お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

きたろうの快進撃に苦しむも吉本20世紀軍が逆転「ダイナマイト関西」詳報

279

勝利した吉本20世紀軍を称えるきたろうと、恐縮するケンドーコバヤシ。

勝利した吉本20世紀軍を称えるきたろうと、恐縮するケンドーコバヤシ。

昨日10月24日、東京・ルミネtheよしもとにて「ダイナマイト関西2015~事務所対抗団体戦」のトーナメント準決勝第1試合「ASH&Dコーポレーション VS 吉本20世紀軍」が開催され、吉本20世紀軍がASH&Dコーポレーションを下したのは既報の通り。この記事では激戦の模様をレポートする。

最初はASH&D軍のラブレターズ溜口と吉本20世紀軍のインパルス板倉の対戦。紹介VTRでは「大喜利のイメージがない未知数の存在」と紹介されていた溜口だったが手数で攻め、ダイナマイト関西常連の板倉と引き分ける健闘を見せた。ASH&D軍の次鋒・きたろうは、登場するやいなや「私はみんなに『大喜利きたろう』と呼ばれている。『大喜利さん』とも呼ばれている」とうそぶき、会場の笑いを誘う。フットボールアワー岩尾との試合では、実況席と会話をしたり、手を上げずにいきなり回答を出したり、自由に立ち振る舞いながらも次々と相手のポイントを削り3対2で勝利した。

続くチュートリアル徳井との戦いでも、きたろうは「お題どこに書いてあるの?」と司会の浅越ゴエに尋ねたりと自分のペースを貫き、解説席のバッファロー吾郎Aから「パチンコに初めて来た人と店員さんですか?」とツッコまれる。しかし大喜利では爆発力のある回答を連発し、徳井のポイントを凄まじい勢いで奪取。「楽勝だろ」発言も飛び出す余裕の表情で、吉本20世紀軍を2連続撃破した。

続いて登場した次長課長・井上は、きたろうのあまりの強さに「もう無理でしょ(笑)」と弱気な発言をこぼす。ところが、きたろうは「もうお酒飲みたい」と言い始め急激に失速。井上から1ポイントも奪えないまま敗北すると、あっさりとステージを後にした。勢いづいた井上は「大将の出番を作らないという使命が僕にはあるので」と語り、1人でASH&D軍の阿佐ヶ谷姉妹・江里子、ザ・ギース尾関を打ち破り、一気に戦況を逆転させる。そのままASH&D軍の大将・高佐との勝負に臨むが、4人連続撃破とはならず3対1で敗北してしまった。

戦いはいよいよ高佐とケンドーコバヤシの大将戦へ。試合が始まると高佐が早々にケンコバから2連続でポイントを奪い調子のよさを見せつける。しかし「こんなの紅白歌合戦じゃない。一体何が起きている?」とのお題に突入すると一転して、攻め込まれていたケンコバが芸能人の名前を多用した回答で高佐の持ち点を瞬時に削り、最後には0対2でASH&D軍を下した。勝因を聞かれたケンコバは一言「井上です(笑)」と回答。きたろうも「井上くんの回答がよかった。俺も笑っちゃった」と称賛を送っていた。

そのほかエキシビジョンマッチとして、ASH&D軍と吉本20世紀軍のメンバーにバッファロー吾郎・竹若を加えた11人が曲の歌詞をアレンジして歌う「笑い+音楽大喜利『DYNAMITE STATION』」も実施されることに。ここでは圧倒的な歌唱力で観客を盛り上げた阿佐ヶ谷姉妹・江里子、「歌いたくない」と言い出し自分の回答をすべてラブレターズ溜口に歌わせるきたろうなどが次々と笑いをもぎ取っていた。

次回のトーナメント準決勝第2試合「人力舎 VS ケイダッシュステージ」は、11月22日(日)に東京・ルミネtheよしもとにて開催される。また昨日のイベントの最後には、「ダイナマイト関西2015~事務所対抗団体戦」の決勝戦が2016年1月31日(日)に東京・東京グローブ座にて行われることが発表された。詳細はダイナマイト関西オフィシャルサイトなどで確認しよう。

お笑いナタリーをフォロー