山根万理奈「愛のme」 PR

山根万理奈|ファンのリクエストを形に 健やかに生まれた新作「愛のme」

ちょっと悪い山根万理奈

──本作のリード曲はオープニングを飾る「新優等生」というナンバー。「自分らしく生きればいいんだ」というメッセージが胸に響きます。

山根万理奈

いろんな曲の入ったアルバムの中で、すごくストレートに「山根万理奈だね」と言えるような仕上がりだと思います。サビの最後の「僕たちは優しく等しく生まれてきたんだ」というところはリリック的な部分で楽しめる要素にもなっているなと思いますね。

──なるほど、歌詞に「優」「等」「生」が隠れているんだ。

そうなんです(笑)。この曲はもともと、合唱コンクールの課題曲のようなイメージで書き始めたんですけど、先行で公開されたタイミングに社会人の友人から連絡が来て。「歌詞のすべてが自分と重なりすぎた。なんでこんな曲書けるの!」と言ってくれたんです。大人の人にもこの曲がちゃんと届いてくれたのがうれしかったですね。

──迷い悩む人たちに向け、「大丈夫」と歌ってくれているのもいいですよね。

自分が曲を作るうえで、そういうところは一番大事にしたい部分なんですよ。刺々しさを見せるのではなく、優しく包みたいというか。

──この曲も含め、本作には山根さんの優しく、温かな声が詰まっていますよね。ボーカリストとしての表現にさらに磨きがかかっていると思うのですが、ご自身ではいかがでしょう?

これまでは、まず最初に自分が思うがままに歌ってみることにしていたんですけど、そうすると自分が思っていた歌声と、客観的に聴いたときのニュアンスに違いが生まれてしまうことがけっこうあって。なので今回はスタッフの方々の意見を積極的にたくさん聞くようにしたんです。もちろん「絶対この歌い方がいいです」って譲れないときもあるんですけど、全体的には客観的な意見を反映しつつ、もっともっと優しく、もっともっと自分の内側にあるものを出そうと思いながら歌った曲が多かった気がします。

──かと思えば、「Rock'n Loach」でのちょっと荒ぶる歌声もあったりして。歌声の振り幅も広がっていますよね。

ちょっと悪い山根万理奈が(笑)。この曲では巻き舌を使っているんですけど、最初はかなり過剰にやっていたんですよ。そうしたらさすがに「やりすぎだ」って言われました(笑)。そういうのも含め、レコーディングは楽しかったです。この曲を今回のアルバムに入れるのはどうなのかなってちょっと思った瞬間もあったんですけど、できあがってみれば逆に入れたことがよかったんじゃないかなっていう。「やっぱこういう曲も好きだわ」と改めて思いました。

ここから曲が育っていくんだな

──ラストの「また逢える日まで」は、山根さんからファンに向けた手紙のような内容になっています。

活動を続けていると、以前は頻繁にライブへ来てくださっていた方となかなかお会いできない期間があったりするんですよ。私としてはまた都合が合ったときにフラッと来てくださればうれしいなと思っているんだけど、ファンの方はファンの方で都合があって「ちょっと行きづらい」と思ってしまうことがあるみたいなんですよね。そんな方々に、ホントに理由なんて関係ないから、また会えるのを待っているよというニュアンスが伝わったらいいなと思いを込めて書いていきました。

──曲の中には「ほんとは寂しいね」という本音が出ている部分もあって。

そうそう。最初はそういう感情を出してなかったんですけど、「現実の私だったらどこまで言う?」って考えたときに、「ほんとは寂しい」ということはがんばれば言えるかもって思ったんです。自分自身と曲の中の温度感になるべくズレがないようにしたかったからそのフレーズを入れたんですよね。

山根万理奈

──感極まっているように感じる大サビをはじめ、情感に満ちたボーカルが感動的でした。

この曲を歌っているといろんな方々の顔が浮かぶし、これから出会う人たちへの思いも募ってくるんですよね。なので自然とこみ上げてくるものはありました。大サビの部分はまさに“大サビ”っていう感じで、作っている段階から自分の気持ちが一番高ぶるポイントだったような気がしますね。

