King Gnu「Sympa」 PR

King Gnu|誰よりも高い場所へ、4人が放つ初メジャー作

バンドをひとつ上の段階に引き上げてくれた

──先ほども話題に上がっていた「It's a small world」は、井口さんがダンスを披露しているMVも素晴らしかったです。

常田 確かに「It's a small world」はMVのイメージが強いですよね。あと、この曲は和輝がウッドベースを弾いてるってところも重要で。

新井 これは前々からライブでもアコースティックセットでやってた曲なので、もう余計な味付けはせずにウッドベースでいってみようかなと。あと、この曲はビートが打ち込みなんですよ。その無機的なビートにあえてウッドベースをぶつけてみたら、いい意味でライトな雰囲気が出せるんじゃないかなって。

──なるほど、コントラストを出したわけですね。

常田 これに関してはUAの曲のイメージだったかな。それこそ鈴木正人さんも打ち込みのトラックにウッドベースを合わせたりするじゃないですか。ああいう質感がいいなと思っていたので、俺自身もこの演奏はとても気に入ってます。

──そして10曲目の「Prayer X」は、「BANANA FISH」という作品のためにKing Gnuが初めて書き下ろしたアニメ主題歌ということで、バンドのキャリアにおいても重要な曲ですよね。

常田 「Prayer X」はホント大変でした。注文を踏まえて作った数曲の中から納期ギリギリでこの曲に決まって、そこからはアレンジもレコーディングスタジオで決めていくっていう、ものすごい急ピッチで作った曲。タイアップ曲を書くことの難しさがこれでよくわかりました。

勢喜 それでもいい曲にできたからよかったよね。

常田 アニメに寄り添いつつ、自分たちが演奏していてしっくりくる曲にできたのはよかったし、何よりもこのバンドを1つ上の段階に引き上げてくれたので、やっぱり大事な曲になりましたね。そういえば、この曲を聴いた人の中には理の声を女性だと思った人もけっこういたらしくて。

──確かに、このキーで歌える男性はなかなかいないと思います。

勢喜 しかも、ライブのときはこれよりもさらに1つキーを上げてるからね。

常田 そっちのほうが裏声を出しやすいんでしょ?

井口 そう。ライブとレコーディングではその微妙なところがまた違うんですよね。

今回のアルバムが完璧な作品だとはまったく思ってない

──いよいよアルバム収録曲の話も終盤に来ました。「Bedtown」はリズムがかなりファンキーな楽曲ですね。

常田 俺はこの曲のレコーディングが一番苦戦したかな。というのも、これもライブで何度もやってきた曲なんですけど、アルバムに合わせてテンポを思いっきり変えてみたんですよ。

勢喜 ライブでやってたときと比べて、BPMを30くらい上げたんだよね。

──そんなに速くしたんですね! そうなるとリズムセクションのアプローチもかなり変わってくるのでは?

勢喜 もう、まったく違いますね。確か、このアレンジはブレイクビーツをイメージしてたんだよね? 

新井 そうそう。この曲のベースは僕も苦戦しました。まず歪ませて弾いてみたら、なんか違うなと思ってワウで録り直してみて。そうやって出音のニュアンスを変えていくと、やっぱりフレーズとグルーヴが変わっちゃうんで、かなりそれで試行錯誤したかな。このテンポ感にはまだ慣れないんですけど、この曲はそこがまた楽しいですね。

──そして、「The hole」。このアルバムのフィナーレにふさわしい、壮大なバラードです。

常田 まさにこれはJ-POPのバラードを書こうという意識で作った曲で。ここ1、2年の間、J-POPの名曲を改めてちゃんと聴き返してたんです。

──J-POPの名曲というと、例えばどういうものを?

常田 Mr.Children、サザンオールスターズ、宇多田ヒカル、椎名林檎とかの曲ですね。正直、自分はけっこうJ-POPに疎かったんですけど、改めていろんな曲を聴いてみると、桜井(和寿)さんにしても、桑田(佳祐)さんにしても、RADWIMPSの野田(洋次郎)さんにしても、とにかく言葉の使い方がうまいんですよね。同じような事柄を扱っていても、それぞれの言い回しに個性があって、そこがホントにすごいなと。で、そういう人たちの曲を聴き込んでいく中で自分から生まれたのが「The hole」だったんです。

──実際、「The hole」はこのバンドの新たな代表曲になっていく予感がします。

常田 この曲は俺も気に入ってますね。でも、俺は今回のアルバムが完璧な作品だとはまったく思っていないんですよ。

──満足していない?

常田 まったく満足してないです。だから、これからも引き続き自分たちの曲を強固にしていく。もう、それだけですよね。まだまだこれからだと思ってます。

King Gnu One-Man Live Tour 2019 "Sympa"
  • 2019年3月3日(日)東京都 新木場STUDIO COAST
  • 2019年3月7日(木)愛知県 DIAMOND HALL
  • 2019年3月9日(土)福岡県 DRUM LOGOS
  • 2019年3月17日(日)大阪府 BIGCAT
  • 2019年3月18日(月)大阪府 BIGCAT
  • 2019年3月21日(木・祝)香川県 高松MONSTER
  • 2019年3月22日(金)広島県 広島CLUB QUATTRO
  • 2019年3月30日(土)北海道 cube garden
  • 2019年3月31日(日)北海道 cube garden
  • 2019年4月5日(金)宮城県 Rensa
  • 2019年4月12日(金)東京都 新木場STUDIO COAST