ナタリー PowerPush - ねごと

4カ月連続リリース開始!スタートダッシュの新曲を語る

ねごとのニューシングル「nameless」が完成。これまでの作品でもエレクトロな要素を見せていた彼女たちだが、「nameless」ではそうした側面を思いきり表出させ、聴き手に鮮烈な印象を与えている。今までのインタビューでも語られてきたように、ねごとは昨年後半からバンドのあり方そのものを問いただしながら試行錯誤してきた。しかし今回は、楽曲そのものの方向性やクオリティという点では、むしろ迷いのなさのほうが際立っている。

そしてこの曲はシングル3部作の第1弾となり、来年2月の2ndアルバムに至るまでに4カ月連続のリリースが決定しているのだ。しかもこれに伴うさまざまな企画も既にスタートしている。そうしたプランの数々を進めながら、来たるべきアルバムに向かっている沙田瑞紀(G)と藤咲佑(B)の表情は、極めて充実していた。

取材・文 / 青木優 インタビュー撮影 / 高田梓

 
mixiチェック

人の耳にパッと入ってくるものを鳴らしたい

──今回はエレクトロな色合いの強い、すごく振り切れた曲ですね。

インタビュー写真

沙田瑞紀 そうですね。「nameless」は、春ぐらいから並行して制作していたいろんな曲の中のひとつなんです。それまでは、曲を作る行為と普段のライブ活動は自分の中では切り離して考えてたんですね。それが前作の「Re:myend!」と「Lightdentity」は──特に「Lightdentity」は、今の自分たちのモードを反映させた曲になったと思ってます。「nameless」はそれに続き、という感じですね。「Lightdentity」は抜け出したい、変わりたいという思いを素直に書けた作品だったんですけど、それからもっと「今のねごとはそこからほんとに抜け出して、変わっていくんだ」っていう気持ちを出すような曲を作れたらいいなと思って。だから聴く人によっては「変わったな」という印象になると思うんですけど、そこは確かに、ほんとに変えたくて変わったというか。そういうエレクトロな音を使いたいというのももちろんあったけど、それ以前に何かひとつ、今できるものを提示したかった。そういう部分で「nameless」ができたのかなと思ってます。

──なるほど。制作自体はどんなふうに進んだんですか?

沙田 最初はもう少しテンポが遅かったんですよ。印象的なリフみたいなものは元々あったので、そこからできあがったものに対して「もっと強い曲にしたいな」「みんなにインパクトが与えられる曲にできるんじゃないかな」って話が出てきて。そのとき「ライブでもっと耳を傾けてほしい」とか「立ち止まってほしい」という話になって……例えば夏フェスのような多くのアーティストが出演するような場所では、ねごとをスルーしちゃう人もいるわけですよ。

藤咲佑 通り過ぎちゃう人がね。フェスによってはステージがいっぱいあって、そこに行くために道があるじゃないですか。そこで一瞬聴こえただけでも「あっ」て、止まってほしいなと思ったんですね。違うステージを観に行く予定だった人を、「ちょっと立ち止まってみようかな」という思いにさせるようなものを作りたいなって。

──そうですか? 僕が今年の夏、ねごとをRISING SUN ROCK FESTIVALで観たときは、ステージのあるテントがお客さんでもうぎゅうぎゅうだったんですけど。

藤咲 ありがとうございます!(笑)

沙田 (笑)。でも悔しい思いもたくさんしましたね。去年はフェスに出ること自体が初めてだったので、そういう意味では挑戦していくドキドキというか、「どうなっても構わないから、とにかく音を鳴らす」みたいな気持ちだったんですけど。今はそれ以上に人を引きつけるというか、人の耳にパッと入ってくるようなものを鳴らしたいなって思えるようになってます。

──そんな話をバンド内でもしてるわけですか?

藤咲 そうですね。この「nameless」あたりから、そういう意識になってきました。曲ごとに、1人ひとりがもっとしっかり向かっていこうっていうか……。「今まで、どうしてライブがうまくいかなかったんだろう?」と考えたときに、バンドがもっとひとつになる必要があるのかなって思ったんですね。そこで「曲に対してもっとまっすぐに4人でやっていこうよ」というのを決めました。

ねごと

蒼山幸子(Vo, Key)、沙田瑞紀(G)、藤咲佑(B)、澤村小夜子(Dr)からなる4人組バンド。高校2年生だった2008年1月に結成し、春に開催された「閃光ライオット2008」に応募。予選を順当に通過し、8月に行われた決勝大会に進出。審査員特別賞を受賞する。同年11月に発売された「閃光ライオット2008」コンピレーションアルバムにも、大会で披露した楽曲「ループ」で参加する。その後勉強に専念するため一時ライブ活動を休止するも、2009年9月に本格活動開始。2010年2月より行っている自主企画「お口ポカーンフェス?!」も毎回好評を博している。2010年9月29日、1stミニアルバム「Hello! "Z"」をKi/oon Recordsよりリリース。2011年3月発表の1stシングル「カロン」はau「LISMO!」のCMソングとしてオンエアされ、幅広い層から注目を集めた。同年7月、初のフルアルバム「ex Negoto」をリリース。2012年11月7日発売のシングル「nameless」から4カ月連続リリースを行い、2013年2月には待望の2ndアルバムを発売予定。