ナタリー PowerPush - T-Palette Records#3 - Negicco

結成10年 最高の追い風

細く長く、ネギのように

──念願だったオリジナルアルバムが結成10周年というタイミングでこうして完成したわけですが、これから先、次の10年への希望が見える作品になったのではないでしょうか。

Nao☆ ……。

Megu ……。

Kaede ……なんも見えないね(笑)。

──この「ネガティヴ・ガールズ!」っぷりこそがNegiccoなのかもしれないですけど(笑)。

Kaede でも今までとは確実に違うところに立っているんだろうな、っていう実感はあります。このアルバムでもう一段階上がれたらいいなと思いますね。

Megu 飽きの来ない、ずっと聴いていたくなるアルバムになったなと思うんですよ。Negicco自体も一発屋でドーンと行くんじゃなくて、じわじわでもいいから長く愛されるグループになりたいです。もちろん売れたい気持ちもあるけど、なんて言うのかな……中堅?

Kaede あはは(笑)。

Megu 細く長くいい位置をキープしたいなっていう。細く長く、ネギのように。……深みがこう、出てくるじゃないですか。ネギも熟すと。……あれ?

──今明らかにうまいこと言おうとして失敗しましたよね(笑)。

Megu よくわかんなくなっちゃった(笑)。

写真左からKaede、Nao☆、Megu。

Nao☆ 周りに惑わされないで、自分たちらしいものを確実に作っていけるようになりたいですね。オーバーな話、今のNegiccoの歌は30歳を過ぎても歌える曲だと思うんですよ。でも私たちは、周りが盛り上がってると「ヤバい!」とか「自分たちはどこにいるんだろう」とか、最近もそんなことばかり考えてしまって。そうじゃなくて、ちゃんとゆっくり確実に自分たちらしいものを作ったほうが、長く活動していけるんだろうなって思うんです。アルバムが出て何かが変われば気持ちも変わると思うんですけど、今は毎日不安で(笑)。

──もしかしたらもっと派手なドーピングをすれば一線超えるのかもしれない、とも思うんですけど、それはNegiccoらしくないですよね。最初に話したように、connieさんが指揮を取って、その上に嶺脇社長がいるというチーム体制なら、きっと間違った道を進むことはないだろうなという安心感があって。ファンもそのままの形でどんどん駆け上がっていってほしいと願ってるんじゃないかと思います。

Nao☆ そうですね。あせることなく細く長く続けていきたいけど、とは言えずっと中途半端な位置にいちゃダメだと思うんです。きちんと結果は残していかないと。

──ちなみにナタリーにはニュース記事にTwitterを通したユーザーからの反応が一覧表示されますけど、ご覧になってます?

Megu めっちゃ気にします(笑)。あと、よく読まれてる記事とか人気のアーティストのランキングあるじゃないですか。あそこの上位に入るのが夢です(笑)。

──コメントを見ていると、ノーナや小西さんといった作家陣を経由してNegiccoの名前を知った人、最近名前を聞いて気になってるという人が飛躍的に増えてるように思うんですよ。そういった方に、皆さんからアピールしておきたいことなどあればぜひ。

Nao☆ そうですね。名前は知っていても音楽は聴いたことないという方が多いですし。名前からは想像できない曲を歌ってたりしますので(笑)。すごくいいアルバムができましたし、名前だけで判断して「聴かなくていいや」ってならずに聴いてほしいですね。

Kaede Negiccoというブランドじゃないけど、ちゃんと確立したものを見せていけるようにならないといけないですね。

Negiccoからconnieへ

──今日はせっかくconnieさんに同席してもらっているので、3人からconnieさんに公の場で望むこと、お願いしておきたいこと、ダメ出しなどあれば。

写真左からKaede、Nao☆、connie、Megu。

Nao☆ 個人的なことを言うと、アニソンになりそうな曲を作ってほしいです。アニメファンはすごく熱いし、私自身アニメが好きだし。アニメの主題歌になって、劇場版の主題歌になって、試写会に豊崎愛生さんが来てて、みたいな(笑)。Negiccoもいろんな人の夢を背負ってるし、connieさんも背負ってると思うので、私の夢も叶えてほしい(笑)。

connie なるほどなー。

Kaede 私はなんだろう。ダメ出しはないかなあ(笑)。これからもconnieさんらしくいてほしいです。いろんなものを取り込んで作るという独自の路線を持っている方なので、そのままいい曲を作り続けてほしいですね。

──一緒に進化しつつも、変わらないでねと。

Megu 私も同じだなー。変わらないでいてください。あと何かあるかな……。あ、なんでそんなにコーラ好きなんですか? コーラ以外飲まないんですか?

connie コーラおいしくない?

Megu 私コーラ飲めないんですよ。

connie え、なんで? 炭酸が苦手だから?

