H△G「声 ~VOCALOID Cover Album~」 PR

H△G|岡崎発のクリエイター集団が届けたい「声」

オリジナル曲「声」に込めた思い

──アルバムの最後の曲「声」は、H△Gさんのオリジナル曲ですよね。なぜ1曲だけオリジナル曲を?

Chiho H△Gって今日まで5年くらい、本当にマイペースな活動を続けてきたんですけど、このアルバムを出して新たなステージに立てる気がするんですよね。曖昧な表現になってしまうかもしれないんですけど、ずっと変わらないH△Gでいるために、今少し変わらないといけない時期なんだって思っていて。

H△G

Shoko うん。わかるよ。

Chiho 何もかも変わらずにいるっていうのは無理な話で、H△Gは少し変わっていくんですけど、応援してくれたみんなと一緒に重ねてきた時間っていうのは変わらないものだから。そういう気持ちを持ちつつ、これから少しでも前に進んでいきたい思いがあって、この「声」というオリジナル曲を入れたんです。

Shoko このタイミングで、このカバーアルバムに新曲を入れたかったんです。さっき話に出たような蝶々Pさんとか石風呂さんとか、もともと私たちが憧れていた人たちの曲をカバーした作品だからこそ、H△Gの言葉としてオリジナル曲が必要だったんだと思います。「声」という曲は、みんなのおかげでここまで来れたから作れた曲だし、その恩返しというか、みんなへの感謝の気持ちが込められています。

憧れの蝶々Pがゲストに

──6月17日には東京・ニコファーレで今作のリリース記念イベントが行われます。ゲストとして「心拍数♯0822」を手がけた蝶々Pが出るそうですね。

Chiho そうなんです。ずっと「心拍数♯0822」をSEとして使わせてもらってきたし、今回のカバー集の限定盤には私たちのオリジナル曲「星見る頃を過ぎても」を蝶々Pさんがリミックスした音源が収録されているんですけど、実はまだ実際にお会いしたことはなくて。ずーっと憧れていた方なので今から緊張しています。

Shoko 5年にわたる片思いがついに実った感じです(笑)。

──ニコファーレはステージを取り囲むようにスクリーンが設置された会場ですから、H△Gさんのような曲も映像も作れるクリエイター集団がライブをするにはピッタリの場所だと思います。

Chiho すっごい楽しみです。H△Gのみんながやりたいことを全部詰め込んだライブにしたいです。

Shoko リリースパーティだし、地元のライブハウスではできないようなことをやってみたいですね。こういう機会だし、H△Gのメンバー全員呼びたいね。

Chiho メンバー全員で記念写真撮りたいです! H△Gにとって絶対特別な日になりますね!

ずっと寄り添っていられる存在に

──岡崎のアーティストだったりクリエイターが集まってできたH△Gがだんだん大きくなり、CDのリリースやイベントの出演が増えていると思いますが、お二人はH△Gの一員としてどういう目標を持っていますか?

Chiho うーん。目標かあ……。

H△G

Shoko もちろんたくさんの人にH△Gの音楽を聴いてほしいっていう気持ちはあるんですけど、H△Gのメンバーってあんまりギラギラした野望のようなものは持っていない気がするんですよね。私たちは進み方も大事にしているというか、H△Gのことを「いいな」って言ってくれる人に寄り添えているとすれば、ずっと寄り添っていられる関係でいたい。よく聞く「遠くに行ってしまった気がする」みたいな進み方はしたくないんですよね。ただChihoちゃんが言っていたようにH△Gはこれから少しずつ変わっていくかもしれないから、私たちの音楽を聴いてくれる人たちにどうやって寄り添いながら活動していくか、すごく考えてはいます。目標っていうのとは少し違っちゃいましたね。Chihoちゃんは何か目標ある?

Chiho 私はH△Gとして1個やってみたいことがあるんです。H△Gの曲って日本の方々だけではなくて、海外の人たちにも聴いてもらっていて。例えば私たちの歌を翻訳して聴いてくれている人たちもいるんです。いつかその人たちにもライブを観てもらえるように、足を運べる日が来たらいいなって思っています。岡崎に来てほしいって気持ちもあるんですけど、遠い場所でH△Gのことを好きって言ってくれてる人たちに会いに行きたい気持ちもあって。いろんな場所の空気をみんなで一緒に楽しめたらすごく素敵なことだなって。

H△G「声 ~VOCALOID Cover Album~」
2017年5月10日発売 / ユニバーサル・ミュージック
H△G「声 ~VOCALOID Cover Album~」限定盤

限定盤 [CD2枚組]
2916円 / D2CT-1101

H△G「声 ~VOCALOID Cover Album~」通常盤

通常盤 [CD]
2484円 / UICZ-4395

Amazon.co.jp

DISC 1
  1. 心拍数♯0822
  2. インタビュア
  3. glow
  4. 地球最後の告白を
  5. from Y to Y
  6. 少年と魔法のロボット
  7. アイロニ
  8. ハローハロー
  9. 桜ノ雨
  10. タイムマシン
  11. 星屑オーケストラ
  12. ティーンエイジ・ネクラポップ
  13. からふる日和
DISC 2(限定盤のみ)
  1. 「星見る頃を過ぎても」Remixed by 蝶々P
  2. 「カラフル」Remixed by すこっぷ
H△G「H△G『声 ~VOCALOID Cover Album~』リリースパーティ@nicofarre」

2017年6月17日(土)東京都 ニコファーレ
<出演者> H△G / 蝶々P

H△G(ハグ)
ボーカリストのChihoを中心に多数のコンポーザーやクリエイターからなるグループ。2012年に動画共有サイトで発表したオリジナル曲「星見る頃を過ぎても」は50万回再生を記録している。また「心拍数♯0822」といったVOCALOID曲のカバー動画などでも話題を集める。Miliとのコラボアルバムとして「H△G × Mili」「H△G × Mili vol.2」の2作品を発表しているほか、2016年12月にはORESAMAとのコラボアルバム「H△G × ORESAMA」をリリース。2017年5月にVocaloid曲のカバーアルバム「声 ~VOCALOID Cover Album~」を発表した。