お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

若林が博多大吉下して決着!「ダイナマイト関西」団体戦、ケイダッシュが優勝

1286

優勝したケイダッシュステージ軍。

優勝したケイダッシュステージ軍。

「ダイナマイト関西2015~事務所対抗団体戦」の決勝戦「吉本20世紀軍 VS ケイダッシュステージ」が本日1月31日、東京・東京グローブ座にて開催され、ケイダッシュ軍が優勝した。

「一番おもろいお笑い事務所」を決するべく半年にわたって繰り広げられてきた「ダイナマイト関西2015~事務所対抗団体戦」。決勝の舞台ではワタナベエンターテインメント軍、ASH&D軍を破ってきた吉本20世紀軍と、浅井企画軍、プロダクション人力舎軍を破ってきたケイダッシュステージ軍が顔を揃える。

どきどきキャンプ佐藤率いるケイダッシュ軍は先鋒・ハマカーン浜谷、次鋒・佐藤、中堅・ハマカーン神田、副将・オードリー春日、大将・オードリー若林という布陣での参戦。吉本20世紀軍は笑い飯・西田が先鋒、次長課長・井上が次鋒、リーダーのケンドーコバヤシが中堅として登場した。ケンコバは「3人で十分」だとあとの2人を呼び込まない。「戦力外だが(ウーマンラッシュアワー)中川パラダイスとインポッシブル蛭ちゃん(蛭川)を一応用意している」とあくまでも3対5の戦いであることを強調していたが、ケイダッシュ軍の奮闘で引っ張りだされたのは副将のお~い!久馬、大将の博多華丸・大吉・大吉というまったく異なる顔ぶれ。最後は大将同士、持ち点5ポイントずつからの対決を若林が制した。

エンディングVTRでは「ダイナマイト関西2016 OPEN TOURNAMENT」の開催が発表された。なお決勝戦の前に行われた最下位決定戦では、各事務所の代表者1名が大喜利に挑戦。ハリウッドザコシショウが大敗を喫し、5位から順にR藤本(吉本21世紀軍)、サンシャイン池崎(ワタナベエンターテインメント軍)、エネルギー平子(浅井企画軍)、ハリウッドザコシショウ(Sony Music Artists)という結果に終わった。ライブの様子は明日掲載する予定だ。

お笑いナタリーをフォロー