「SHADOW OF LAFFANDOR ラファンドール国物語~ある少女の光と影の追憶~」 PR

「ラファンドール国物語」特集 矢内景子×浪川大輔|音楽家と声優が挑む、今までにない新たなエンタテインメントの形

悪人にも愛する人がいて愛してくれる人もいる(矢内)

浪川 「ラファンドール」のアルバムの収録曲は、「翔」以外の曲も実にバラエティに富んでますよね。ファンタジー然としたロックやバラードだけでなく、四つ打ちのちょっとトランシーな曲とか、フォークっぽい曲もあって。

矢内 一応、自分では統一感は意識してるんですよ(笑)。とは言え、シーンごとに空気感も違うし、人の感情も揺れ動くものなので。たぶん自分の好みの曲だけを書いてたら、全部似たようなテンポとキーになっちゃうんです。でも、繰り返しになりますけど、キャラクターの感情を表すとなると、普段とは変わりますよね。自分でも「こういう曲は昔だったら絶対に書かなかったな」っていうのもあって。

浪川 例えば?

矢内 ええと、「Deep Down」とか「Trigger」、「Face」あたりですかね。

浪川 わりとメタル寄りの曲ですね。

矢内 それらはけっこうチャレンジングで。あとメタルっぽい曲は、本当はもっとパキパキに歌ったほうがそれっぽくなると思うんですよ。でも、そこであえてパキパキに歌わないのが、ヒロインのシェルシュだろうなと。

──ちょっと補足すると、シェルシュはこのアルバムの言わばメインシンガーですね。ただ、物語の中でシェルシュのお芝居をされているのは声優の福島亜美さんですが、アルバムの歌唱は別人で、現時点では非公開のあるアーティストが担当してらっしゃると。

矢内景子

矢内 そうです。「ラファンドール国物語」という世界において、シェルシュが自分の記憶を封印するという行為が、歌を歌うことなんです。それをするときは、どんなに苦しくても自分のままでいなきゃいけないし、自分の気持ちを込めなきゃいけないのが歌でもある。要するに、ある情景を表すためにそれっぽい曲を書くのではなくて、楽曲はその情景とリンクしつつ、でも歌はあくまでもシェルシュの歌でなければならないという、自分なりの課題を設定していて。あとは、無駄に間奏が長かったりとか(笑)。

浪川 無駄じゃないけどね(笑)。

矢内 例えば「SOL」という曲は、このアルバムに収録されているほかの曲のメロディが全部押し寄せてくるパートがあるんです。まあ、アレンジのアイデアはサウンドプロデューサーの近谷さん発だったりするんですけど。「ひとつだけ」という曲も、間奏だけいきなり違う雰囲気になるんですけど、それも、そこでキャラクターの感情が動いていると私たちが思ったからなんです。そういう仕掛けは、「ラファンドール」だからこそできたことだなって。

浪川 また二面性の話になるんですけど、今日矢内さんとお話しして、ブライの「翔」と同じように、ネブラエス(CV:鈴木達央)が歌う「愛しい人よ」がなんであんな曲になってるのか、よくわかりました。要は、ネブラエスってめちゃくちゃおっかない悪人じゃないですか。そんな彼が、ものすごく切なくて、美しいバラードを歌ってるっていうね。

矢内 そう! おっしゃる通りネブラエスって、どこからどう見ても悪役じゃないですか。でも、そんな彼にも愛する人がいて、また彼を愛してくれる人もいる。もっと言えば、彼が悪人になったのにも理由がある。

浪川 1人の人間の中にある“光と影”ですよね。

矢内 その二面性を、もっともわかりやすく表現できたのがネブラエスというキャラクターでもあり、彼の歌う「愛しい人よ」だと思っているんですよね。

私としてはむしろここからが始まり(矢内)

──「ラファンドール国物語」には、まだ続きがありますよね。

浪川 これだけコンセプトがしっかりしてると、ほとんどファン目線なんですけど「次は何を見せてくれるんだろう?」って、非常に楽しみですね。作品のテーマである二面性にしても、さっきのネブラエスしかり単純に「正義なのか悪なのか」で割り切れるものではないので、その微妙な、デリケートなところを演じていきたいので、その、あんまり難しいやつは……。

矢内 あはは(笑)。続編は、ブライはけっこう活躍しちゃうかも。

浪川 まあ、今のは冗談ですけど、演者としてただ楽しみにしているだけではもちろんダメなので、次に何がきてもいいように、そしてキャラクターをより輝かせるために、自分を磨いとかなきゃなと。矢内さんはこのアルバムをお客さんにどんなふうに聴いてもらいたいですか?

