ナタリー PowerPush - HaKU

2013年のアンセム完成 フロントマン辻村有記が舞台裏解説

昨年10月にアルバム「Simulated reality」でメジャーデビュー。オルタナティブロック、ダンスミュージック、R&Bなどをナチュラルに吸収した肉体的なバンドサウンドによって大きな注目を集めたHaKUが、メジャー1stシングル「masquerade」をリリースした。

“踊れる”“歌える”という要素をさらに強化し、圧倒的なライブパフォーマンスを想起させるタイトル曲「masquerade」、緻密なサウンドデザインが印象的な「vanitas」、そして、代表曲「光」をリアレンジした「“光”Reincarnation ver.」を収録した本作は、このバンドの新たな進化を示していると言えるだろう。メジャーデビュー後の変化と「masquerade」の制作プロセスについて、バンドの中心人物である辻村有記(Vo, G)に訊いた。

取材・文 / 森朋之

 
mixiチェック

「これで次に向かっていける」

──まずはメジャー1stアルバム「Simulated reality」の手応えについて教えてもらえますか?

「masquerade」PVのワンシーン。

アルバムをリリースした後、東名阪のワンマンツアーがあったんですけど、お客さんが変わってきたんですよね。簡潔に言うと踊る人が増えて、年齢層も広がったんじゃないかな、と。元々コール&レスポンスとかあまりやらないバンドなんですけど、こちらが意図していることに対して、お客さんが予想以上の(身体的な)動きで返してくれたのはすごく良かったと思うし、「これで次に向かっていける」というものを見つけられた気がして。ライブバンドとしてひとつ新しいものが作れたと思いますね。

──「Simulated reality」はダンスミュージックの要素をさらに強めたアルバムだったし、“対・人”という意識も反映されていて。まさに狙い通りのリアクションがあったということですね。

そうですね。アルバムを作る段階から一体感が生まれるような楽曲を入れようと思っていたし、それに対する答えはちゃんと返ってきたんじゃないかなって。ホッとしてる部分もあるし、これで間違ってないっていう確信も持てたというか。ただ一方では足りない部分も見えてきたんですよね。そこを付け足していく中で今回のシングルにたどり着いて。

──足りない部分というと……?

言い方を変えるとプラスしたい部分ですね。今までは鋭利で尖ったサウンドを突き詰めてきたんですけど、今回は重厚感だったり、下(低音)がしっかり感じられたりするサウンドに挑戦したんです。2年くらい前からトライはしてたんですが、なかなかうまくいかなかったんですよ。それから月日も経ち、年齢を重ねていくにつれて、サウンドメイキングも上達してきて。今回は「下を充実させて、上に尖ったサウンドを乗せる」ということがうまい具合にできたと思いますね。

便利なものは使ったほうがいい

──今回はスタジオで実際に音を出す前に、PCでアレンジを組み立てたそうですね。

はい。今まではスタジオで演奏したものをICレコーダーで録って、それを聴きながらサウンドを構築するってことを繰り返してたんです。完成するまでにものすごく時間がかかってたので、その手間を省くためにもDTMを使ってみよう、と。そのおかげでどんどん曲ができるようになってきたんですよ。ずっと「努力でなんとかなる」「がんばれば良いテイクが録れる!」って言いながらやってきたんですけど(笑)、便利なものは使ったほうがいいな、と。

──(笑)。新曲「masquerade」のアレンジも、ものすごく緻密ですからね。もちろん最終的には肉体的なサウンドになっていくわけですが。

「masquerade」PVのワンシーン。

うん、そこは変わらないですね。いくら緻密に作っても、実際に演奏してカッコよくなかったら意味ないんで。でもめっちゃ難しいなって思いました、最初は。DTMを使えばアレンジ的にはなんでもできるんですけど、その結果、実際に演奏したときにうまくつながらない部分も出てきて。そこはかなり大変だったんですが、ひとつひとつのパーツに向き合うことで、エディット感みたいなものが出てきたんですよね。できあがった楽曲もリミックスみたいな雰囲気なんですけど、それを“生”でやることで、もっと面白いことができるんじゃないかな、と。この前のインタビューでも「実験を続けたい」という意味のことを言ったんですけど、その成果が出てきていると思います。もうひとつは自分の声に改めて向き合うタイミングでもあったんですよね、今回。

──辻村さんの中性的なボーカルは、HaKUの大きな特徴であり武器でもありますからね。

自分の声に新しい音を着させてみたいと思ったんですよね。それが似合ったら、バンドの幅も広がるだろうし。ライブにおいても、(観客に)何かが残らないとダメだと思うんですよ。そのためにはお客さんが心から歌える、叫べる場所を提供することもバンドの魅力なのかなって。

HaKU(はく)

2007年に大阪で結成された辻村有記(Vo, G)、藤木寛茂(G)、三好春奈(B)、長谷川真也(Dr)からなるロックバンド。関西地区を中心にライブ活動を行い、辻村の独特のハイトーンボイスや、エレクトロサウンドを生音で構築するこだわりが注目を集める。2009年1月に初音源「WHITE LIGHT」を、同年11月にミニアルバム「BREATH IN THE BEAT」をリリースする。その後は着実にリリースを重ねるとともに、ライブも全国展開。2011年2月には東京と大阪で初のワンマンライブを開催する。2012年9月にマレーシアで初の海外ライブを行い、10月にアルバム「Simulated reality」でメジャーデビューを果たした。2013年1月にメジャー1stシングル「masquerade」を発表。