音楽ナタリー Power Push - SuG

武瑠が「現代」と「病」を歌う理由

高いファッション性とジャンルレスな音楽性などで注目を集めるSuGが、13枚目のシングル「SICK'S」を12月16日にリリースする。 “現代病”をテーマにした表題曲は、華やかなロックサウンドと壮大なストリングス、自意識によってがんじがらめになっている現代人の在り方を反映したリリックがひとつになったナンバー。“パンク・ホラー・ミュージカル”というモチーフで制作されたミュージックビデオからも、このバンドの創造性がさらに高まっていることが感じられる。

今回音楽ナタリーでは、フロントマンの武瑠(Vo)に単独インタビューを実施。ニューシングル「SICK'S」を軸にしながら、「バンドを始めた頃の初期衝動に戻っている」と話すSuGの現状について聞いた。

取材・文 / 森朋之 撮影 / 上山陽介

 
mixiチェック

「ちょうどよくがんばる」のが一番難しい

──ニューシングル「SICK'S」がリリースされます。これまでSuGは次作のアルバムのコンセプトやビジョンを決めてからシングルを発表することが多かったですが、今回の作品はどんな位置付けなんですか?

武瑠(Vo)

まず「BLACK」(2015年3月リリース。2012年の活動休止後、初となるフルアルバム)という作品に関して言うと、それほど“復活”という感じはなかったんですよね。アルバムの構想は活休前からあったし、曲も半分くらい作っていたので、「やりかけていたことをやる」という感じだったというか。活動休止前に発表したシングル曲も入ってましたからね。活動再開以降に考えたことを形にしたのは「teenAge dream」からなんですけど、これはコンセプトというよりも、衝動的、感情的なものだけで作ってたんです。アルバムに向けたストーリーも特に決めず、とにかく初期衝動をテーマにしてやってみようと思って。今回の「SICK'S」も同じような感じだったんですけど、曲単体としての世界観の作り込みは一番すごいと思います。歌詞、CDのデザイン、MVが連動しているシングルですね。

──現代病というテーマの由来は?

武瑠(Vo)

サビのメロディから「現代病」という歌詞を思い付いたのもあるし、あとはツアーを回っていたときの経験も影響してますね。退院して(武瑠は2015年2月、扁桃炎のために入院)体力が回復しないままツアーを回っていたんですけど、体調がよくなくて、それが精神状態にまで影響しちゃって。「気合いだけでは越えられない限界点ってあるんだな」と感じたんですよね。さすがに急発進しすぎたというか、かなり無理をしてたんですけど、その頃に「がんばりすぎちゃダメだよ」ってよく言われていて、そのたびに「じゃあ、どうすれば……?」みたいに思って。それをそのまま歌詞にしてみました。

──「頑張りすぎちゃダメだけど 頑張らなすぎもいけません」っていう。

そう。ちょうどよくがんばるって、一番難しいなって。今回はガチガチに時代を限定しているんですよ。今まではもっと普遍的なテーマを歌うことが多かったんだけど、「SICK'S」には「鍵アカ」とか「タイムライン」という歌詞も出てきますから。いつもとは違う試みだったと思います。

ニューシングル「SICK'S」/ 2015年12月16日発売 / ポニーキャニオン
「SICK'S」LIMITED EDITION [CD+DVD] / 1782円 /PCCA-04309
「SICK'S」STANDARD EDITION [CD] / 1296円 / PCCA-04310
CD収録曲
  1. SICK'S
  2. ゆりかご
  3. JUICY(STANDARD EDITIONのみ)
LIMITED EDITION DVD収録内容
  • 「SICK'S」MV
  • MVメイキング ほか
VersuS 2015 極彩SuG VS 極悪SuG
  • 2015年12月24日(木)
    東京都 ディファ有明 ※極悪SuG
  • 2015年12月25日(金)
    東京都 ディファ有明 ※極彩SuG
  • 2015年12月28日(月)
    大阪府 松下IMPホール ※極悪SuG
  • 2015年12月29日(火)
    大阪府 松下IMPホール ※極彩SuG
SuG(サグ)

SuG

2006年に結成された5人組ロックバンド。現在のメンバーは武瑠(Vo)、masato(G)、yuji(G)、Chiyu(B)、shinpei(Dr)。バンド名はスラング「Thug」に由来し、「周りの意見を気にせずに自分たちの思った通りに進む人たち」や「悪友」という意味を持つ。結成当初より「HEAVY POSITIVE ROCK」というコンセプトを掲げ、前向きなメッセージを乗せたキャッチーな楽曲で人気を博す。2010年1月、シングル「gr8 story」でメジャーデビュー。メンバー全員が作曲を行い、作詞とそれに基づいたミュージックビデオ、衣装などのアートワーク全般を武瑠が手がける。2012年10月に突然の活動休止を発表し、同年12月29日の東京・国立代々木競技場第二体育館でのライブをもってバンド活動を休止。その後はメンバーそれぞれ独自の音楽活動を続けていたが、2013年9月に東京・原宿でサプライズライブを行い活動再開を宣言。同年12月に国立代々木競技場第二体育館で復活ライブを行った。2015年3月にはアルバム「BLACK」をリリース。さらに同年12月にニューシングル「SICK'S」を発表する。