ポルノグラフィティ「BUTTERFLY EFFECT」 PR

ポルノグラフィティ|ソロインタビューで浮き彫りにする「BUTTERFLY EFFECT」が生まれた理由

歌に関しての手綱をしっかりつかめた感覚

──特に「Fade away」は昭仁さんらしい歌詞だなと思いました。内向的でちょっとダークな印象もありつつ、でもサウンドと相まってどこか美しさも感じさせる世界観というか。

ちょっとエモい感じっちゅうんですかね(笑)。アルバムに1曲はこういうタイプのものを入れるのが僕の役目だと勝手に思ってるところがあるんですけど、この曲は作り方がいつもとはちょっと違っていて。シンセ音源を切り貼りしながら鳴らすことを実験的にやっていたら、普段のようにギターをジャカジャカ弾いていても思い付かないコード進行ができたので、それをそのまま曲にしたんです。その面白さを江口くんも汲み取ってくれたんで、僕らしさはありつつも、ちょっと手触りが違う仕上がりになったと思いますね。

──この曲では巻き舌を使った歌唱が印象的ですけど、本作ではボーカルの進化もすごく感じることができたんですよね。そのあたりご自身ではどう感じてますか?

今回、自分の歌をコントロールできるようになったことが僕自身でも一番大きなことだなとは思っていて。歌に関しての手綱をしっかりつかめたと言うかね。ここはちょっと緩めてみようとか、ここは追い込んでみようとか、自分が望む歌い方をしっかりコントロールできるようになったことで、楽曲の真ん中に歌がドシッと存在している感じがするんですよ。そのことによって1曲1曲がより生き生きする、バックのサウンドもより輝いてくることにも気付けた。それってすごく当たり前のことなんだけど、改めてそんなことを感じましたね。

──今までも昭仁さんの歌は楽曲の中心で強い存在感を放っていたわけなので、今回のタイミングでそういった手応えを感じていることが少し意外な気もしますけどね。

今までもずっと同じようなことは感じてきてたんですよ。「なかなか手綱が取れない」「いや、つかめてきたぞ」みたいなことの繰り返しと言うか。でもね、今回ほどグッと力強く手綱を握れた感覚になったのは初めてだった。とは言え、「真っ白な灰になるまで、燃やし尽くせ」はいまだにちゃんと歌いこなせてないけどね(笑)。

──あははは(笑)。本作において、あの曲は難しさ、消費カロリーにおいて間違いなく頂点ですもんね。で、一方には「I believe」のようなバラードもある。ポルノは楽曲のタイプがさまざまだからそういう大変さはありそう。

うちらの場合、楽曲の振り幅はもう狭くなりようがないんで、歌もおのずといろんなタイプが求められますからね。昔、事務所の会長に「七色の声で歌え」ってよく言われていて、それを肝に銘じてここまでやってきてよかったなとは思います(笑)。ただね、僕らの場合、やっぱりアップテンポの曲のイメージが強くて、ミドルバラードのような楽曲がなかなか世間に浸透していない現実もあるんですよ。で、その要因は僕の歌唱力、表現力にあるとずっと思っていた。でも今回、そこに関しても少しは胸張れるようになったかなとは思えているので、どんな反応をもらえるかが少し楽しみではありますね。

大変なことってちゃんと感じるべき

──晴一さんが手がけた楽曲群に関しては今回、どんな印象があります?

楽曲のタイプで言うと、新藤のほうが振り幅は広いですよね。打ち込みのサウンドになった「MICROWAVE」はアレンジが何度も変わったんだけど、すごく面白い仕上がり。ミディアムテンポの「夜間飛行」なんかは出すタイミングをずっと考えて温めていたのですが、この曲も今のタイミングだからこそ歌えた曲。アルバムに入れられたのがうれしくもあって。アレンジやメロディが変わるたびに何回も仮歌を入れていたから思い入れもありますね。あと歌詞に関して言えば、よりわかりやすい言葉で、伝えたいことをどう言い換えるかみたいな部分を今回はより研ぎ澄ませたような気もするかな。歌うときに気持ちよくハマる語感をしっかり探してくれてもいるので、歌ううえで無理なく歌いやすく、気持ちよくなれるっていうことの重要性を改めて感じましたね。

──今回は昭仁さんの曲にも、晴一さんの曲にも「未来」とか「明日」というワードがかなり多く出てくる印象もありました。そこは意識的なことなんですかね?

