ナタリー PowerPush - WWW1周年記念対談 臼田あさ美×前野健太

「錆とチョコレートと臼田あさ美」ができるまで

渋谷のライブハウス「WWW」のオープン1周年を記念して、11月26日にスペシャルな弾き語りイベントが開催される。タイトルは「錆とチョコレートと臼田あさ美」。熱心な音楽リスナーとしても知られる女優の臼田あさ美がスペースシャワーTVとタッグを組み、今もっとも弾き語りライブを観たいと思うアーティストをブッキング。前野健太、ラキタ、平賀さち枝という、それぞれ比類なき世界観を歌に映し出す3組が顔を揃える。

今回ナタリーでは、臼田あさ美と前野健太の対談を企画し、このイベントに寄せる思いや弾き語りライブならではの魅力などについて、じっくり語り合ってもらった。

取材・文 / 三宅正一 撮影 / 広川智基

 
mixiチェック

ロマンチックが欲しいんです(前野)

──臼田さんが前野さんの音楽に出会ったきっかけから教えてください。

臼田あさ美

臼田あさ美 1年半くらい前にスペースシャワーTVの方に教えていただきました。その方とはよく音楽の情報交換をしていて。前野さんの歌は、最初に聴いたときからドキドキする感じがあって。それがすごく良かったです。

──前野さんの歌は距離感がすごく近いですよね。

臼田 そうですね。私は音楽でも映像作品でも、生々しいものに惹かれる傾向があるんですけど。そのなかにロマンチックさがあるものは特に心に残るんですね。前野さんの歌は、生々しいけど、ロマンチックだなと思います。

前野健太 なるほど。ロマンチックか。いいですね。それは演技でも出せるものなんですか?

臼田 どうなんだろう? 私の場合は、役が話す言葉や持っている感情は、私のものではないという感覚があって。ある意味では、徹底的に嘘を突き通すのがお芝居だと思っているので。

前野 でもロマンチックも嘘なんですよ。

臼田 嘘ですか?

前野 嘘というか、ロマンチックはやっぱり現実ではない。ちょっとその先にあるものというか。シンガーって自分をさらけ出しているようで、歌を歌うことは意外と自分と遠い行為でもあるんですよね。

臼田 そこにロマンチックさが生まれる?

前野 そうですね。でも演技をする人って、全部自分の身体を使って体現するじゃないですか。だから嘘をつくのってかなり難しいとは思うんですけど。

臼田 そうですね。すごく難しいと思います。

前野 僕は、真実という言葉はあまり好きじゃないんですけど、ホントのことをつかみたくて歌を作っている部分があって。結果的に歌になるのは必ずしもホントのことだけではないし、自分にとってのホントっぽい感じを歌うという感覚でもあるんですけど。だからこそ、僕もロマンチックさが欲しいんですよね。歌は……ロマンチックじゃないと、やってられない!

臼田 (笑)。

純粋に私がライブを観たい3人を呼びました(臼田)

──臼田さんが今回この3人(前野健太、ラキタ、平賀さち枝)にオファーしたポイントを聞かせてください。

臼田 音源はいつも聴かせていただいているんですけど、実はまだどなたのライブも観たことがなくて。だから純粋に私がライブを観たい3人だったんです。だから、1人のお客さんとしてもすごく楽しみにしていて。

前野健太

前野 多分衝撃を受けますよ。

臼田 あ、でも前野さんのドキュメンタリー映画「ライブテープ」を観に行ったときに劇場に前野さんが登場して、客席を練り歩きながら歌っているのを観たことはあります(笑)。

前野 うわー、最悪だったときですよ! 弦が切れてチューニングが狂いまくって。客席のほうに行って……あれはカウントしなくていいです!

臼田 わかりました(笑)。

──前野さんにとってのライブはどういう場ですか?

前野 やっぱり音源とは全然違うものですよね。超人になる瞬間があるんですよ、ライブには。例えば「ファックミー」という歌があるんですけど、「ファックミー」をライブでやっていると、どんどんグワーッってなって、もう……自分がなくなっちゃう。あの瞬間は面白いですね。ライブでしか絶対味わえない瞬間なので。超人というか、獣になるような感じですね。だから、ぜひ獣に会いに来てほしいですね、はい。

臼田 獣になるってすごいですよね。自分がコントロールできなくなって、消える瞬間があるというのは、本能が剥き出しになっているということでもあると思うから。

前野 そうですね。それがいいことなのか、悪いことなのかはわからないけど、間違いなくライブにしかないものだと思います。

WWW 1st Anniversary「錆とチョコレートと臼田あさ美」

2011年11月26日(土) 東京都 WWW
OPEN 17:00 / START 18:00

出演
前野健太 / ラキタ / 平賀さち枝
チケット
前売り3000円 /
当日3500円(ドリンク代別)
・チケットぴあ(Pコード 150-892)
・ローソンチケット(Lコード 72754)
イープラス
問い合わせ
WWW(03-5458-7685)
前野健太(まえのけんた)

1979年埼玉県生まれ。2000年頃より作詞作曲を始め、都内を中心にライブ活動や自宅録音を精力的に行う。2007年9月に1stアルバム「ロマンスカー」、2009年1月に2ndアルバム「さみしいだけ」、2011年2月に3rdアルバム「ファックミー」をリリース。2009年には松江哲明監督のライブドキュメンタリー映画「ライブテープ」で主演を務め、同作品は第22回東京国際映画祭「日本映画・ある視点部門」作品賞を受賞する。2011年12月には同じく松江監督・前野主演による新作映画「トーキョードリフター」が公開。