リクルート「Follow Your Heart & Music」 PR

リクルートFYHM特集トップへ

パスピエ|バンドのオリジナリティを発信する新曲「マッカメッカ」

リクルートの新企画「Follow Your Heart & Music」特集の第2回にはパスピエが登場。彼女たちはこの企画に新曲「マッカメッカ」を提供した。「挑戦」をテーマに制作したミュージックビデオでは、書道家の桑名龍希とコラボレーションしている。

このインタビューでは4人に今回のコラボ、そして「マッカメッカ」が収められる4月4日発売のミニアルバム「ネオンと虎」について語ってもらった。

取材・文 / 中川麻梨花

同じ思いを通してつながれる

──パスピエの皆さんはリクルートにどういうイメージを持っていましたか?

大胡田なつき(Vo)

大胡田なつき(Vo) 私はまず、率直に“お仕事を紹介してくれる会社”というイメージがありました……!

三澤勝洸(G) 新しいことを始める人の背中を押してくれる会社というイメージがありましたね。今回の企画を通して、僕たちもそういった人たちに対して何かできるのはうれしいですね。

成田ハネダ(Key) 僕の中でリクルートさんと言えば、テレビCMのイメージが強くて。いつも面白くてキャッチーなものを作られていますよね。いろんなことに力を入れてクリエイトしている印象を持っていました。今回僕らにも声をかけていただいて、より相乗効果を生めるようなことができたらいいなと思っています。

露崎義邦(B) 僕は「まだ、ここにない、出会い。」というブランドメッセージにシンパシーを感じました。僕らもライブだったり音源だったり、常にいろんなところで新しい出会いを求めてやっている部分があるので。

──露崎さんがおっしゃった通り、パスピエも音楽で人とつながる感覚をとても大切にされていますよね。

成田 そこがすべてと言うか。バンドというものをやっていて、音楽を作ってライブをするということが生業なので。いろんな人を巻き込んだり楽しんだりしてもらうために、アイデアを出しながら活動しています。

大胡田 個人的な話になっちゃうんですけど、私はもともと人と接したり話したりするのが苦手だったので、音楽は自分にとって人とつながれるツールの1つだったというのはありますね。

露崎 ツアーや音源に対するリアルなリアクションを通して、人とのつながりの大切さを日々実感しています。

──今回コラボレーション企画の話が挙がったとき、率直にどう思いました?

成田 まず何か物事を起こすきっかけの音楽として、我々を選んでいただけたことがすごくうれしかったですね。じゃあそれに対して僕らは何ができるかな?と考えていきました。

三澤 時期的にも春は新しい学校に入ったり、学年が上がったり、新しいことが始まる時期ですよね。僕も学生時代に音楽を聴いて助けられた経験があるので、今度は自分が誰かを助ける側になれるのがうれしいなと思いました。

露崎 今三澤も言ったように、人生のターニングポイントにいる人がいっぱいいる時期じゃないですか。その人たちの人生の中で僕たちの音楽がちょっとでも力になるのであればうれしいです。

大胡田 私たちも思っていることは、リクルートさんと通じているんじゃないかなと。人の何かになりたい、応援したいなと思って作った曲もあるし、聴いてくれる人の中で何かのきっかけになればいいなと思って音楽をやっているので。私たちとリクルートさんは普段違うフィールドで活動していますが、そういった同じ思いを通してつながれるんだなと思いましたね。

パスピエ「パスピエ TOUR 2017 “OTONARIさんのONOMIMONO”」の様子。(Photo by Yosuke Torii) パスピエ「パスピエ TOUR 2017 “OTONARIさんのONOMIMONO”」の様子。(Photo by Yosuke Torii)

パスピエの“オリジナリティ”

──今回のコラボ企画のタイトルは「Follow Your Heart & Music」ということで、「自分の心に従え。音楽と一緒に」というメッセージが掲げられています。コラボテーマは「挑戦」。これまでサウンド面でもビジュアル面でも、常にトライし続けてきたパスピエに重なるテーマかなと。

成田 はい。去年は特にメンバーが1人脱退したこともあって留まっていられない、前に進むしかないという気持ちはありました。

──パスピエはこの企画に「マッカメッカ」という新曲を提供しています。4月4日にリリースされるミニアルバムにも入るナンバーですね。いつ頃にできた曲ですか?

成田 12月くらいだったかな。ミニアルバムの制作期間の中でも後半にできた曲ですね。

──この曲では“嘘と真”というテーマが描かれています。今成田さんが「前に進むしかない」とおっしゃいましたが、去年はメンバー脱退後も11月発表のミニアルバム「OTONARIさん」で初めて成田さんがトラックを作るなど、パスピエが新しい挑戦をしながら前に進んでいる姿が印象的でした。その1年を考えると「挑戦」というテーマに対してストレートにバンドの物語に重なるような曲がくるのかなと思っていたので、正直意外だなと。

成田 今回アルバムに向けて曲を作っていく中で「パスピエを体現する言葉ってなんだろうな」と考えたときに、これまで自分が影響を受けてきた“ニューウェイブ”“プログレッシブ”というキーワードが出てきて。今まではそういった音楽をより浸透させるためにどうやってポップなものと混ぜるか、ロックと混ぜるかということを考えていたんですけど、今はソリッドに伝えていくことも大事かなと思ったんですよね。そういった部分を、より純粋にアウトプットできたらいいなと思って作りました。

成田ハネダ(Key)

──この企画に楽曲を提供するにあたって、「マッカメッカ」を選んだのはなぜですか?

成田 まず前提として、一歩目を踏み出そうとしている人たちに向けて楽曲を届けたいという思いがあって。そうなると、パスピエのオリジナリティがより濃い曲のほうがいいなと思ったんですよ。リクルートさんと「マッカメッカ」という曲が“挑戦”というテーマ同士でストレートにバチッとリンクするよりも、曲としての取っ掛かりや「この面白みはなんだろう?」と思ってもらえるようなパスピエのオリジナリティを発信していくことが大事かなという思いはありました。

──ストレートに企画テーマを打ち出した曲ではなくとも、曲調もサウンドも先進的で、パスピエの色が濃いこの曲は結果として「Follow Your Heart & Music」というメッセージを体現していますね。ちなみに皆さんは、この曲のどういうところにパスピエのオリジナリティが表れていると思いますか?

大胡田 今回私は言葉の響きの面白さについて考えて、歌詞でけっこう韻を踏んでいるんです。曲のリズムと歌詞がハマったときの気持ちよさは自分たちらしいなと思ったので。

露崎 最初に聴いたときはメロディの印象が強いと思うんですけど、何回も聴いていくうちにその曲のいろんな側面が見えてくるのがパスピエっぽさかなと思います。