特に意識はしてなかったけど、やっぱり未来に対して憂いているところがあるのかもしれないですよね。僕らが若いときよりも、すべてのことにおいて「この先、どうなるかわからん」みたいなことを感じる時代だと思うから。だからきっと「Fade away」とか、新藤の「170828-29」のような未来を嘆く曲も出てきたんだとは思うんです。とは言え、そうやって憂いてばかりじゃないよっていう意味で「スパイス」のような曲も、表現者としては書かなきゃいけないとは思ってましたしね。

──厳しい時代であることから目をそらさないことが重要だという思いがポルノにはあるんでしょうね。だからこそ、心を落ち着かせるような曲がより染みてくるわけだし。

大変なことってちゃんと感じるべきだから、音楽を通して感じさせることが大事かなと僕は思ってるんですよ。それができないんだったら僕は音楽をやっている意味がないと思う。そのうえで、「キング&クイーン」のようにみんなを勇気付けられるような青臭いことをストレートに伝えることも重要かなと。ちょっと恥ずかしくなるくらいの曲ですけど(笑)。

──その青臭い部分をてらいなくできるのもまたポルノの強みですしね。

そうそう。そうだと思います。それこそが、僕らが18年やってきたことですから。特に「キング&クイーン」のようなわかりやすいものを書くのは僕の役目だと思ったから、めいっぱいやり切りました。その曲でアルバムが終わるのも、まあ僕ららしいかなと。

──11月17日には、来年3月まで続く全39公演のホールツアーもスタートしますね。

まだ具体的には見えていないんですけど、今回のアルバム制作を通して芽生えた自分の歌に対しての信頼感があるので、いい意味での余裕を持ってツアーは回れるんじゃないかなとは思ってます。がむしゃらに全身全霊でパフォーマンスするのが僕の得意なスタイルではあるんですけど、緊張と緩和と言いますか、ちょっと緩めた表現もできたらいいですよね。得意分野の逆も見せられたらいいかなと今は思ってます。

──来年9月にはデビュー20周年イヤーへ突入します。そこに向けて気持ちが高まっているところもありますか?

周年に関してはあんまり意識しないんですけど、今年はスガ(シカオ)さんの20周年イベントに出させてもらったりもして、ちょっと刺激をもらったところはありました。あのスガさんがあんなにてんこ盛りなフェスをやるならね、僕らも何かするべきだなと。僕らにとっても、皆さんにとっても記憶に残ることができたらいいですよね。

ポルノグラフィティ「BUTTERFLY EFFECT」
2017年10月25日発売 / SME Records
ポルノグラフィティ「BUTTERFLY EFFECT」初回限定盤

初回限定盤
[CD2枚組+DVD]
4000円 / SECL-2238~40

Amazon.co.jp

ポルノグラフィティ「BUTTERFLY EFFECT」通常盤

通常盤
[CD]
3200円 / SECL-2241

Amazon.co.jp

CD収録曲
  1. THE DAY
    [作詞・作曲:新藤晴一 / 編曲:江口亮、Porno Graffitti]
  2. Working men blues
    [作詞:新藤晴一 / 作曲:岡野昭仁 / 編曲:江口亮、Porno Graffitti]
  3. 君の愛読書がケルアックだった件
    [作詞・作曲:新藤晴一 / 編曲:立崎優介、田中ユウスケ、Porno Graffitti]
  4. I believe
    [作詞・作曲:岡野昭仁 / 編曲:立崎優介、田中ユウスケ、Porno Graffitti]
  5. LiAR
    [作詞・作曲:新藤晴一 / 編曲:tasuku、Porno Graffitti]
  6. Fade away
    [作詞・作曲:岡野昭仁 / 編曲:江口亮、Porno Graffitti]
  7. クリスマスのHide&Seek
    [作詞・作曲:岡野昭仁 / 編曲:江口 亮、Porno Graffitti]
  8. MICROWAVE
    [作詞・作曲:新藤晴一 / 編曲:トオミヨウ、Porno Graffitti]
  9. 夜間飛行
    [作詞・作曲:新藤晴一 / 編曲:宗本康兵、Porno Graffitti]
  10. 真っ白な灰になるまで、燃やし尽くせ
    [作詞・作曲:岡野昭仁 / 編曲:江口亮、Porno Graffitti]
  11. 170828-29
    [作詞・作曲:新藤晴一 / 編曲:tasuku、Porno Graffitti]
  12. Montage
    [作詞:岡野昭仁 / 作曲:新藤晴一 / 編曲:篤志、Porno Graffitti]
  13. スパイス
    [作詞・作曲:岡野昭仁 / 編曲:tasuku、Porno Graffitti]
  14. キング&クイーン
    [作詞・作曲:岡野昭仁 / 編曲:立崎優介、近藤隆史、田中ユウスケ、Porno Graffitti]
初回限定盤CD収録曲

