林原めぐみ「with you」 PR

林原めぐみ|若者にきかせる漢方薬のような音楽

新録曲はそれぞれに思い入れたっぷり

──アルバムの内容について伺います。2枚組と大ボリュームですが、各ディスクでコンセプトはあるのでしょうか。

DISC 2がアニメの主題歌やキャラソンで、そうじゃないのがDISC 1というだけ。ただ「For フルーツバスケット for Youth」は私が関わっていないアニメだし、「冬のないカレンダー」は新録なのでDISC 1に入れました。

──新録された曲について順に伺います。まずアルバムの最初の「愛すべき明日」は岡崎さんのオリジナル曲のカバーですが、これを選んだ理由は?

この曲は、さっき言ったカーステから聞こえてきて励まされた1曲なのと、あとは私が絶対にしない言葉選びという2点で選びました。「愛してた 愛してるよ あの日も 今も」とかね。「愛してた」って過去形だったのに「愛してるよ」と現在形にして「今も愛しているんだ」と気付かされるという。私が岡崎さんに対して思うことそのままですよ。あと岡崎さんバージョンでは少し切ない雰囲気ですが、たかはしごうさんのコーラスアレンジのおかげで「愛してた」と過去形にしながらも、出会えたことを笑顔で喜ぶような曲に仕上がったと思います。

──その後、林原さんのアルバム曲や2人の出会いの曲である「冬のないカレンダー」を挟み、DISC 1の終盤でこちらも岡崎さんの「青空」がカバーされています。

林原めぐみ

今回選んだ岡崎さんの曲は、基本的に恋愛もののような特定の誰かを思い出すような曲ではなく、対象があまり限定されないものにしました。ただ軍艦島の撮影の際に青空を見上げて「ああ、やっぱり『青空』を選んで正解だったな」と強く思いました。この島を表現するのに一番しっくりくる歌だなって。島で生まれてくる新しい命もそうだし、岡崎さんが与えてくれたものや彼女の世界が続いていくという意味でも。

──その次の曲が、新録ではないですが林原さんがMEGUMI名義で作詞、作曲された「旋律」(12thアルバム「Plain」収録)です。個人的にはこの「青空」「旋律」「For フルーツバスケット for Youth」というDISC 1のクライマックスに涙腺を刺激されました。

「旋律」はね、作った当時は岡崎さんのことはあえて触れずにいて、時を経てから「実は岡崎さんのことを歌った曲だ」とカミングアウトしたという曲なんですけど。今回はもう、正面切ってここに入れていいかな、と。

──そしてDISC 1のラストを飾る「For フルーツバスケット for Youth」に続きます。

「For フルーツバスケット」の原曲は本当に素晴らしくて、アニメを知っていたらもちろん、知らなくても歌声に聴き惚れてしまうようなアレンジで、当時から多くの人に愛されている曲。でも13年経って、私が今の子たちにも岡崎さんを紹介するにあたって、より色鮮やかにしたいなと思って、「サクラサク」も担当されていた十川知司さんにアレンジをお願いしました。ただ今回のアレンジで少しテンポを速くしたら、「For フルーツバスケット」と「サクラサク」のメロディラインが少し似ていることに気付いて、十川さんと笑い合って……そんなふうに岡崎さんの曲で笑い合えるくらいに時間が経ったんだなとレコーディングで実感しました。

──ちょうどDISC 1からDISC 2を続けて聴くと、その流れですね。DISC 2の前半は「ミンキーモモ」の楽曲が多いですが、「好きより大好きミンキースマイル!」は<Grow up Version>となっています。

これはね、今回のアルバムを曲順に並べて聴いた時にDISC 2が「ミンキーモモ」色が強くなり過ぎて、「どうしたもんかなあ」とずっと考えていた。それで「どうしても『好きより大好きミンキースマイル!』だけ歌い直したいんだけど」といきなり言い出したのがマスタリングの2日前。ひさびさに思いつきでスタッフを振り回してしまいました(笑)。

──アレンジ名の通り、大人っぽいボーカルになっています。

「ミンキーモモ」は小山茉美さんが主役の1982年版と私が主役の1991年版があるんですけど、時代の流れに合わせて、微妙にコンセプトが違っていて。1991年版では「別に大人になることで夢が叶うというわけでもない」みたいなところがあるんです。今回はモモちゃんが大人に変身して「大人はしんどいこともあるけど、悪くないよ」とカクテルドレスやバニーちゃん的な格好でバンドメンバーを従えているようなイメージで歌いました。私は当時、この曲がジャズっぽいとか思わずに歌っていたんですよ。だけど改めて聴いてみたらメチャクチャカッコいい曲で、それに合わせましたね。

──「約束」も「MOMO & MEGU Version」となっています。当時のモモと現在の林原さんの掛け合いで、声優ならではの1曲ですね。

こっちはもともとやろうと思って準備していました(笑)。これも「好きより大好きミンキースマイル!」と同じく、若い人に向けて「25年も経つとこんなことができるようになるよ」という思いを込めています。

「ええだば音頭」の行方は……

──アルバムの選曲や曲順で悩んだ部分はありますか?

