音楽ナタリー Power Push - ゆいかおり

次のステージへ進むための“原点回帰”シングル

ゆいかおりが8月10日にニューシングル「Promise You!!」をリリースする。

表題曲「Promise You!!」は作詞を大森祥子、作曲を俊龍、編曲を中西亮輔が手がけた、夏にぴったりなギターロックチューン。アニメ「カードファイト!! ヴァンガードG ストライドゲート編」のエンディングテーマとしてオンエアされているこの曲を、彼女たちは1stシングルのレコーディングのような気持ちで歌ったという。6年のキャリアがある彼女たちがなぜ、1stシングルをイメージして歌ったのか。また今年3月に日本武道館公演を成功させた彼女たちは今後どこへ向かうのか。2人に話を聞いた。

取材 / 成松哲 文 / 丸澤嘉明

  • 414

    224

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1stシングルの気分でレコーディング

──3月に初の日本武道館公演を行いましたが、いかがでした?(参照:ゆいかおり初武道館で感極まる「どんどん2人で年数を重ねていきたい」

ゆいかおり「『RAINBOW CANARY!!』~Brightest Stage~」日本武道館公演の様子。(撮影:尾形正茂)

小倉唯 武道館というだけで構えてしまう部分もありましたし、ここまで来れたっていうファンの皆さんへの感謝の気持ちもありましたし、現時点でできる最大限のパフォーマンスを発揮しなければならないという使命感もありましたし……。いろんな思いを抱えながら挑むライブだったので、今となっては一瞬で終わっちゃった印象なんですけど、改めて2人でがんばってきてよかったなって素直に思えたライブでした。無事に終わってよかったです。

石原夏織 武道館が決まったときは当日どうなるんだろうって不安だったんですけど、それまでにたくさんツアーを回ってきた上での追加公演だったので、そのおかげで思ったほど緊張もせず、ただただ楽しく終わりました。

──その後、ゆいかおりとしてのリリースは「Promise You!!」が初ですよね?

小倉石原 はい。

──お二人の夏のシングルとしては「Ring Ring Rainbow!!」や「Intro Situation」がありますけど、これまではお二人からファンに語りかける類のものだった気がするんですね。だけど今回、歌詞に「キミと行こう」ってあって。

小倉 そうなんです。

──ファンとフラットな目線になってますよね。お二人の中で歌いたいことや歌うべきことが変わってきてるのかなと思いまして。それってもしかしたら武道館の影響なのかなと想像したんですが。

小倉 まさにその通りです。武道館公演を経た今だから歌えるような、これからさらにみんなと一緒に新しい道を切り開いて行こうっていう曲だと思います。レコーディングのとき、「気持ちを素直に乗せて歌ってください」とディレクターさんに言われて、それが1stシングルを連想させるような感じだったんですね。そういう意味でも再出発というか、また新しいゆいかおりのスタートなんだっていうのを身に染みて感じました。

──ゆいかおりとしての1stシングル「Our Steady Boy」は2010年発売だからもう6年も経ちますよね。ある程度経験を積んでいろんな表現ができる中で、逆に気持ちを全面に押し出して歌うのって困ったりしないですか?

小倉 けっこう困りました(笑)。でも、気持ちに任せて全力で歌うっていうのが、本当に1stシングルのレコーディングみたいで面白かったです(笑)。

──石原さんも当然同じディレクションを受けてるわけですよね?

石原 はい。ただ、今回は先に録音していた唯ちゃんから「1stシングルのときみたいだったよ。気持ちで歌う感じで、懐かしいよ」って聞いていて、唯ちゃんの声が入ってる状態の楽曲ももらってたんです。だから「あっ、なるほど! こういうことか」と思ってレコーディングに臨みました。ここまで気持ちを持ち上げて歌うのって本当に1stシングル以来だったので、次のステップに進みつつも初心に戻ってる感じがしたというか。

歌うってこんなに疲れるんだったっけ

──なんでここに来て再び1stシングル的なテンションの歌い方をディレクションされたんでしょう?

