ナタリー PowerPush - ナノ

正体不明のバイリンガルシンガー その全貌に迫る

ニコニコ動画やYouTubeなどの動画投稿サイトを中心に音楽活動を続ける正体不明のバイリンガルシンガー、ナノが初のアルバム「nanoir」(ナノワール)でメジャーデビューを果たす。本作にはさまざまなVOCALOIDプロデューサーの楽曲をナノ自身が英語詞に訳した楽曲のほか、アルバム用に制作された新曲などバラエティに富んだ全12曲を収録。変幻自在なナノの歌声を思う存分堪能することができる。

今回ナタリーでは、ナノ自身初となる対面インタビューを実施。アルバムの話題はもちろんのこと、音楽を志すきっかけやニコ動デビューの動機など、興味深い話を訊いた。

取材・文 / 西廣智一

 
mixiチェック

音楽的ルーツはTHE BEATLESと日本のアニソン

──ナノさんはニューヨークで生まれ育ったそうですね。

そうです。現時点ではアメリカでの生活のほうが長いので、英語がネイティブですね。日本に移ってきたのは中学の頃でした。

──最初はアメリカと日本との違いに戸惑ったのでは?

もう全然違いましたね。元々勉強は好きだったんですけど、アメリカと日本でそのやり方が違ったので、テストは全部0点(笑)。すごくショックでしたよ。

──音楽に初めて興味を持ったのはいつ頃だったんですか?

ナノ イラスト

小さい頃から家で音楽がいつも流れてる状態で。あとは小学校のときから合唱団に入ったり、バイオリンやピアノを習ったりしてました。

──家で聴いていたのは日本語の曲?

家ではエンヤやTHE BEATLESがよくかかってましたけど、日本の曲は自分から積極的に聴くようになったんです。最初のきっかけは日本のアニメなんですけどね。

──それは向こうのテレビで放送されていたアニメですか?

放送されたものやビデオで借りたものを観て、「日本のアニソンには洋楽と違った新鮮さがある」って魅了されて。

──最初に夢中になったアーティストは覚えてます?

洋楽だとTHE BEATLESですね。邦楽だとL'Arc-en-Cielをよく聴いてました。

──音楽の道に進みたいっていう思いは、昔から持っていたんですか?

はい。邦楽を聴いてから急激に興味を持つようになって、夜になると親をリビングに座らせて「歌うんで聴いて」ってプチコンサートをやってましたね(笑)。

──そのときは何を歌ってました?

アニメのテーマソングです。昔はCDシングルに入ってるカラオケをかけて歌ってました。それから、安いカラオケ機を買ってもらってからはそれに没頭して(笑)。もう中学の頃から「歌手になりたい」って思ってました。

日本に来た理由は音楽をやりたかったから

──その後日本へ移ってきたわけですが、歌手になる夢はまだ持ちつつ?

これを言うとみんなにビックリされるんだけど、元々日本に来た理由が音楽をやりたかったからで。それを口実に、家族を無理やり日本に連れてきたんですよ(笑)。

──なぜ日本だったんですか? アメリカで音楽をやってみようとは考えませんでしたか?

自分には、日本の芸能界は海外よりもエンタテインメント色が強い感じがして。例えば、アメリカで音楽っていうとCDとライブのイメージがほとんど。でも日本では、そこにアニメだとかいろんな要素が加わって、より華やかに見えたんです。

──なるほど。それこそ「歌ってみた」やVOCALOID、ニコ動系プロデューサーといった人たちがどんどんネット文化からメジャーフィールドに飛び出していくのも、日本独自の文化ですね。

ナノ イラスト

本当にそう思います。ニコ動もそうなんですけど、ネットで一般ユーザーが自分の音楽を公開して、多くの人たちで盛り上がるのは本当に日本ならではだし。海外ではYouTubeはあるけど、ニコ動みたいなコミュニティは生まれないですしね。

──それで、日本に来てからは歌手になるためにどのようなことをしましたか?

オーディションをいくつか受けてみました。そのときは知り合いから「最近はギターが弾けて、曲も書けるほうがいいよ」って言われて、アコギを必死に覚えて。4つ5つのコードでオリジナル曲を作ってました。

──オーディションを受けてみて、どうでした?

すごく緊張しました。あの頃は自分に自信があったから、100%受かるって信じてたんですよね。正直手は震えて歌ってたし結果はダメだったんですけど、そういう自分に対する自信だけはずっと持ってたんです。

メジャーデビューアルバム「nanoir」 / 2012年3月14日発売 / 2400円(税込) / Victor Entertainment / VICL-63843

  • Amazon.co.jp
CD収録曲
  1. magenta [ナノ×ダルビッシュP / オリジナル曲]
  2. ヒステリ
  3. GALLOWS BELL
  4. Beautiful ground [ナノ×ゆよゆっぺ / オリジナル曲]
  5. glow
  6. 想イ出カケラ
  7. Dive In Your Eyes [ナノ×buzzG / オリジナル曲]
  8. Just Be Friends
  9. EMPTY SHEL [オリジナル曲]
  10. メランコリック [ナノfeat.neko]
  11. 第一次ジブン戦争 [ナノfeat.__(アンダーバー)]
  12. Calc. ~Piano Live Version~ [Piano:松永貴志]
ナノ

アーティスト写真

アメリカ・ニューヨーク州出身、7月12日生まれ、血液型B型というプロフィール以外は明かされていない、正体不明のバイリンガルシンガー。2010年12月29日に動画投稿サイト「ニコニコ動画」に、人気VOCALOID楽曲「モザイクロール」を自作の英語詞でアレンジし投稿。この動画がわずか3日で、サイト内ジャンルランキング1位を記録した。その後も数多くのVOCALOID楽曲の英語詞アレンジや洋楽カバー曲を投稿し、卓越した歌唱力と堪能な英語力でリスナーを魅了。2011年6月に発売されたbuzzGのアルバム「祭囃子」にゲストボーカルとして参加し、大きな注目を集めた。2012年3月に初のアルバム「nanoir」で待望のメジャーデビューを果たす。また、テレビアニメ「ファイ・ブレイン~神のパズル」第2シリーズのオープニングテーマに、新曲「Now or Never」が決定したことでも注目を集めている。