ナタリー PowerPush - lynch.

次への一歩を刻む「BALLAD」で2012年におとしまえをつける

lynch.のニューシングル「BALLAD」がリリースされた。バンドとしての新境地を提示した「LIGHTNING」に続く本作は、前作からの流れにあるメロディアスなロックナンバー。しかし歌詞に関してはメッセージ性が強かった「LIGHTNING」とは異なる作風で、より洗練された世界観が展開されている。

“lynch.史上最速かつもっともエモーショナル”と評されたアルバム「INFERIORITY COMPLEX」、歌詞と楽曲のキャッチーさにこだわった「LIGHTNING」を経て、lynch.はどこへ向かおうとしているのか。葉月(Vo)に話を聞いた。

取材・文 / 西廣智一

 
mixiチェック

中途半端なものを作ろうとしてできた曲

──葉月さんは前回のインタビューで、シングル「LIGHTNING」は歌詞のメッセージ性や楽曲のキャッチーさを意識した攻めの1枚だと説明してくれました。シングルリリース後の反響はいかがでしたか?

lynch.

「LIGHTNING」はlynch.のライブの中で重要な位置を占める曲になったんですけど、正直な話、当初想定していたような反響はなかったんです。たくさんの人に聴いてほしいと思ってああいう挑戦をしたんですけど、新しいリスナーにまでは広まらなくて。もっと続けていかなきゃダメだなと思いましたね。

──なるほど。そういう意味で言うと、今回のシングル「BALLAD」も「LIGHTNING」からの流れを汲んだ楽曲だなという気がしたんですが。

個人的には「BALLAD」はもう、好きにやらせてもらったっていう感じが強いです。2012年はまず最初に「INFERIORITY COMPLEX」という激しいアルバムを作って、そこから今度はメロディに重きを置いた曲をやっていきたいということで「LIGHTNING」ができて。で、今回は好きなことをやろうとは思ったんですけど、ただメロディに重きを置くモードのままだったので「BALLAD」はこういう方向になりました。実は「BALLAD」って、中途半端なものを作ろうとしてできた曲なんです。

──中途半端なもの?

タイトルは「BALLAD」ですけど、バラードなのかといったら違うし、じゃあアゲアゲのロックチューンなのかと言ったらそうでもない。「じゃあこれは何なの?」と言われたときに、「うーん……」って考えちゃうようなものを作りたくて。そこを最初っから狙ってました。

仮タイトルを超える言葉が浮かばなかった

──タイトルの「BALLAD」には最初本当に驚かされました。前作「LIGHTNING」からのメロウな流れがあるので、本当にスローバラードで勝負に挑んだのかと思って。

もともとは仮タイトルなんですよ、「BALLAD」って。最初にデモができたとき、仮タイトルがないと作業がやりづらいからと思ってパッと考え付いたのが「BALLAD」って言葉。それで作業を進めていくうちに正式タイトルを決めなくちゃいけないことになったんですけど、ぜんぜん決まらなくて。結局「BALLAD」という言葉を超えるタイトルが浮かばなくて、じゃあそのままでいいんじゃないのってことになったんです。

──確かにこのタイトルは歌詞の内容とリンクしたものではないですし。

葉月(Vo)

そうですね。孤独がテーマの歌詞だから、そこから広げたら「ALONE」とか「LONELINESS」とかになるんでしょうけど、それもなんか浅いし意味を限定しすぎてるよねっていう話になって。ちょうどよかったんですよ、「BALLAD」という言葉が。

──タイトルのイメージで曲を聴き始めると、確かに最初はピアノとボーカルだけでスローに始まるけど、バンドの演奏が加わるとlynch.以外の何ものでもないロックチューンで。歌詞を読み込むとタイトルとの関連性はないように思えるんだけど、中には「いろんなものが『BALLAD』という言葉に集約されているのかもしれない」と深読みする人もいるんじゃないかと思います。

そこまで深くは考えてなかったですね。だけど作ってるときに降りてくるインスピレーションって、あとあとになって深く考えると辻褄が合うことが多いんです。メロディを聴いて歌詞がパッと浮かんでくることがあるんですけど、そういうときって考えて練って作ったものよりもフィットするんですよ。不思議なんですけど。今回の「BALLAD」もそういう感じなのかな。

改めて言いたいことなんてないと実感

──歌詞について、もう少し話を聞きたいんですが。

あんまりうまく話せないんですよ。もう2本インタビューをやったんですけど、両方とも撃沈しましたから(笑)。

──でも「LIGHTNING」のときはメッセージという部分を初めて強く意識したって言ってましたよね?

「LIGHTNING」のときにも言いましたけど、僕の中には伝えたいことがぜんぜんないんですよ。「LIGHTNING」のときに「今は今しかない、明日死ぬかもしれない」っていうテーマで書きましたけど、本当それしかなくて。で、もう何もねえよと思ったんです(笑)。

玲央(G)

──あははは(笑)。

「BALLAD」を作るときに、改めて言いたいことなんてないよと実感して。そこから「LIGHTNING」のような書き方じゃなくて、それ以前の作詞方法に戻したんです。それは絵を描くように歌詞を書いて、メロディを色付けしていくような作業で。明確な意味はないかもしれないけど、聴いたら頭の中にイメージが湧くようなものにしようと。だけど、実際にやってみたらそれも違うなと気付いたんです。それで最終的には僕の中から直感で出て来た言葉1つから広げていこうかなと思って始めたら、孤独という言葉が思い浮かんだんですね。

──なるほど。

そこから自分の中にある孤独のイメージをつらつらと書いていって。最初はもっと希望がなくて、愛だのなんだの言おうが結局人は1人で生まれて1人で死ぬんだよってだけの歌だったんです。そこから僕なりの考えを歌の中で言わなきゃダメだなと思って、「それでも僕は人が好きだ。人を信じたいよ」っていう思いを付け加えました。だから「BALLAD」に関してはまず曲の色付けを優先した歌詞があって、そこに僕の意思が少しだけプラスされてる感じですかね。

lynch.(りんち)

葉月(Vo)、玲央(G)、悠介(G)、明徳(B)、晁直(Dr)の5人からなるロックバンド。2004年8月に葉月、玲央、晁直の3人にサポートベーシストの4人を加えた形で始動。2005年4月に1stアルバム「greedy dead souls」をリリースし、並行して精力的なライブ活動を行うことで、地元・名古屋で話題を集める。

2006年に悠介が加入し、年内に4枚のシングルをリリース。続いて2007年には名盤と名高いアルバム「THE AVOIDED SUN」を発表し、レコ発ツアーファイナルを東京・Shibuya O-WESTで飾る。その後もライブを行う会場の規模を徐々に拡大させ、注目を集める存在に。2010年に明徳が正式メンバーとなり、あわせてメジャーレーベルであるキングレコードへの移籍が発表された。2011年6月、前作から約2年ぶりとなるアルバム「I BELIEVE IN ME」でメジャーデビュー。2013年2月、ニューシングル「BALLAD」を発表した。