お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

タイムマシーン関&今野浩喜が松井玲奈主演ドラマ「名古屋行き最終列車」登場

192

「名古屋行き最終列車2018」のワンシーン。(c)メ~テレ

「名古屋行き最終列車2018」のワンシーン。(c)メ~テレ

ドラマ「名古屋行き最終列車」(メ~テレ)の第6弾が来週1月15日(月)深夜にスタートし、タイムマシーン3号・関と今野浩喜が出演する。

「名古屋行き最終列車」は、松井玲奈を主演に迎え、名古屋へ向かう最終列車で繰り広げられる乗客たちの物語を描く1話完結型ドラマ。過去シリーズでも関が“ラーメン好きのオタクな青年”、今野が“天才的なドジ男”という役柄を演じていた。

第6弾で宇野実彩子AAA)、六角精児と三角関係の男女を演じることになった関は「生まれてからこれまで一度もやったことのない『体を鍛える』というシーンは正直きつかったです」と撮影を回想。また野間口徹との共演シーンが多かったという今野は「自由に好き勝手やらせていただき、ありがとうございました。それに付き合わされる野間口さんは本当に大変だったと思います。すみませんでした」とコメントしている。

タイムマシーン3号・関 コメント

昨年は「名古屋行き最終列車」に出させていただいて、そこで学んだことを非常に生かした1年にすることができました。そして、僕自身がだいぶ成長して、体重も増やして、戻って参りました。生まれてからこれまで一度もやったことのない「体を鍛える」というシーンは正直きつかったです。好き勝手に歌を歌っている人がいるこの撮影現場、アットホームで大好きです! 前回は脇役だったのが、今回は準主役ぐらいのステップアップがあります! えっ? そんなつもりはなかった? ……ちょっと監督ー!

今野浩喜 コメント

なんて言うか、新たな演技の可能性を示せた感じがしました。自由に演技するとはどういうことなのか、これを見せて『ほら、ここまでやっていいんだよ』と若手に教えてあげたいです。そして、ほかの現場でやってコテンパンに怒られてほしいです。そのくらい自由に好き勝手やらせていただき、ありがとうございました。それに付き合わされる野間口さんは本当に大変だったと思います。すみませんでした。

開局55周年記念番組 メ~テレドラマ「名古屋行き最終列車2018」

メ~テレ 2018年1月15日スタート 毎週月曜24:20~24:50
<出演者>
松井玲奈 / 六角精児 / 大杉漣 / 吹越満 / 松下由樹 / 石野真子 / 野間口徹 / 今野浩喜 / タイムマシーン3号・関 / 小林豊BOYS AND MEN) / 波岡一喜 / 黒川芽以 / 宮崎香蓮 / 谷花音 / 宇野実彩子AAA) / 堀内敬子 / 矢本悠馬 / 内山信二 / 中村静香 / 佐戸井けん太 / 渡辺いっけい

※宮崎香蓮の「崎」は「たつさき」が正式表記。

お笑いナタリーをフォロー