お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

鉄拳「うらやましかった」素顔で撮影場所を訪れ岡田将生ら驚かせる

357

映画「家族のはなし」より、左から時任三郎、和牛・水田、成海璃子、岡田将生、鉄拳、山本剛義監督。

映画「家族のはなし」より、左から時任三郎、和牛・水田、成海璃子、岡田将生、鉄拳、山本剛義監督。

鉄拳のパラパラマンガを原作とする映画「家族のはなし」の上映と舞台挨拶が「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭」最終日の昨日4月22日、沖縄・桜坂劇場にて実施された。

岡田将生主演で実写映画化される「家族のはなし」は、東京でミュージシャンを目指す長野出身の主人公がさまざまな挫折を経て家族の温かさに気づき成長していく姿を描く。和牛・水田も主人公が東京で結成したバンドのプロデューサー・坂本役で出演しており、昨日行われたレッドカーペットイベントに姿を見せた。

舞台挨拶には鉄拳と監督の山本剛義、キャストの岡田、成海璃子時任三郎が登壇。鉄拳は、「僕のパラパラマンガは短い時間でわかりやすく伝えるためにベタな話とか単純なストーリーが多いんです。それを1時間以上の実写映画にするって聞いたときは、一体どうなっちゃうんだろうってすごく心配だった。でも完成した作品を観たら『ああ、やってよかったな』って。うれしかったです」と監督、キャストに感謝した。

実写化にあたり「なるべくリアルに」と心がけたという山本監督。「お願いすれば全部OKになるわけではないんですが、今回に限っては岡田くんをはじめほとんどのキャストが一発OKで」と理想的な俳優陣と共に作品を完成させられた手応えを明かす。

撮影現場は和気あいあいとした雰囲気だったが、それを知らなかった鉄拳が「和ませよう」という思いで撮影場所を訪れたことも。「打ち合わせのときはみなさん熱くて、怒鳴り声とかも上がっていたらしくて。僕が現場に行って和ませることができたらいいなって思って覗きに行ったら、みんなもうすごい和んでた(笑)。うらやましかったです」と回想する。さみしそうな鉄拳に、岡田は「鉄拳さんが来るって知ってはいたんですけど、素顔だったので本当にびっくりした。『えっ!?』って。それだけで和みました」と返していた。

(c)「家族のはなし」製作委員会

お笑いナタリーをフォロー