ナタリー PowerPush - さかいゆう×横山剣(クレイジーケンバンド)

“歌”についての語らい

さかいゆうの3rdアルバム「Coming Up Roses」がリリースされた。ナタリーではこれまでに、彼と山崎まさよし(参照:さかいゆう×山崎まさよし「僕たちの不確かな前途」対談)や冨田ラボ(参照:冨田ラボ「Joyous」&さかいゆう「薔薇とローズ」対談)の対談を実施しており、今回は新たな対談相手として、収録曲「EMERGENCY」を作詞した横山剣(クレイジーケンバンド)に白羽の矢が立った。さかいにとって横山は「究極の“シンガー”」というほど憧れの存在。当日は、さかいから横山へ“歌”に関する質問が矢継ぎ早に飛ぶ形となった。

取材・文 / 鳴田麻未 撮影 / 佐藤類

 
mixiチェック

剣さんは誰からも悪口を聞かない

──2人がお知り合いになったきっかけ、みたいなところから教えてください。

左からさかいゆう、横山剣(クレイジーケンバンド)。

さかいゆう きっかけと言いましても、今回作詞していただいたのが初めてなんですよ。その前に、冨田ラボさんのアルバムに参加したこと(参照:冨田ラボ最新作に原由子、横山剣、椎名林檎、さかいゆう)で声では出会ってるし、いろいろお話も聞いていたんですけど。僕とか冨田さんは音楽的にオタク目線で剣さんを見ちゃうので、そういう点から見ても「あの人はちょっとタダ者じゃない」って冨田さんも言ってましたし、シンガーとしてのすごさはモンスター級だと僕は思ってて。どうやったらそんな歌になるのかっていう。

横山剣 はははは(笑)。

さかい なんかすごい不思議な人だなと。アーティストって、ほかのアーティストに突っ込んでみたり、多少傲慢になるじゃないですか。でも剣さんは誰からも悪口を聞かないんですよね。特別な存在だと思うんです。アイコンといいますか。

横山 うれしいですね(笑)。イメージアップになりますね。

さかい こんなに怖そうな人なのに(笑)、嫌いな人いないし、なぜそういう人になっていったのかを知りたいですね。

──一方剣さんは、さかいさんの存在をどのように知ったんですか?

横山 さかいさんの評判は渋谷のクラブフィールド周辺でザワザワしてたんですよ。最初は話だけ、45 a.k.a. SWING-Oさんの周辺の方々から聞いていて「さかいゆう」っていう言葉がもう刷り込まれていて。どんな感じなのか聞くと、「鍵盤を主体にした音楽で、歌にソウルなこぶしがある」っていうところでまず間違いない、絶対に俺が好きなタイプだと思いました。で、実際聴いてみたら、これはもう新しいムーブメントだと。いわゆるソウル好きにも何種類かあるんですけど、これ僕の好きなほうだなあって。何が基準かっていうのはうまく説明できないんですけど、生理的にちょっとこれは……みたいなものもあるけど、OKなほうだったんですね。

さかい へえ。そのOKじゃないほう聞きたいですね(笑)。

横山 言えない言えない(笑)。そんなわけで取っ掛かりはアンダーグラウンドなんですが、ポップな突き抜け方をするだろうと思ったんですね。(山下)達郎さんのSUGAR BABEからソロに至る期にちょっと近いもの。時代を経て、あの系譜の新しい気運がありましたね。

さかい ありがとうございます。

横山 だから最初は顔も何も知らずに音だけ。それから担当のヘアメイクさんが同じだったり、だんだんと一致してきて、冨田ラボさんのアルバムで同じラインナップに載っかれて。で、作詞の依頼があったと。うれしい流れです。

剣さんは究極の“シンガー”

さかいゆう

さかい 僕、コンプレックスがあって。僕は自分を“シンガー”だとは思わないんですよ。トータル的なことを考えて自分の声を発してる“プロデューサー”みたいなイメージなんですね、歌ってるときでも。言わば総力戦というか、だから楽器も自分で弾きたいし、リズムアレンジも自分でやりたい。自分が監督して自分が主演してる感じなんですね。