林原めぐみ

悩んだことは全部忘れちゃうんだよなあ……。あ、1個思い出した。「4月の雪」を2バージョン入れるかどうか問題。でも今の担当の中西(豪)くんが「僕は両方聴きたいな」と言ってきて、その「な」がかわいかったから両方入れたという(笑)。あと選曲は、とりあえず存在する曲は全部入れようと思ったんですよね。でも、なにぶんキングレコードの管理がずさんなものですから(笑)、ファンの方が絶対に詳しいはずだし何か取りこぼしていたらごめんなさい。

──その流れで伺いづらいのですが、岡崎さんの林原さんへの提供曲で収録されていない楽曲を見つけてしまいまして。

嘘っ!?

──「ええだば音頭」です。

あ、それはね、ボーナストラックとして入れるかどうか悩んだ(笑)。でもねえ「ええだば音頭」は違うかなって。劇中歌的な要素が強すぎるから。

──聴いてみて、確かにこれは「with you」には入らないよなと思いましたけど(笑)。

「ブッバブッババンバンバン」ってやつね。あと、もう1個入れるか迷ったのが「おやすみBaby」。これは1991年版「ミンキーモモ」で小森まなみさんが歌っていらっしゃる子守唄みたいな曲で。歌いたいと思っていたけど、これを入れると本当に「ミンキーモモ」のアルバムになりそうなので断念しました。

林原めぐみ「with you」
2017年5月3日発売 / KING RECORDS
林原めぐみ「with you」

[CD]
3456円 / KICS-93489~90

Amazon.co.jp

DISC 1
  1. 愛すべき明日
  2. Good Luck!
  3. はなれていても
  4. -Life-
  5. 雨の小犬
  6. あの頃
  7. 引っ越し
  8. 冬のないカレンダー
  9. 素直な気持ち
  10. 青空
  11. 旋律
  12. For フルーツバスケット for Youth
DISC 2
  1. サクラサク
  2. Lucky & Happy
  3. 夢を抱きしめて
  4. 好きより大好きミンキースマイル!<Grow up Version>
  5. 夢のソネット
  6. 約束<MOMO & MEGU Version>
  7. 4月の雪<MOMO Version>
  8. 4月の雪
  9. Bon Voyage!
  10. シンシア・愛する人[Dear つばめversion]
  11. 君さえいれば
  12. A Happy Life
  13. はじまりはここから
林原めぐみ 1st LIVE -あなたに会いに来て-

2017年6月11日(日)
東京都 中野サンプラザホール
OPEN 17:00 / START 18:30

林原めぐみ(ハヤシバラメグミ)
東京都出身の声優、アーティスト。高校卒業後、看護学校に通いながら声優養成所に入所。養成所在籍中の1986年にアニメ「めぞん一刻」で声優デビューを果たし、以来「魔神英雄伝ワタル」の忍部ヒミコ、「らんま1/2」の早乙女乱馬、「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズの綾波レイ、「スレイヤーズ」シリーズのリナ=インバース、「名探偵コナン」の灰原哀、「ポケットモンスター」シリーズのムサシなど人気作の主要キャラクターを歴任する。また1989年発表の「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争」のイメージソング「夜明けのShooting Star」が話題を集め、“声優アーティスト”の先駆け的存在に。1990年には個人名義で1stミニアルバム「PULSE」をリリースし、1990年代後半には「Give a reason」「Just be conscious」「don't be discouraged」などオリコン週間シングルランキングトップ10入りを何度も果たす。その後もコンスタントにリリースを重ね、これまでに38枚のシングル、13枚のオリジナルアルバム、3枚のベストアルバムを発表。そしてアーティストデビュー25周年を迎えた2015年6月、活動初期のキャラクターソングと「PULSE」収録曲をパッケージしたベスト盤「タイムカプセル」をリリースした。2017年5月3日、2004年に急逝した岡崎律子のトリビュートアルバム「with you」を発表。