小倉 武道館ライブを経て、次のステージへの意識が私たち自身にも周りのスタッフさんにもあって。武道館まで行ったらその先どこに向かうの?という話になるじゃないですか。

──会場の規模で言うとアリーナとか球場になっちゃいますよね。

小倉 はい。だからまた新しいスタートというか、ここからがホントの始まりだっていうニュアンスを込めたかったんだと思います。

石原 そうだね。デビューして6年経ってそれぞれお互いに変化している中で、ゆいかおりというものを再発見する必要があったのかなと思います。

小倉 レコーディングしたときは「歌うってこんなに疲れることだったっけ?」と思いました(笑)。もちろんこれまでの曲も全部、1つひとつ大切に全力で歌ってはいるんですけど、今回は特に体力がいるなあと思いました。

──当時の気持ちやテンションって覚えてるものですか?

小倉 私は過去のことはけっこう忘れちゃうタイプです。

石原 唯ちゃん、忘れちゃうよね(笑)。

小倉 ホントきれいに忘れるんですよ。どちらかと言うと未来に突き進んでいくタイプなので。だから、周りに何か言われたときに「え、そんなことありましたっけ?」ということがよくあります(笑)。

──なるほど。

小倉 1stシングルのレコーディングのときのエピソードは全然記憶にないんですけど、歌うときの感覚を体が覚えていたというか。例えば歌いながら「昔だったらこういうふうに歌ってたなあ」とか「こういうところは苦しくてできなかったけど今はできるようになったなあ」とか。そういうのが多かった気がしますね。

──石原さんは、小倉さんが忘れ去ってしまっている6年前の感覚って?

小倉 キャリ(石原)さんはよく覚えてる!

石原 うん、よく覚えてる。

小倉 だからお互いに補い合ってるんです、たぶん。

石原 でもお互いに記憶を共有しあうことができないんですよ。「あれって◯◯だったよね?」って唯ちゃんに言っても「ん?」ってなる(笑)。

小倉 そう。「あった気もするー!」みたいな(笑)。

石原 でも慣れてます、6年間で。ずっとそのやりとりだから。

小倉 なんなら近いことも忘れてるよね。

石原 そう! 「嘘でしょ!? 1週間前なのに!」ってことがよくあるよね。

小倉 どうしよう、私、おばあちゃんになったら何も覚えてないよ。悲しいー!

石原 忘れないでー!(笑)

ニューシングル「Promise You!!」 / 2016年8月10日発売 / KING RECORDS
期間限定盤 [CD+DVD] 1944円 / KICM-91697
通常盤 [CD] 1296円 / KICM-1698
CD収録曲
  1. Promise You!!
    [作詞:大森祥子 / 作曲:俊龍 / 編曲:中西亮輔]
  2. 真夏ハプニング
    [作詞・作曲・編曲:服部祐希]
  3. Promise You!!(TV size)(※通常盤のみ収録)
  4. Promise You!!(off vocal ver.)
  5. 真夏ハプニング(off vocal ver.)
期間限定盤DVD収録内容
  • 「Promise You!!」MUSIC VIDEO
  • MAKING
「Promise You!!」発売記念イベント

2016年9月4日(日)
東京都 ラフォーレミュージアム六本木

[第1部] OPEN 13:00 / START 14:00
[第2部] OPEN 16:00 / START 17:00

ゆいかおり

小倉唯と石原夏織からなるユニット。2009年に結成され、2010年5月にシングル「Our Steady Boy」でメジャーデビューを果たす。以降、それぞれ声優として活動しながらもコンスタントにリリースを重ね、2011年9月には1stアルバム「Puppy」、2013年10月には2ndアルバム「Bunny」を発表した。2014年7月にニューシングル「Intro Situation」をリリースし、11~12月には千葉・幕張メッセイベントホールを含むライブツアー「HEARTY PARTY!!」を開催。2015年11月には2年ぶり3枚目のアルバム「Bright Canary」を発売し、2016年3月には初の日本武道館公演を成功させた。8月に12thシングル「Promise You!!」をリリース。