横山 うんうん。

さかい ただ、これが主演だったらまだいいけど、脇役になったらもうかなり微妙なことになることもあったりして。そう自己分析してるんです。つまり僕がメインでやるフィールドだったら、フレーズも、リズムアレンジも、スネアの音も、グルーヴも、歌も、全部含めて見せられるからいいんですけど、歌手としてコラボしたり共演したりすると、やっぱりみんな歌うまいなってすげえ思うんですね。剣さんってそれの究極を行くというか、ものすごく“シンガー”だと思うんですよね。誰がどういうふうに演奏しても剣さんになるみたいな。

横山 でもさかいさん、トータルコーディネートをして、しかも歌が強いっていうのはすごいですよ。

さかい いや、そう見えるっていうか、聞こえるっていうか……(笑)。

横山剣(クレイジーケンバンド)

横山 いえいえ。やっぱりそういうクリエイティブな人は意外に歌が垢抜けなかったりすることもありますけど、さかいさんは歌だけで取ってもすごい強いですよ。

さかい 褒め合いになってきましたね!

──ははは(笑)。剣さんの言う「歌が強い」ってどういう意味なんですか?

横山 “ソウル電波”って僕は言ってるんですけど、信号が来るんです。逆に、どんなに歌がうまくていい声をしていても、信号がないとダメなんですよね。

さかい 信号っていいですね。

横山 例えば黒人であっても信号が来ない人、白人でも感じる人はいる。

さかい ある人はありますもんね。

歌にこぶしがあるかないかはすごく重要

横山 ルーツに民謡とか聴いてました?

さかいゆう

さかい めちゃめちゃ聴いてましたね。

横山 歌心のこぶしみたいなものがありますもんね。

さかい こぶし聴いただけでもうテンションが上がるんですよ。「うおー!」って(笑)。

横山 歌にこぶしがあるかないかはすごく重要ですね。きっと僕もさかいさんも、こぶしを回そうっていうより回っちゃうっていう感じですよね。

さかい 理由はないですよね。歌唱の中でのアクセント。こぶしが好かれるのは、ルーマニアであろうが、ブルガリアであろうが、インドであろうがどこも一緒だなと思って。

横山 そうそう。

さかい ワールドスタンダードに行けば行くほど、やっぱりみんなが好きなラインとかテンションの上がる感じは、母国の民謡とか歌謡曲なんだなって思うんです。僕がアメリカにいたとき、I-ROCK(映画「ドクター・ドリトル」の音楽プロデューサー)の前で、スティーヴィー・ワンダーとディアンジェロと美空ひばりを歌ったんですよ。そのとき、美空ひばりの「柔」を思いっきりこぶし効かせて一節歌ったら、「ワオ!」って言われて「それだよ、ユウ。そこにすごいビジネスチャンスを感じる」って。やっぱり俺日本人なのかなって思って。その経験を持って日本に帰ってきたっていう感じですね。

──剣さんも、クレイジーケンバンドでそのあたりを自発的に取り入れているように見えますが。

横山 そうですね。日本にいるときより海外に行ったときに響きますよね。例えばスカジャンも、日本だと恥ずかしくてとても着れないと思ってたのに、リトルトーキョーで見たら「これはアメリカにないよな。いいな」と思ったりして。それから何か特別なものを感じるようになりましたね。

