ウォルピスカーター「1%」 PR

ウォルピスカーター×はるまきごはん|初タッグで “勝ちにいく”アニソンを

100%の携帯

はるまきごはん もう1曲のカップリング曲「アノヒノアノウタ」は「1%」のアンサーソングっぽいよね。

ウォルピスカーター そうそう! 「1%の携帯」という「1%」の歌詞に対して、「100%の携帯」という言葉が「アノヒノアノウタ」に使われているんです。これ、特にこちらから何かをお願いしたわけじゃないんですよ。

はるまきごはん シングルの表題曲を聴いて、そこに合わせて曲を書いてくれてるわけでしょ。すごい。

──なぜいちたさんに曲作りをお願いしたんですか?

ウォルピスカーター 「1%」がしっとりした曲だから、メリハリを付ける意味でカップリングは激しめな曲にしようというイメージがあって。神谷にロックな曲をオファーしつつ、いちたさんだったら特徴的なギターサウンドで神谷とは被らないロックな曲を書いてくれるだろうなと思って、書き下ろしをお願いしてみたんです。そうしたら「1%」のアンサーソングみたいな曲を書いてくれました(笑)。

はるまきごはん

はるまきごはん このメンバーでシングルを出せるのって、めちゃくちゃいいよね。

ウォルピスカーター かなり特殊な人選になったとは思います(笑)。アルバムと同じく、今回も好きな作家の方に声をかけまくって、それを実現してもらいました。

はるまきごはん 「アノヒノアノウタ」とかさ、めちゃくちゃキーが高いじゃん。絶対、半笑いで作ってるよ。

ウォルピスカーター え、そんなことある?(笑)

はるまきごはん 作曲する側からすると、こういう高い音域って普段は遠慮しちゃうんですよ。普通はボーカリストそれぞれの適正キーみたいなものに縛られて曲を作るわけですから。でもウォルピスはそれを考えなくていいので、作曲者はすごく楽しいんです。

ウォルピスカーター それ、よく言われるよ。「今回はキーを気にせず作れました」って。

──それってボカロ文化にちょっと似てますよね。

ウォルピスカーター 確かにそうですね。

はるまきごはん もしかしてボカロより出るんじゃない?

ウォルピスカーター それはないでしょ(笑)。だって僕には「銀河録」歌えないもん。

はるまきごはん でも、音域は広がり続けているんだよね?

ウォルピスカーター うん。

はるまきごはん 宇宙みたいだな(笑)。

ウォルピスカーター 宇宙だったら最終的に収縮しちゃうから(笑)。

バトル系アニメのOPが合う

──はるまきごはんさんがなんの縛りもなくウォルピスさんに曲を提供するとしたら、どんな曲を書いてみたいですか?

ウォルピスカーター あ、それ気になる。

はるまきごはん 自分が普段書くタイプの曲ではないんですけど、バトル系アニメのオープニングとかで流れるゴリゴリのアニソンを歌ってもらいたいですね。最近は、アッパーなアニソンのオープニングって女性ボーカルが担当してることが多い。ですが、ウォルピスなら男性だからこその力強さを表現しながら、ちゃんとキーの高いエモーショナルな曲を歌えると思うんですよね。

ウォルピスカーター それ、僕がレコーディングで血を吐くやつじゃん……。

はるまきごはん 多分レコーディングのあと、数日間寝込むと思う(笑)。それと、ウォルピスはバラ―ドがめちゃくちゃうまいんですよ。前にカラオケで歌ってもらった小野正利さんの「You're the Only...」が、本当に完成されてて。あれはカラオケ界の頂点を狙えるくらい最高だった。

ウォルピスカーター え、そんなに!? うれしいなあ。

はるまきごはん アニソンとバラード、この2つに共通して求められているのって感情的な部分、エモーショナルな表現力だと思うんです。

ウォルピスカーター キーの高い歌を歌うとき、がんばって声を出すと、そこにエモがついてくるんですよ。がんばってる感がエモさに変換されていくんです。ただ静かな曲でエモを表現するにはかなりの鍛錬が必要で……。

はるまきごはん 僕は「1%」も充分エモいと思うけどね。

ウォルピスカーター そう言ってもらえるとうれしいね。がんばってエモを出してきた僕が、がんばらずにエモを出せたってことだから(笑)。

ウォルピスカーター「1%」
2019年3月20日発売 / 日本コロムビア
ウォルピスカーター「1%」

[CD] 1296円
COCA-17590

Amazon.co.jp

収録曲
  1. 1%[作詞・作曲:はるまきごはん]
  2. アノヒノアノウタ[作詞・作曲:いちた]
  3. 僕らのミッシングリンク[作詞:ウォルピスカーター / 作曲:神谷志龍]
  4. 1% -Instrumental-
ウォルピスカーター
ウォルピスカーター
動画共有サイトを中心に活動する歌い手。“高音出したい系男子”の異名を持ち、ハイトーンボイスを用いた“歌ってみた”動画で多くのリスナーを魅了している。2012年に“歌ってみた”動画を初投稿。2015年4月に投稿した「アスノヨゾラ哨戒班」(Orangestar)の歌唱動画が1000万再生を記録した。これまで3枚のフルアルバムを発表しており、2017年5月には東京・下北沢GARDENで初のワンマンライブ「ウォルピス社 株主総会」を、8月には同公演の追加公演を東京・新木場STUDIO COASTで開催し、両公演共にソールドアウトさせた。FM NACK5では2017年10月にスタートしたレギュラー番組「社長室からお送りします。」を毎週放送中。2019年3月にはテレビアニメ「不機嫌なモノノケ庵 續」のエンディングテーマ「1%」をシングルリリースした。10月には東京・豊洲PITにてワンマンライブ「2019年度 ウォルピス社 “大”株主総会」を開催する。
はるまきごはん
はるまきごはん
北海道出身のクリエイター。2014年2月にニコニコ動画にオリジナル曲「WhiteNoise」を投稿したことを機にボカロPとしての活動を本格化させる。2016年1月にニコニコ動画に投稿した楽曲「銀河録」が殿堂入りを果たし、その知名度を広めた。2018年12月には、自身の代表曲「ドリームレス・ドリームス」「メルティランドナイトメア」を収録した最新アルバム「ネオドリームトラベラー」をリリース。2019年3月にはバンド編成による初ワンマン「ドリーム シネマ」を開催した。