Drug honey PR

己龍×Drug honey|メンバーのこだわりを具現化したコラボアイテム誕生

己龍とユニセックスのファッションブランド・Drug honeyとのコラボレーションが実現。バンドがサウンドコンセプトに掲げる“和製ホラー”を具現化した九尾総柄のドルマンTシャツ&ジップアップシャツと、一色日和(B)考案のキャラクター・にゃん吉をモチーフにした「スケルトンにゃん吉ビッグシルエットパーカー」が制作された。

ドルマンTシャツはドレープの効いたシルエットが魅力のデザイン。風通しがよく動きやすく、ライブや日常使いにもぴったりだ。ジップアップシャツは襟元と袖の黒無地切替で、羽織としても着用できる。そして、にゃん吉がデザインされたパーカーは、ゆったりとした着心地が特長。いずれのアイテムも男女共に着やすいデザインとなっている。この特集では、このコラボグッズの魅力を撮り下ろし写真とメンバーコメントなどを交えて紹介する。

取材・文 / 中野明子 撮影 / 横山晶央、曽我美芽

己龍 meets Drug honey コラボグッズ企画会議レポート

企画会議の様子。 企画会議の様子。

己龍とDrug honeyスタッフの初顔合わせとなった初回の企画会議では、メンバーがDrug honeyの過去のアイテムを見ながら協議。5人は意見を出し合い、“和製ホラー”をコンセプトにしたアイテムと、一色日和考案のキャラクター・にゃん吉をデザインしたアイテムを制作することを決めた。

その後もメンバーは“ファンがライブや日常で使えるアパレルグッズ”をテーマにさまざまなアイデアを出し合い、にゃん吉のイラストを大胆にあしらったパーカーと、九尾をモチーフにした2種類のシャツを作ることに。形や色味についてもデザイナーとやり取りを重ねながら、時間をかけてサンプルが制作された。

一色日和

9月某日にはDrug honeyスタッフがアイテムのサンプルを持参し、己龍の事務所を訪問。会議が始まるや否や、メンバーは机に並べられたサンプルを確認していく。一色がピンク色の「スケルトンにゃん吉ビッグシルエットパーカー」を手に「色味は調整できますか? ちょっとアバンギャルドすぎるかも……」と口にするも、実際に着用してみると違和感がないことから、結局サンプルと同じ色味で進めることに。パーカーの紐の色味についてはメンバー間の意見を統合し、ピンクのパーカーは黒色の紐、クロのパーカーはピンク色の紐を組み合わせることに決まった。

九尾総柄のジップアップシャツとドルマンTシャツのサンプルを手に取ったメンバーは、その派手なデザインに「顔が負けるかも……」と一旦躊躇したものの、実際に着用してみると「やっぱり柄がいいね」「優しい着心地だね」「女性も着やすそう」と大絶賛。遠海准司は「秋、冬にいいかもね」、一色は「髪色と合うね」と笑った。そして、メンバー全員が「早くファンに届けたい!」とアイテムの出来栄えに太鼓判を押して企画会議は終了した。

左から黒崎眞弥、九条武政。 遠海准司 企画会議の様子。 企画会議の様子。