3rdアルバム「Coming Up Roses」/ 2013年1月15日発売 / アリオラジャパン
初回限定盤[CD+DVD] 3990円 / AUCL-146~71
通常盤[CD] 3059円 / AUCL-148
収録曲
  1. She left(作詞・作曲・編曲:さかいゆう)
  2. 薔薇とローズ(作詞・作曲・編曲:さかいゆう)
  3. Life is feat. Emi Meyer(作詞:さかいゆう、Emi Meyer / 作曲・編曲:さかいゆう)
  4. きみなんだ(作詞・作曲・編曲:さかいゆう)
  5. EMERGENCY(作詞:横山剣 / 作曲・編曲:さかいゆう)
  6. オトコFACE feat. KREVA(作詞・作曲:さかいゆう、KREVA / 編曲:さかいゆう)
  7. 愛するケダモノ(作詞・作曲・編曲:さかいゆう)
  8. キミのいない食卓(作詞:谷穂ちろる / 作曲・編曲:さかいゆう)
  9. イバラの棘(作詞:岡本定義 / 作曲・編曲:さかいゆう)
  10. ピエロチック feat. 秦 基博(作詞:さかいゆう、秦基博 / 作曲・編曲:さかいゆう)
  11. 僕たちの不確かな前途(作詞:森雪之丞 / 作曲・編曲:さかいゆう)
  12. 時季(とき)は巡る(作詞:谷穂ちろる / 作曲・編曲:さかいゆう)
初回限定盤DVD収録内容
「Sakai Yu Best of Clips」
  • ストーリー
  • まなざし☆デイドリーム
  • train
  • Room
  • AHEAD
  • 君と僕の挽歌
  • 僕たちの不確かな前途
  • 薔薇とローズ
  • ピエロチェック feat. 秦 基博(Shooting the Recording Session on 2013.8.19)
さかいゆう TOUR2014 "Coming Up Roses"
2014年4月10日(木)
宮城県 darwin
OPEN 18:30 / START 19:00
2014年4月12日(土)
北海道 札幌KRAPS HALL
OPEN 17:30 / START 18:00
2014年4月22日(火)
福岡県 福岡DRUM Be-1
OPEN 18:30 / START 19:00
2014年4月24日(木)
愛知県 APOLLO BASE
OPEN 18:30 / START 19:00
2014年4月25日(金)
大阪府 サンケイブリーゼ
OPEN 18:30 / START 19:00
2014年4月27日(日)
高知県 X-pt.
OPEN 17:00 / START 17:30
さかいゆう TOUR2014 "Coming Up Roses" SPECIAL
2014年6月15日(日)
東京都 渋谷公会堂
OPEN 17:30 / START 18:00
※ゲストあり
さかいゆう
さかいゆう

高知県出身の男性シンガーソングライター。20歳で上京し、独学で音楽を始める。2001年に単身渡米しロサンゼルスでストリートパフォーマンスを行いながら、ピアノを習得。帰国後の2004年頃よりソロ活動を本格化。2009年10月にシングル「ストーリー」でメジャーデビュー。胸を打つ歌詞、透明感あるハイトーンボイスが年齢や性別を超え厚く支持されている。また客演も多く、これまでにマボロシ、KREVA、RHYMESTERなどさまざまなアーティストとコラボレーションを行っている。2014年1月には、シングル「僕たちの不確かな前途」「薔薇とローズ」を含む3rdアルバム「Coming Up Roses」をリリース。4月からは全国ツアー「さかいゆう TOUR2014 "Coming Up Roses"」を行う。

横山剣(よこやまけん)

1960年横浜生まれ。クレイジーケンバンドのリーダーで、作曲、編曲、作詞、キーボード、ボーカルを担当。小学校低学年の頃より「脳内にメロディーが鳴り出し」独学でピアノを弾き作曲を始める。中学2年生でバンド活動を開始して以来、地元横浜を中心に数多くのバンドで活躍し、1981年にはクールスRCのコンポーザー兼ボーカルとしてデビューを果たした。以後、ダックテイルズ、ZAZOU、CK'Sなどのバンドを経て、1997年春にクレイジーケンバンドを発足。作曲家としては、堺正章、和田アキ子、藤井フミヤ、SMAP、TOKIO、関ジャニ∞、一青窈、グループ魂、ジェロほか数多くのアーティストに楽曲を提供している。さらにm-flo、RHYMESTER、MIGHTY CROWN FAMILYらとジャンルの壁を超越したコラボレーションを実現するなど、その音楽活動は多岐にわたる。2009年にはユニバーサルミュージック・ジャパン内に新レーベル「ダブルジョイインターナショナル」を設立。2013年5月にはクレイジーケンバンドの14thアルバム「FLYING SAUCER」を発表した。