SPECIAL LIVE IN TAIWAN 2017.3.26 @Legacy Taipei

  1. -OPENING SE-
  2. THE DAY
  3. 今宵、月が見えずとも
  4. ヒトリノ夜
  5. LiAR
  6. サウダージ
  7. アポロ
  8. ヴォイス
  9. サボテン
  10. 黄昏ロマンス
  11. 愛が呼ぶほうへ
  12. ANGRY BIRD
  13. ハネウマライダー
  14. Mugen
  15. オー!リバル
  16. メリッサ
初回限定盤DVD収録内容
  • "SPECIAL LIVE IN TAIWAN" DOCUMENTARY
  • LiAR Video Clip
  • 真っ白な灰になるまで、燃やし尽くせ Video Clip
  • Montage Video Clip

15thライヴサーキット “BUTTERFLY EFFECT”

  • 2017年11月17日(金)埼玉県 三郷市文化会館 大ホール
  • 2017年11月20日(月)神奈川県 カルッツかわさき(川崎市スポーツ・文化総合センター)ホール
  • 2017年11月23日(木・祝)北海道 釧路市民文化会館 大ホール
  • 2017年11月25日(土)北海道 ニトリ文化ホール
  • 2017年11月26日(日)北海道 ニトリ文化ホール
  • 2017年12月5日(火)香川県 レクザムホール
  • 2017年12月7日(木)鳥取県 米子コンベンションセンター BiG SHiP
  • 2017年12月9日(土)山口県 周南市文化会館
  • 2017年12月11日(月)広島県 広島文化学園HBGホール
  • 2017年12月12日(火)広島県 広島文化学園HBGホール
  • 2017年12月16日(土)福島県 郡山市民文化センター 大ホール
  • 2018年1月11日(木)岩手県 盛岡市民文化ホール 大ホール
  • 2018年1月13日(土)宮城県 仙台サンプラザホール
  • 2018年1月14日(日)宮城県 仙台サンプラザホール
  • 2018年1月17日(水)福岡県 福岡サンパレス ホテル&ホール
  • 2018年1月18日(木)福岡県 福岡サンパレス ホテル&ホール
  • 2018年1月20日(土)鹿児島県 鹿児島市民文化ホール 第1ホール
  • 2018年1月22日(月)熊本県 市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市民会館)
  • 2018年1月31日(水)東京都 NHKホール
  • 2018年2月1日(木)東京都 NHKホール
  • 2018年2月5日(月)東京都 オリンパスホール八王子
  • 2018年2月7日(水)神奈川県 パシフィコ横浜 国立大ホール
  • 2018年2月9日(金)山梨県 コラニー文化ホール(山梨県立県民文化ホール)
  • 2018年2月13日(火)大阪府 フェスティバルホール
  • 2018年2月14日(水)大阪府 フェスティバルホール
  • 2018年2月16日(金)奈良県 なら100年会館
  • 2018年2月21日(水)千葉県 市川市文化会館 大ホール
  • 2018年2月24日(土)三重県 シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢
  • 2018年2月26日(月)愛知県 名古屋国際会議場センチュリーホール
  • 2018年2月27日(火)愛知県 名古屋国際会議場センチュリーホール
  • 2018年3月2日(金)高知県 高知県立県民文化ホール オレンジホール
  • 2018年3月4日(日)徳島県 鳴門市文化会館
  • 2018年3月7日(水)静岡県 富士市文化会館ロゼシアター 大ホール
  • 2018年3月9日(金)静岡県 アクトシティ浜松 大ホール
  • 2018年3月12日(月)埼玉県 大宮ソニックシティ 大ホール
  • 2018年3月14日(水)新潟県 上越文化会館
  • 2018年3月16日(金)石川県 金沢歌劇座
  • 2018年3月18日(日)福井県 フェニックス・プラザ
  • 2018年3月20日(火)兵庫県 神戸国際会館 こくさいホール
ポルノグラフィティ
岡野昭仁(Vo)と新藤晴一(G)からなるロックバンド。1999年9月にシングル「アポロ」でメジャーデビューし、2000年7月のシングル「ミュージック・アワー」がポカリスエットCMソングに採用され大ヒットを記録する。続く「サウダージ」は初のミリオンセールスとなり、一躍トップアーティストの仲間入りを果たす。その後も「アゲハ蝶」「幸せについて本気出して考えてみた」「メリッサ」「ハネウマライダー」「オー!リバル」などヒット曲を連発させる。2013年11月に全シングル曲を収録した3枚組のベストアルバム「PORNOGRAFFITTI 15th Anniversary "ALL TIME SINGLES"」をリリースした。2014年9月には15年間の集大成となるスタジアムライブ「神戸・横浜ロマンスポルノ'14 ~惑ワ不ノ森~」を開催し、さらに2016年にも横浜スタジアムライブを行い2日間で6万人を動員するなど精力的にライブやリリースを重ねる中、2017年には初の台湾ワンマンライブを開催。夏には「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」を始めとするフェスや野外ライブイベントに参加。同年10月に通算11枚目のオリジナルアルバム「BUTTERFLY EFFECT」をリリースした。