──本作リリース後には、約70本ものライブが決まっています。すごい本数ですよね。

そうですね。知り合いが働いているリハーサルスタジオでは、「この人、ライブ多すぎじゃない?」って話題になってたらしく(笑)。でも、これだけライブができることは本当にありがたいことですよね。私は、「最近、山根万理奈の曲聴いてないな」っていう人にも、今の自分の歌を聴いてほしいなと思ってるんです。なので、ふと思い立ったときに足を運んでもらえるように、いろんな場所でライブしていたいんです。

──出会える機会をたくさん用意しておこうと。

はい。最近の私の曲たちは、テーマをもらって作っているという意味では自分から出てきたものが100%ではないと思うんです。だからこそ、その曲が持っている意味や力はライブという現場で育っていく気がしていて。ここから曲が育っていくんだなと思うと、それも楽しみで仕方ないですね。

──9月に行われる島根でのホールワンマンも楽しみですね。

ライブの編成みたいな部分は1年目、2年目と変えてきたので、3年目になる今回がどんなものになるか期待していてほしいですね。年に一度のお祭りでもあるので、ぜひ皆さんで山根の故郷に遊びに来てください!

ライブ情報

「愛のme」リリースツアー 2019
  • 2019年3月10日(日)東京都 ラウン
  • 2019年3月15日(金)大阪府 Soap opera classics-Umeda
  • 2019年3月16日(土)広島県 楽座
  • 2019年3月17日(日)島根県 味巣亭
  • 2019年3月21日(木・祝)島根県 イオン松江ショッピングセンター
  • 2019年3月23日(土)兵庫県 かくれんぼ
  • 2019年3月24日(日)愛知県 K.D ハポン
  • 2019年3月26日(火)岡山県 城下公会堂
  • 2019年3月27日(水)香川県 RUFFHOUSE
  • 2019年3月30日(土)島根県 Cafe gallery Po
  • 2019年3月31日(日)島根県 Punicafe
  • 2019年4月6日(土)東京都 navi cafe
  • 2019年4月7日(日)埼玉県 Cafe TicoTico
  • 2019年4月13日(土)大阪府 BAR LAUGHING
  • 2019年4月14日(日)兵庫県神戸市内開催「アコフェス2019」出演
  • 2019年4月15日(月)大阪府 Soap opera classics-Umeda
  • 2019年4月18日(木)島根県 WATERWORKS
  • 2019年4月21日(日)島根県 cafe Beetle
  • 2019年4月25日(木)島根県 BIRTHDAY
  • 2019年4月27日(土)福岡県 箱崎水族舘喫茶室
  • 2019年4月28日(日)大分県 CANTALOOP
  • 2019年5月1日(水・祝)島根県 専念寺
  • 2019年5月3日(金・祝)島根県 アポロ
  • 2019年5月6日(月・振休)東京都渋谷区内開催「HUG ROCK FESTIVAL 2019 GW」出演
  • 2019年5月12日(日)愛知県名古屋市内開催「栄ミナミ音楽祭」出演
  • 2019年5月13日(月)大阪府 Soap opera classics-Umeda
  • 2019年5月14日(火)京都府 someno kyoto
  • 2019年5月15日(水)大阪府 Soap opera classics-Umeda
  • 2019年5月16日(木)岡山県 カフェ・ド萌
  • 2019年5月18日(土)広島県 音楽喫茶ふらんす座
  • 2019年5月19日(日)山口県 Zan Cro Blues
  • 2019年5月24日(金)鳥取県 G's Cafe
  • 2019年5月25日(土)島根県 Green's Baby
  • 2019年5月26日(日)島根県 王陵の丘開催「ARASHIMA MUSIC FES 2019」出演
  • 2019年6月1日(土)北海道 musica hall cafe
  • 2019年6月2日(日)北海道 cafe CHI-MM
  • 2019年6月9日(日)東京都 ラウン
  • 2019年6月16日(日)大阪府 Soap opera classics-Umeda
  • 2019年9月1日(日)島根県 松江市総合文化センタープラバホール 大ホール