お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

ダルマ役ビートたけし、ダルマ落としで頭弾き飛ばし敗北

100

左から西島秀俊、ビートたけし。

左から西島秀俊、ビートたけし。

ビートたけしが本日11月7日、東京・TOHOシネマズ 日劇にて行われた「劇場版 MOZU」の初日舞台挨拶に出席した。

同時発生した2つのテロ事件を追う警視庁公安部の捜査官・倉木と、日本犯罪史の陰で暗躍してきた謎の存在“ダルマ”との死闘を描いた本作。ダルマ役を演じているたけしは、舞台挨拶で「ハマちゃん役をやらせていただきました西田敏行です」と冗談を飛ばし、さらに「化け物のような顔にされて火の中に晒されるだけという、非常に役者冥利に尽きる役どころでした」と語って笑いを誘う。

イベント中盤には、登壇したキャストが2チームに分かれてダルマ落としゲームを展開した。西島秀俊香川照之池松壮亮のMOZUチームと、たけし、伊勢谷友介松坂桃李のダルマチームが対決。MOZUチームにリードを許しているにも関わらず、たけしは勝負そっちのけで木槌の柄を使ってボケたり、ダルマの頭の部分を弾き飛ばしたりと、自らダルマチームを敗北に導いてしまう。

このほか、登壇者たちは「3、2、1、撃て!」の掛け声とともに、片手で「コマネチ」ポーズを取ったままハンディキャノンを撃つ演出でも会場を大いに沸かせた。

お笑いナタリーをフォロー