お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

粗品、R-1会見で相方との対決希望「あいつは敗者復活を1位で上がってくる」

1659

「R-1ぐらんぷり2018」の決勝進出者たち。

「R-1ぐらんぷり2018」の決勝進出者たち。

本日2月12日、「R-1ぐらんぷり2018」の決勝進出を決めたファイナリスト10人が都内にて行われた記者会見に臨んだ。

会見では決勝の登場順をファイナリスト自ら9つの枠の中から選んでいくことに。その結果、Aブロックでルシファー吉岡、カニササレアヤコ、おいでやす小田、おぐ、Bブロックで河邑ミク、チョコレートプラネット長田、ゆりやんレトリィバァ、復活ステージ2位、Cブロックで濱田祐太郎、紺野ぶるま霜降り明星・粗品、敗者復活ステージ1位の順にネタが披露されることになった。3月6日(火)の決勝では、彼らが「ひとり芸日本一」の称号と優勝賞金500万円、全国ネットの冠番組の出演権を懸けて争う。

ネタ順を決めている最中、抽選で最初に枠を選ぶ権利を得たおいでやす小田がAブロックの3番をチョイスし、周りから「ガチやん!」とイジられる場面も。一方、トップバッターとなったルシファー吉岡は「いいんですけど、番組的に大丈夫ですか!?」「放送できないネタやりますよ。ここで番組が打ち切りになるかもしれない」とやけくそ気味な発言。さらにチョコプラ長田が「そろりそろり!」と和泉元彌のモノマネで枠を選んだり、紺野ぶるまがCの2番を選んだ理由を「A、B、Cの中ではCが一番好きだし、長く楽しみたいから」と意味深に明かしたりして場を沸かせていた。

ファイナリストの中で唯一事務所に所属していないフリーで決勝進出したカニササレアヤコは、普段OLとして働いているそうで「OLの皆さんの応援になれば。あとは私のボーナスが増えるといい」とコメント。河邑ミクは「私は松竹に所属していて、普段は関西でのレポーター業が多い」と自己紹介しつつ、「でも本当は正真正銘の芸人なので、芸人としての知名度を上げたい!」と意気込みを述べる。

“盲目の漫談家”として知られる濱田祐太郎は「純粋な漫談で決勝に上がってきたのは、おそらく2012年のキャプテン渡辺さんが最後。今年のR-1で、漫談家でも戦えるんだぞというところを見せつけたい」と気合い十分。また粗品は「相方のせいやが(準決勝で敗れて)敗者復活に残ってる。あいつはたぶん1位で上がってくると思う。前代未聞のコンビで票を奪い合うっていうのをやってみたい」と語った。

取材陣からは「500万円の使い道とライバルは?」という質問も。ここでは、おぐが「未だに後輩からおごってもらってるので賞金でおごり返したい。ライバルはルシファー吉岡。潔いハゲとジタバタしてるハゲ……ジタバタしてるほうが強いというのを見せつける」と回答。ゆりやんは「賞金は全部鼻に詰めたいと思います」「ライバルは……(カメラを見ながら)あなたなのかもしれません!」とボケまくり、取材陣の笑いを誘っていた。

R-1ぐらんぷり2018

関西テレビ・フジテレビ系 2018年3月6日(火)19:00~20:54
<出演者>
司会:雨上がり決死隊 / 宮司愛海(フジテレビアナウンサー)
Aブロック:ルシファー吉岡 / カニササレアヤコ / おいでやす小田 / おぐ
Bブロック:河邑ミク / チョコレートプラネット長田 / ゆりやんレトリィバァ / 敗者復活ステージ2位
Cブロック:濱田祐太郎 / 紺野ぶるま / 霜降り明星・粗品 / 敗者復活ステージ1位

お笑いナタリーをフォロー