iri「Juice」 PR

iri|本人インタビュー&クリエイター証言で紐解く 濃密な仕上がりの「Juice」

聴いた人のエネルギーになるミックスジュース的な1枚に

──今作のタイトルはなぜ「Juice」なんですか?

iri

今回は、これまでも一緒に作ってきたケンモチ(ヒデフミ)さんであったり、WONKのようなバンドの人たちであったり、いろんな人たちと曲を作らせてもらって、ポップなテイストのもの、歌もの、ビートの強いダンスミュージック的なもの……いろんな音楽性がミックスされたアルバムになったなと思ったんです。あと、ジュースって活力やエネルギーという意味もあるので、聴いた人のエネルギーになる“ミックスジュース的な1枚”になればいいなと思って「Juice」と付けました。

──iriさんは、もともとは弾き語りから音楽活動を始められているんですよね。ただ、作品を経るごとに、関わるトラックメーカーやプロデューサーの数も増えてきた。これについては、ご自身ではどう思っているんですか?

最初は抵抗があったりもしたんですけど、今は、それまでの自分にないものを引き出してもらえる面白さを感じています。例えば、今回は「Dramatic Love」でWONKと曲作りをしたとき、WONK側にもしっかりとしたこだわりがあって、でも私は私で「こうしたい!」と思う部分があって、かなり話し合いました。私は1曲の中に言葉を詰め込みやすいんですよ。でもWONKは浮遊感のあるトラックを作ろうとしていて、そうなると、サビで言葉を思いっきり削らないといけなかったんですよね。それでレコーディング現場で「ここの歌詞を削って、変えられる?」って言われて。そういう経験が初めてだったので、すごく大変だったけど新鮮でした。やっぱり自分が作ったメロディだから譲れない部分もあるんですけど、結果としてはお気に入りの曲になって。WONKとの作業はいい刺激になりましたね。

──話し合うということは、WONKサイドにも「iriさんにこういう歌を歌ってもらいたい」という明確な意志があったわけですよね。一緒に曲を作る人が、それぞれの「iriさん像」のようなものを持ってくることはウエルカムなことですか?

そうですね。単純にうれしいです。

ソングライターであることは重要

──根本的な話になるんですけど、iriさんは肩書きの面でご自身をどのように位置付けているんですか?

普通にシンガーソングライター、ですかね。

──シンガーとしてだけではなく、ご自身がソングライターとしても存在しているというのはiriさんにとって重要なことですか?

はい、そこはすごく重要ですね。すべてを他人が書いた曲を歌うのは、自分としてはちょっと違和感を感じてしまうんですよね。

──WONKのほかに、今作で初めて共作した方には「Night Dream」で共作されたLUCKY TAPESの高橋海さんがいますね。彼との曲作りはいかがでしたか?

iri

海くんは、以前からSNSで「LUCY TAPESとは別に自分でトラックを作っているんだけど、いつか一緒にやれたらいいね」というメッセージをいただいていて。その頃、ちょうど私はFkjにハマっていたんですけど、海くんも、それに近いトラックを作っていたんです。私も海くんのトラックに興味があったので、今回お願いしたんですけど……海くんとの曲作りも大変だったんですよ(笑)。

──詳しくお願いします(笑)。

Fkjっぽいトラックっていう自分の好きなトラックのイメージに、必ずしも自分の歌やメロディがハマるわけではないんだなあっていうことに気付きました。でも、スタジオで海くんと一緒に粘りに粘って、結果としていい曲になったと思います。

──同じくバンド界隈の人たちで言うと、シングル「Watashi」の初回限定盤のボーナストラックだった「your answer」のプロデュースを担当されたyahyelとはどのようにして出会ったんですか?

yahyelは出てきたときから「カッコいいな」「(サウンドが)新しいな」と思っていました。あのジェイムス・ブレイクっぽい感じの音作りとか、トラックの刺々しさに惹かれて。初めてトラックを聴いたときから、すぐに一緒に曲を作りたいと思いましたね。「your answer」は、最初に自分の中で曲のイメージがあったんです。なので、すごくシンプルなものですけどGarageBandで自分でトラックのベースを作って、仮歌を乗せてyahyelに投げたんです。だから一緒にスタジオに入ったわけではないですね。

小袋くんはいい意味で何を考えているのかわからない

──ほかにも、今作で始めてiriさんの作品にクレジットされた方には、「Corner」と「Slowly Drive」で共作されたTokyo RecordingsのOBKR(小袋成彬)さんがいらっしゃいますね。同じくTokyo Recordingsのyaffleさんは以前「Groove it」に収録された「rhythm」でも共作しています。Tokyo Recordingsとの制作はいかがでしたか?

小袋くんとyaffleくんとのレコーディングは、普通のレコーディングとは違う感じで新鮮なんです。特に小袋くんはいい意味で何を考えているのかわからない人なんですよ(笑)。

──ははは(笑)。

読めない人なんです。それにTokyo Recordingsは発想がずば抜けている。今回の「Corner」もそうですし、「rhythm」のときもそうでしたけど、音色のセレクトもほかのトラックメーカーさんにはないものを選んでくるんですよね。「Corner」では声を素材として使ったんですけど、その素材のレコーディングも面白かったです。

──では、「Keepin'」と「fruit (midnight)」をプロデュースをされたESME MORIさんと「Mellow Light」をプロデュースされたTOSHIKI HAYASHI(%C)さんはどちらもPistachio Studioのクルーですけど、彼らはiriさんにとってどのような存在ですか?