Megu いや、炭酸は好きなんですけど。

connie このインタビュー、コーラの話で終わっちゃう(笑)。

人間がブーム

──(笑)。では最後にまったくの余談ですが、3人が今現在、個人的に一番気になってることを教えてもらえますか? Negicco、音楽とは関係ない話でも構いません。

Nao☆ スフィアさんはなぜファンクラブを作らないのか(笑)。できたら即入ろうと思ってるんですよ。ClariSも最近ファンクラブができたのに(以下、スフィア愛、アニソン愛を熱弁)。

──1人目にしてすごい角度から来ましたね(笑)。

Kaede 次しゃべりにくい(笑)。私は今ホントに人間関係に悩んでいて。私、思ったことをそのまま言っちゃうんですよ。それで人を傷付けてしまうこともあるし……なんだろう、ウソがつけないんですよね。こう言ってほしいんだろうなってわかってても、自分が違うと思ったら違うって言っちゃう。ウソをいかにつけるようになるかというか、大人になんなきゃいけないなって。……どうすればいいんですか?

connie でもどっちが正しいかなんてわかんないんだから「私はこう思う」でいいんじゃない?

Kaede ずっと人付き合いが苦手とも言ってられないから、今はいろんな人と積極的に関わっていくようにしてるんですけど、どうしても考えちゃって。

──今一番気になっているのは人間(笑)。

Kaede 人間がブーム(笑)。はい。

Megu どうしよう。えっと……もし10年後にもこのお仕事ができてるとして、自分の顔がいかに地デジ画質に耐えられるか。んふふふふふ(笑)。

Kaede リアルだなあ(笑)。

──ビューティケアに興味があると。

Megu 気になってしょうがないんですよ。昔からいろいろ施してたんですけど。

Kaede 施してたの? いじった?(笑)

Megu 興味はあるけど(笑)。これから先、シミとか怖いじゃないですか。ホントにコンプレックスなんですよ容姿が。髪型もおじさんみたいになっちゃったし……。

写真左からKaede、Nao☆、Megu。

Nao☆ なるがまま、なすがままじゃない? シミができるときはできる。「なるがまま、なすがまま」っていい言葉ですよね。諦めがつくっていうか。私、最近自分でも「なるがまま、なすがまま」って言い聞かせてるんですよ。いろいろつらいから(笑)。大丈夫だよキレイだから。

Megu キレイじゃないよー。2人はいいけど。

Nao☆ 何言ってるの! この2人の間に立つのホントにつらいんですよ。

──この手の話になるといつも3人とも自己卑下が始まりますよね(笑)。でも最近はビジュアル面でも評価高いんじゃないですか? 女性ファンも如実に増えてきてるし。

Nao☆ いやいやいやいや、言われないですよ。絶対ウソだ。

Kaede ビジュアル面はもうとっくに諦めてるから。

Megu アイドルさん見てるとみんなかわいいじゃないですか。もうどうしたらいいんだろうなって。

Nao☆ かわいくなりたーい!

ニューアルバム「Melody Palette」 T-Palette Records
[CD] 2013年7月17日発売 / 3000円 / TPRC-0047
[アナログ2枚組] 2013年8月14日発売 / 4500円 / TPRV-0003
収録曲
  1. 愛のタワー・オブ・ラヴ
  2. あなたとPop With You!
  3. アイドルばかり聴かないで
  4. イミシン☆かもだけど
  5. 相思相愛
  6. 恋のEXPRESS TRAIN
  7. GET IT ON!
  8. ナターシア
  9. ルートセヴンの記憶
  10. ネガティヴ・ガールズ!
  11. Negiccoから君へ
  12. スウィート・ソウル・ネギィー(grooveman's Jack Bounce Mix)
  13. ニュートリノ・ラヴ(banvox remix)
BACK NUMBER
#1 アップアップガールズ(仮)
#2 lyrical school
#3 Negicco
#4 所属アイドル座談会
T-Palette Records

タワーレコードが発信するアイドル専門レーベルとして2011年6月に設立。以降、立ち上げ時からのメンバーであるバニラビーンズ、Negiccoをはじめ、LinQ(2013年4月にメジャー移籍)、しず風&絆~KIZUNA~、lyrical school、ライムベリー、アップアップガールズ(仮)といった楽曲に定評のあるアーティストが数多く参加し、タワーレコードならではの“音”にこだわった作品が続々とリリースされている。またレーベル主催イベントの開催や、全国各地のアイドルグループを紹介するコンピレーションCDの販売など、アイドル文化の活性化に大きく貢献している。

Negicco(ねぎっこ)

新潟の名産品「やわ肌ネギ」のキャンペーンユニットとして2003年7月に結成。キャンペーンソング「恋するねぎっ娘」でCDデビューを果たす。キャンペーン終了後も地元新潟を拠点に活動を続け、2010年にはローカルアイドルの音楽フェスティバル「U.M.U AWARD 2010 ~全国アイドルお取り寄せ展~」で優勝。2011年にはバニラビーンズとともに、タワーレコードが設立したアイドル専門レーベル「T-Palette Records」の第1弾アーティストとなった。同年11月にシングル「恋のEXPRESS TRAIN」を発表した。2012年2月にはベストアルバム「Negicco 2003~2012 -BEST-」をリリース。このアルバムに収録された代表曲「圧倒的なスタイル」は同年1月よりフジテレビ系人気バラエティ「めちゃ×2イケてるッ!」のエンディングテーマとして1年にわたってオンエアされた。結成10周年を迎えた2013年7月には、小西康陽、西寺郷太(NONA REEVES)ほか豪華クリエイターを作家陣に迎えた1stオリジナルアルバム「Melody Palette」をリリース。