が開発にはあったのではないかと思われるような新商品になってます。今回の僕の役どころですがとても性格の悪いキャラクターを演じていまして普段の漫才では相方が性格の悪いキャラクターを演じているので、そのあたりの対比も楽しんでもらえたらと思います。

この記事の画像・動画(全15件)

関連記事

和牛のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 和牛 の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。