MORIくんと%Cくんでまたカラーは全然違うんですけど、MORIくんはなんでも作れちゃう人と言うか。「fruit」みたいにメロウなヒップホップっぽいトラックも作れるし、「Keepin'」みたいにダンスミュージック寄りのものも作れるし。で、%Cくんは今回、親しみやすいチルなヒップホップトラックを作ってくれて。この曲はすごく私の好きな感じなんですよね。

自分の力強さをケンモチさんには引き出してもらった

──今作では「For life」「Watashi」「ガールズトーク」をプロデュースされたケンモチヒデフミさんは、iriさんがデビューした頃からずっと一緒に曲を作られていますね。

ケンモチさんのトラックって、ビートの太いダンスミュージック的なものが多いので、最初はそこに抵抗があったんですよ。それまでもっと軽いヒップホップっぽいトラックやバンドもの、あるいはギターの弾き語りを好んでやっていたのでケンモチさんの作るトラックは自分の中ではチャレンジしたことがなかったものだったんです。なので最初は大変だったんですけど、結果として自分でも気付かなかった自分の力強さをケンモチさんに引き出してもらったなって思っています。それまでの自分になかった力強いワードやメロディが、ケンモチさんと出会ったことで出てくるようになったんですよね。

──先ほども少し名前が出ましたけど、「Telephone」で作詞作曲、プロデュースを担当された5lackさんとはどんな形でつながったんですか?

5lackさんは、私が邦楽のラップを聴き始めた頃に一番聴いていたラッパーだったので一緒に曲を作れるなんて思っていなかったんですけど、お願いしたら気に入っていただいて。さっきも言いましたけど、5lackさんの「俺は俺のやり方でやる」っていうスタンスがすごく好きなんですよね。周りにとらわれない、自分のペースでやっているところがすごくカッコいいなと思います。

──iriさんはこれまでの活動を、ご自身のペースでやってくることができたと思いますか?

そうですね……自分らしくいれている、とは思うんですけど(笑)。

──今日お話を聞いていて、iriさんは音楽を通していろんな人に出会ったり、音楽に引っ張られたりしながら、常に新しい自分自身を発見している人という印象を受けました。

まさにそうだと思います。

iri

──「Night Dream」の歌詞の中で、「自由になるために 嫌うのも手じゃないかな」というラインがありますけど、iriさんにとって「自由」とはどういう状態のことを指しますか?

自分の思ったように進んでいけること、ですね。

──今、iriさんは自由ですか?

はい、自由だと思います。

iri「Juice」
2018年2月28日発売 / Victor Entertainment
iri「Juice」初回限定盤

初回限定盤 [CD+DVD]
3996円 / VIZL-1310

Amazon.co.jp

iri「Juice」通常盤

通常盤 [CD]
3132円 / VICL-64926

Amazon.co.jp

CD収録曲
  1. Keepin'[lyrics:iri / music:iri / track produced by ESME MORI (Pistachio Studio)]
  2. Corner[lyrics:iri / music:iri、OBKR、Yaffle / produced by OBKR、Yaffle (Tokyo Recordings)]
  3. Slowly Drive[lyrics:iri / music:iri、OBKR / produced by OBKR、Yaffle (Tokyo Recordings)]
  4. For life[lyrics:iri / music:iri、ケンモチヒデフミ / track produced by ケンモチヒデフミ]
  5. Watashi[lyrics:iri / music:iri、ケンモチヒデフミ / track produced by ケンモチヒデフミ]
  6. Telephone feat. 5lack (Extended)[lyrics:5lack、iri /music:5lack、iri / produced by 5lack]
  7. Dramatic Love[lyrics:iri / music:iri、WONK / track produced by WONK]
  8. Night Dream[lyrics:iri / music:iri、Kai Takahashi / track produced by Kai Takahashi (LUCKY TAPES)]
  9. your answer[lyrics:iri / music:iri / track produced by yahyel]
  10. fruits (midnight)[lyrics:iri / music:iri / track produced by ESME MORI (Pistachio Studio)]
  11. ガールズトーク[lyrics:iri / music:iri、ケンモチヒデフミ/ track produced by ケンモチヒデフミ]
  12. Mellow Light[lyrics:iri / music:iri / track produced by Toshiki Hayashi (%C)]
初回限定盤DVD収録内容

iri One Man Live 2017

  1. 無理相反
  2. breaking dawn
  3. Wandering
  4. Never end
  5. ナイトグルーヴ
  6. 半疑じゃない
  7. Watashi
  8. blue hour
  9. Fancy City
  10. your answer
  11. 会いたいわ
  12. rhythm
  13. フェイバリット女子
  14. brother

MUSIC VIDEO

  • rhythm
  • Watashi
  • Telephone feat. 5lack
iri 1st Tour 2018
  • 2018年3月15日(木)愛知県 APOLLO BASE
    出演者iri / 向井太一
  • 2018年3月16日(金)大阪府 Shangri-La
    出演者iri / 向井太一
  • 2018年3月18日(日)宮城県 CLUB SHAFT
    出演者iri
  • 2018年3月20日(火)東京都 LIQUIDROOM
    出演者iri / DJ:Licaxxx
  • 2018年3月21日(水・祝)福岡県 DRUM Be-1
    出演者iri
iri(イリ)
iri
1994年生まれ、神奈川県逗子市在住の女性アーティスト。メジャーデビュー前からサマーソニックに出演したり、ドノヴァン・フランケンレイターの来日公演でオープニングアクトに抜擢されるなどして注目を集める。2016年8月にメジャーデビューアルバム「Groove it」を発表し、2017年3月に1stシングル「Watashi」をリリース。2018年2月に5lack、yahyel、WONK、高橋海(Lucky Tapes)、ケンモチヒデフミ(水曜日のカンパネラ)、ESME MORI(Pistachio Studio)、TOSHIKI HAYASHI(%C)、OBKR(Tokyo Recordings)、Yaffle(Tokyo Recordings)が参加したアルバム「Juice」を発表する。