ナタリー PowerPush - Rihwa

2ndシングルは「劇場版 TIGER & BUNNY -The Beginning-」挿入歌

デビューシングル「CHANGE」で受けた印象は、聴けば元気の出るビタミン剤みたいな女の子。そして今回リリースされる2ndシングル「約束」で受けた印象は、強く、深みのあるアーティストだということ。楽曲ごとに異なるイメージを打ち出し、常に進化し続ける女性シンガーソングライターRihwa。しかし彼女は高校生までほとんど音楽に興味を示さない女の子だったそう。そんなRihwaがどうして曲を書き始めたのか、歌い始めたのか。

自由奔放で、「コレ!」と信じたものを裏切らず、真っすぐに歩み続ける。そんな一本筋の通った男前な彼女に、音楽的なルーツと新曲「約束」に込めた思いをじっくり訊いた。

取材・文 / 吉田可奈 インタビュー撮影 / 平沼久奈

 
mixiチェック

この感覚をずっと味わえるなら歌手になりたい

──ナタリー初登場なのでプロフィールからお伺いしたいのですが、音楽を始めたのはいつ頃だったんですか?

高校生の頃ですね。それまでは好きなアーティストがいるわけでもなく、音楽はただのBGMとしか捉えていなかったんです。

──それがどうして歌手になろうと思ったんですか?

インタビュー写真

中学3年生のときに、進路のことですごく悩んだんです。義務教育も終わるし、これからは自分にとって意味のあることをしていかなくてはいけない。そう思ったら、ただ単純に「制服がかわいい」というような理由で高校を選んではいけないと思ったんです。そんな私を見て父が「留学という選択肢もあるよ」と教えてくれたんです。

──いきなり留学ですか!?

そうなんですよ。実は父も高校時代に留学をしていて、それがすごく自分の身になっているらしく、娘にも同じような体験をしてもらいたかったらしいんです。でも決して押し付けるわけではなく、こういう手段もあるよ、と教えてくれた感じで。

──高校生で留学となるとかなりの決心を要する気がするんですが……。

それが緊張も気負いも全くなくて。ただ「英語が話せたら世界が広がるだろうな」というくらいの気持ちで留学を決心したので、真剣な人には悪いなと思うくらい(笑)。基本的に「これがしたい!」と思ったら、後先考えずに飛び込んじゃうんですよね。

──度胸ありますね。ご両親の育て方の影響?

どうだろう……。でも両親はちゃんと自立できるよう育ててくれていた気がします。高校に入る前に自立するように促す母と、留学を勧める父って、今考えるとすごい子供を信頼してますよね。

──留学先はどこだったんですか?

カナダだったんですが、高校の授業にボーカルのクラスがあって。そこの先生がすごく面白い先生で仲良くなったんです。で、ある日、クラス主催のイベントがあるから歌ってみないかと誘ってもらったんです。とはいえ、今まで一度も舞台で歌ったことがなかったので戸惑ったんですが、歌は好きだし、目立ちたがり屋なところがあったので、先生の伴奏とマイク1本でケリー・クラークソンの「Because of you」を歌ったんです。そのときの会場の反応が本当に素晴らしくて! みんなが思い切り盛り上がってくれたんですよ! その瞬間に覚えた感覚は、今までに全く体験したことのないほど素晴らしくて、この感覚をずっと味わえるなら、絶対に歌手になりたい!って思ったんですよね。

──いきなりステージに立って、夢を見つけたんですね。

そうですね。実はその当時、言葉の壁も感じていて、自分の気持ちをなかなか素直に言葉にできなかったんです。そんなときに、音楽は一瞬で言葉の壁を乗り越えて、ひとつになれるってことを実感したんです。それで、もう歌手になるしかないな、って(笑)。

初めてのライブは自己紹介が10分

──日本での音楽活動はどういう形で始めたんですか?

一言で言えばライブハウスへの飛び込みですね(笑)。歌える環境を探して、作りたての曲を2曲持ってライブをしたんです。最初はライブというものがどんなものかもわかっていなかったので、10分くらい自己紹介をしてて(笑)。あとはカバー曲を歌ってました。

──すごいチャレンジャーですね(笑)。

私もそう思います(笑)。でも、本当にどうしていいかわからないから、やるしかなくて。1回ライブをしてみて、もっとライブがしたいと思ったけど、曲がないからできないことに気付いて……。それからライブに出るためにギターを練習して、曲作りを始めたんです。

──なんだか順序がバラバラですね。

普通は曲作りをして、練習をしてライブに出ますよね(笑)。何も知らないって怖いっ!

──でも、そこが強みなのかもしれないですね。それからは順調に?

インタビュー写真

いやいや。北海道で活動していたんですが、周りの仲間がすごく上手で素晴らしい音楽を作ってるのになかなか報われないのを見ていると、私なんかがそこから抜きん出られるわけがないとやっと現実を見るようになったんですよ。でも諦めるのは絶対に嫌で。ライブ活動を地道に続けていくうちに、なんとかここにたどり着いた、という感じなんです。

──きっと、すごく濃い日々だったんでしょうね。

そうですね。その間が1~2年なので、すごく短くて濃い期間でした。全ての出会いや、人からもらった言葉が私をがんばらせてくれた気がするんです。

──例えばどんな?

カナダでの舞台で、お客さんが「ジャパニーズ ケリー・クラークソン!」って褒めちぎってくれたり……。もちろん、謙遜することなくそのまま受け止めました(笑)。

──褒められて伸びるタイプなんですね。

間違いなくそうですね(笑)。けなされるとかなり落ち込みます。愛があるのがわかれば大丈夫ですけど。

Rihwa Live Tour 2012
~NANIWAともあれEDO and EZO~
  • 2012年12月8日(土)
    東京都 渋谷duo MUSIC EXCHANGE
    OPEN 17:00 / START 18:00
  • 2012年12月12日(水)
    大阪府 心斎橋Pangea
    OPEN 18:30 / START 19:00
  • 2012年12月15日(土)
    北海道 札幌COLONY
    OPEN 17:30 / START 18:00
Rihwa acoustic tour 2012
~Promise, you'll have fun!~
  • 2012年10月4日(木)
    東京都 タワーレコード秋葉原店
    START 18:30
  • 2012年10月6日(土)
    東京都 タワーレコード新宿店
    START 12:00
  • 2012年10月7日(日)
    神奈川県 ビナウォーク5番館1Fビナステップ
    [1st]START 13:00
    [2nd]START 15:00
  • 2012年10月8日(月・祝)
    大阪府 タワーレコード梅田NU茶屋町店
    START 14:00
  • 2012年10月13日(土)
    福岡県 キャナルシティ博多
    START 12:00
  • 2012年10月20日(土)
    北海道 札幌ステラプレイス
    [1st]START 13:30
    [2nd]START 16:00
Rihwa(りふぁ)

Rihwa

札幌出身の女性シンガーソングライター。中学卒業後にカナダに留学し、滞在中に音楽に目覚める。帰国後より地元のライブハウスなどで活動を始め、インディーズでシングル3枚とアルバム1枚をリリースする。2012年は「JOIN ALIVE 2012」「SUMMER SONIC 2012」「a-nation 2012 stadium fes.」などの大型ライブイベントに出演、パワフルな歌声とチャーミングなキャラクターでファンを獲得する。同年7月にシングル「CHANGE」でTOY'S FACTORYからメジャーデビュー。10月、映画「劇場版 TIGER & BUNNY -The Beginning-」の挿入歌として書き下ろした「約束」を、2ndシングルとしてリリースする。