音楽ナタリー PowerPush - 大原櫻子

ソロへの感謝の気持ち込めた「サンキュー。」

映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」の劇中バンド、MUSH&CO.のボーカルとしてメジャーデビューしてから約1年。大原櫻子が11月26日にソロ名義のシングル「サンキュー。」をリリースする。この1年間を通して心に芽生えたさまざまな人に対しての感謝の気持ちを込めた表題曲は、亀田誠治がプロデュースする爽快なポジティブナンバー。等身大でリアルな歌声が響きわたる仕上がりは、まさにソロとしての門出にふさわしいものとなっている。

今回ナタリーでは、決意新たに第一歩を踏み出す大原櫻子にインタビューを実施。シングルに込めた熱い思いを聞いた。

取材・文 / もりひでゆき 撮影 / 小山志麻 撮影協力 / seat mania

 
mixiチェック

自分の個性を出していきたい

──今回の「サンキュー。」は大原櫻子ソロ名義として初の作品となりますね。

大原櫻子

はい。MUSH&CO.としてCDを出せたときもほんとに驚きだったんですけど、それと同じくらいの驚き、喜びがあります。ソロ名義での作品を出したいとずっと思っていたので、新曲を出すんだなっていう気持ちが今回はより強くなっている感じがあって。皆さんに支えられてきたからこそ今回のCDリリースが実現できたと思うので、それこそ“サンキュー”じゃないですけど(笑)、感謝の気持ちでいっぱいですね。

──制作に臨む姿勢にも何か変化がありましたか?

前回まではあくまでも映画(「カノジョは嘘を愛しすぎてる」)の中のバンドであるMUSH&CO.の一員としてのリリースでしたけど、今回は正真正銘のソロですからね。自分の色とか個性みたいなものをどんどん出していきたい、出していかなきゃなって改めて思いました。

──本作も引き続き亀田誠治さんが作詞・作曲・プロデュースを手がけられています。曲の印象はいかがでした?

明るく前向きな曲ではあるけれども、これまでの曲と比べてリズムはちょっと落ち着いた感じになっているので、今までとは雰囲気が違っているなって思いました。そういう変化にちゃんと声を乗せれば、シンガーとして成長した部分を感じ取ってもらえるものになるんじゃないかなって。

──亀田さんの作る楽曲にはイメージカラーがついているというお話を前回のインタビュー時にされていましたよね(参照:大原櫻子(from MUSH&Co.)「頑張ったっていいんじゃない」インタビュー)。今回はどんな色だったんでしょう?

前回の「頑張ったっていいんじゃない」のときはオレンジだったんですけど、今回は虹色でした。この曲を最初に聴いたとき私は虹色っぽいなって思ったんですよ。なのでそれを亀田さんに伝えたら、「僕も虹色のつもりで作ったよ」っておっしゃっていて。

──共通したイメージを受け取ったんですね。

そうなんです。虹色っていうのはすごく幸せでハッピーな色だなっていう印象が私にはあって。しかも、色が1つに限定されていないから、無限大の広がりがあるじゃないですか。だから私も、聴いてくださる方を限定しない歌い方をしたいなって思いましたね。ライブで歌うときには会場にいる人たちだけではなく、その向こう側にいる人たちにも届くように歌いたいなって。

──どんな人の心にもスッと入り込める、共鳴度の高い曲になっていますよね。

メロディがすごくいいですし、思わず手拍子したくなるような楽しい曲でもあるので、これを歌うことで音楽の輪を広げていくことができるような気がしていて。卒業式とか結婚式とか、その人にとっての大切なイベントでも歌ってもらえる曲になったらすごくいいなって思っています。

学園祭ライブで初披露

──この曲はライブで初披露したんですよね。

はい。9月にやった初めての学園祭ライブで歌わせてもらいました。正直、新曲を最初に披露する場が学園祭ってどうなのかなって心配だったんですよ。みんなにとっては知らない曲なので、シーンとなっちゃったらどうしようって。でも実際は、みんな最初から手拍子をしてくれて、学生さんらしいノリで楽しんでくれたんです。思い出に残る、楽しい初披露になりましたね。

──それはつまり楽曲が持っているパワーの証明でもありますよね。大原さんが感じていたように、音楽の輪を広げる力がこの曲にはあったということなのでは?

大原櫻子

ほんとにそう思います。みんなが自然に受け入れてくれたのがすごくうれしかったですね。

──学園祭ライブ自体はどうでした? 同世代の人たちの前でライブをするのは緊張しません?

初めての学園祭ライブは高校だったので、年齢的にはほとんど変わらないんですよ。だからすごく親近感を持ってライブすることができた気がします。緊張するどころか、友達の前で歌うような感覚で、むしろすごくリラックスできていたというか(笑)。みんな楽しむ気マンマンで観に来てくれていたので、私もむちゃくちゃ楽しかったです。学園祭ライブが大好きになったので、これからもどんどんやっていきたいなって思いましたね。

1stソロシングル「サンキュー。」2014年11月26日発売 / Victor Entertainment
初回限定盤 [CD+DVD] 1620円 / VIZL-718 / Amazon.co.jp
通常盤 [CD] 1080円 / VICL-36954 / Amazon.co.jp
3939限定盤 [CD] 390円 / VICL-36998 / ※3939枚限定
初回限定盤 / 通常盤 CD収録曲
  1. サンキュー。
  2. オレンジのハッピーハロウィン
  3. 頑張ったっていいんじゃない(Acoustic Live ver.)with 制服女子歌い隊
  4. サンキュー。(Instrumental)
  5. オレンジのハッピーハロウィン(Instrumental)
初回限定盤 DVD収録内容
  • サンキュー。(Music Video)
3939限定盤 CD収録曲
  1. サンキュー。
大原櫻子(オオハラサクラコ)

大原櫻子映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」に登場した3人組バンドMUSH&Co.のボーカルとして、2013年12月に劇中から飛び出し現実世界でデビューシングル「明日も」をリリース。2014年3月から3カ月間、ニッポン放送「大原櫻子のオールナイトニッポン0」でレギュラーパーソナリティを務めたほか、5月にテレビ朝日系「ミュージックステーション」に出演して話題を呼んだ。6月25日に大原櫻子(from MUSH&Co.)として映画のスピンオフシングル「頑張ったっていいんじゃない」を発表。7月期のフジテレビ系ドラマ「水球ヤンキース」でヒロインを務めるなど女優としても活躍の場を広げる中、11月26日にソロ名義のシングル「サンキュー。」をリリース。