Superfly「Ambitious」 PR

Superfly|「わた定」と「プロメア」が引き出した新しい私

「プロメア」のエンディングで流れた瞬間「あ、よかった」

──そして映画のエンディング主題歌になっているのがバラード「氷に閉じこめて」です。

この曲のモチーフは少し前から自分の中にあったものなんですよ。ある雪の日に、地面につららが落ちていたから「かわいそうだな」と思って拾い上げたんです。そうしたら当然ですけど、私の手の体温でどんどん溶けてしまって。そのときに、人間関係でもこういうことってあるよなあ、と強く思ったんですよね。

──相手を思って手を差し伸べても、それが逆効果になってしまうことが。

そう。優しさのつもりでつららを手に取ったけど、危うくその存在を消してしまうところだったわけですからね。私の中にその感覚がずっと残っていたから、改めてそれを歌詞にしてみたところ「プロメア」の世界観にもマッチすることができたっていう。曲も含めて先方に気に入っていただけたようなので、私としてもすごくうれしかったです。

──実際、映画でもこの曲がいい余韻を作ってくれていましたから。

映画を観るまでは最終的な物語の終わり方がどうなるのかわからなかったので、けっこう不安ではあったんですよ。でもエンディングでこの曲が流れた瞬間、「あ、よかった。ちゃんとハマってくれた!」って思えましたね。

──アレンジは中田裕二さんと松岡モトキさんが手がけられていますね。

今回はムードのある3拍子の曲にしようとは思っていたんですけど、これまでの私の持ち曲の中には似た雰囲気のものがあったりもするので、じゃあどうやってこの曲ならではの個性を付けていこうかなということをすごく考えました。私の中には雪山とボロボロの遊園地っていうサウンドのイメージがあったりもしたので、それをアレンジャーさんにお伝えして形作ってもらいましたね。セロニアス・モンクのようなトリッキーなピアノが入っていたらいいなという思いもあったから、そういったアプローチもお願いしつつ。ドラムのハイハットを抜いてみるとか、けっこういろいろな挑戦ができた曲でもあります。

──全体的な聴き心地はすごくいいんですけど、ピアノの入り方も含め、サラッと聴き流せない濃さもありますよね。

そうそう。クセがないと面白くないよなと思ってはいたので、足りない部分はどんどんお伝えさせていただいて。セロニアス・モンクを好きなピアニストの方だったので、いろんなパターンを弾いてくださったのもよかったですね。明確なイメージはあったけど実際どう仕上がるか不安な部分もあったんですよ。でも結果的にすごくいいハマり具合になってうれしかったです。

──歌に関してはいかがでしたか?

この曲の歌詞は「プロメア」に寄り添う一方で、恋愛曲として書いた部分もあったんですよ。気持ちは通わないけど相手を思い続けるっていう切ない感情を描いてもいるので、それをどうにか声でも表現したいなとは思っていたんですけど……かなり難しかった! アレンジではいろいろ注文するくせに、自分の歌は全然うまく歌えないっていう(笑)。

──そこはまた別の話ですから(笑)。

だから、この曲はとにかく時間をかけました。1文字1文字にこだわり、「感情をしっかり表現できているかな?」って確かめながら歌っていきましたね。

──「覚醒」と「氷に閉じこめて」は、ぜひ劇場の大音量でも体感してほしいですよね。

そう思います。試写で観たときは自分の曲がいつ流れるか、ちゃんとハマっているのかということばかり気になっちゃったから、落ち着いてストーリーを堪能することができない部分もあって。なので改めて劇場にも足を運ぼうと思ってます。で、泣きながら観たいと思っていますね。

Superfly

Superflyのいい変化を私自身期待したい

──Superflyに関する今後の活動も続々発表されています。まず通算2度目、9年ぶりとなる「FUJI ROCK FESTIVAL '19」への出演が決定しましたね。

声をかけていただけたことが本当にありがたいですよね。1回目より、2回目のほうがもっとうれしい(笑)。美しい自然を感じながら歌うことができる野外でのライブは本当に気持ちいいんですよ。木々の緑にうっとりしながら歌ってますから(笑)。もちろん緊張はすると思うけど、みんなで盛り上がれる曲をいっぱい用意しようと思っているので、楽しみにしていてください。

──そして9月からは全15公演のアリーナツアーが。

詳細はまだ決まっていないですけど、アルバムツアーでもないし、ひさびさのツアーでもあるので、懐かしい曲から新しい曲まで盛りだくさんで楽しんでもらえたらいいなとは思っています。ただ、果たして体力がもつのかという心配はありますけど(笑)。

──そこはがんばって克服していただいて。ここ最近の新しいSuperflyの曲たちがライブで聴けるのを楽しみにしています。

うんうん。最近の曲が昔の曲と並んだときにどう聴こえるのかも楽しみですしね。以前とは絶対何かが変わっているとは思うので、Superflyのいい変化を私自身期待したいなと思っています。

公演情報

Superfly Arena Tour 2019
  • 2019年9月21日(土) 兵庫県 ワールド記念ホール
  • 2019年9月28日(土) 大阪府 大阪城ホール
  • 2019年9月29日(日) 大阪府 大阪城ホール
  • 2019年10月12日(土)愛媛県 愛媛県武道館
  • 2019年10月13日(日)愛媛県 愛媛県武道館
  • 2019年10月19日(土)北海道 北海道立総合体育センター 北海きたえーる
  • 2019年10月26日(土)埼玉県 さいたまスーパーアリーナ
  • 2019年10月27日(日)埼玉県 さいたまスーパーアリーナ
  • 2019年11月9日(土) 宮城県 ゼビオアリーナ仙台
  • 2019年11月10日(日)宮城県 ゼビオアリーナ仙台
  • 2019年11月15日(金)広島県 広島サンプラザ ホール
  • 2019年11月21日(木)愛知県 ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)
  • 2019年11月22日(金)愛知県 ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)
  • 2019年11月30日(土)新潟県 朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター
  • 2019年12月8日(日) 福岡県 マリンメッセ福岡
関連特集
映画「プロメア」特集魂に火をつける熱きバトルエンタテインメント爆誕!