矢内 「ラファンドール国物語」はWeb連載という形式で1年とちょっと続けてきて、ようやくCDという1つの作品としてお届けすることができました。お待たせした分、その期待を裏切らないようなものにはなっているし、「ラファンドール」の世界を追体験したり、あるいは新しい発見があったりする要素をたくさん、たくさん込めてあるので、楽しんでいただけたらなと。あと、楽曲単体としてもすごく気合を入れて作っておりまして。機材や楽器1つ取っても細かいこだわりがあります。これは聴いてもわからないと思うんですけど、あるキャラとまた別のあるキャラは、同じ人格の光と影だからレコーディングで同じマイクを使っていたり。

浪川 そりゃ絶対わかんないわ(笑)。歌ってる声優さんだって、言われなきゃわからないですよ。

矢内 無駄なこだわりと言うか、ほとんど制作側の自己満足なんですけど(笑)。で、今回こうしてCDをリリースできて、ちょっと一段落した感があるかもしれないんですけど、私としてはむしろここからが始まりと言うか。今後、いろいろな展開も考えていて、年明けにはpixivコミックさんでコミック掲載が開始されたり、アルバムを聴いてくださったお客さんからの反応を受けて、また新しい企画ができたらと思ったりしているので、楽しみにしていてください。

左から矢内景子、浪川大輔。
「SHADOW OF LAFFANDOR ラファンドール国物語~ある少女の光と影の追憶~」
2017年12月6日発売 / Warner Music Japan
「SHADOW OF LAFFANDOR ラファンドール国物語~ある少女の光と影の追憶~」

[CD2枚組]
3240円 / WPCL-12814~5

Amazon.co.jp

DISC 1 収録曲
  1. 約束
  2. 囚われた光[リエン・マキュール(CV:花江夏樹)]
  3. ひとつだけ
  4. 満月の夜のこと[トレスタ・マキュール(CV:日岡なつみ)]
  5. 魔法の鍵
  6. 霧の世界
  7. 名もなき少年
  8. Deep Down
  9. 愛しい人よ[ネブラエス・デュガン(CV:鈴木達央)]
DISC 2 収録曲
  1. SOL
  2. walking away
  3. 僕のいない朝[アイソル・ナザド(CV:梅原裕一郎)]
  4. Trigger
  5. RISE
  6. [ブライ・アル・カーラ(CV:浪川大輔)]
  7. face
  8. four windows
  9. 大切な人

1st Album発売記念
「SPECIAL STORY LIVE」に抽選で招待!

アルバム「SHADOW OF LAFFANDOR ラファンドール国物語~ある少女の光と影の追憶~」を購入した人の中から抽選で、「SHADOW OF LAFFANDOR ラファンドール国物語 ある少女の光と影の追憶 発売記念スペシャルストーリーライブ」に招待。詳しくはアルバムに封入されている応募券を確認しよう。

「SPECIAL STORY LIVE」
2018年2月25日(日)神奈川県 PREMIERE HALL
出演者
シェルシュ / 日岡なつみ(トレスタ役) / 福島亜美(シェルシュ役) / and more

エントリー期間:
2017年12月5日(火)10:00~2018年1月31日(水)23:59

矢内景子(ヤナイケイコ)
物語を音で紡ぐ“シンガーソングテラー”。「モンスターストライク」や「白猫プロジェクト」など数々のゲーム音楽に携わる。2016年9月に始動した「音楽×RPG -音で紡ぐファンタジー作品-」をコンセプトにした音楽プロジェクト「SHADOW OF LAFFANDOR ラファンドール国物語」でストーリー原作・作詞・作曲を担当。同プロジェクトの第1弾アルバム「SHADOW OF LAFFANDOR ラファンドール国物語~ある少女の光と影の追憶~」を2017年12月にリリースした。
浪川大輔(ナミカワダイスケ)
1976年4月2日生まれ東京都出身の声優 / 歌手。幼少期から子役として活躍し、アニメの声の出演や洋画の吹き替えなどで幅広く活躍している。主な出演作に「LUPIN the Third」シリーズ(石川五ェ門役)、「ハイキュー!!」シリーズ(及川徹役)、「魔法使いの嫁」(リンデル役)など。