電波少女「ME」 PR

電波少女|ハシシが語る、電波少女的ラブソング

「俺、やっぱりおかしいですよね」と思いながら書いた「ME」

──それにしてもハシシさんが3曲もラブソングを書くなんて、よっぽど大きな恋愛体験だったんですね。

その子と付き合っていたのは18歳くらいのときなんですけど、今までの人生の中で一番の大恋愛だったし、それを越える恋愛はこの先もないだろうなと思っていて。トラウマになってる部分もあるし、美化されているところもありますけど、確かに大きい経験でしたね。その子とは今もたまに連絡を取ってるんですよ。自分の活動については何も言ってないんですけど、地元が一緒だし、周りからいろいろ話を聞いてるみたいで、最近は「がんばってるね」みたいなことも言ってくれますね。付き合ってるときはお互いにかなり傷付け合ってましたけど、俺がどういうヤツかもよくわかってるし、相談しやすいんですよね。未練があるわけじゃないんですけど。

──そういう女性との恋愛が壊れてしまったときって、「自分のどこが悪かったんだろう」って考えません?

ハシシ

そういう考えに至らなかったんです。とにかく自分が正しくて、相手が悪いとしか思わなかったので。ほかの人の恋愛だったら「それはお前が悪い」って客観的に言えるんですけど、自分のことになるとぜんぜんダメで。「ME」の歌詞を書いてるときも「俺、おかしいな、どうかしてたな」って思いましたね。

──約10年経って、当時の恋愛をようやく客観視できるようになったのかも。

そうですね。曲の中で「おかしいですよね」とか「どうかしてた」とは歌ってないけど、そういう立ち位置で書いているというか。そこはこれまでの恋愛ソングとは違いますね。まあ、相変わらずキレイな言葉は使ってなくて、どこかいびつなんですけど。曲自体も気に入ってます。最初はもっとBPMが遅かったんですけど、疾走感を出したくて、20くらい上げて。わりとラップもできたし、電波少女らしい曲になったかなと。ひさしぶりに納得してます。

──すごくポップな仕上がりですよね。ピアノの旋律、シンセのアレンジも素晴らしいし。

トラックは地元が同じトラックメーカーのDYES IWASAKIに作ってもらっていて。ぼくのりりっくのぼうよみの「SKY's the limit」のトラックを作ってる人なんですけど、「ME」を作ろうと思ったときに、真っ先に思い浮かんだのがそいつなんです。ヒップホップのトラックメーカー出身で、そのあとポップスに移行したヤツで、音楽に対してめちゃくちゃマジメで、勉強熱心なんですよ。すごくキレイなメロディを書くし、「こういうの、好きやろ?」ってこっちの好みに合わせてくれるんです。いつか一緒にやりたいと思ってたので、このタイミングで実現したのはよかったですね。

山岸聖太監督が手がけるショートムービー

──8月から9月にかけて、ショートムービーの上映会とライブを兼ねた全国ライブハウスツアーが行われます。山岸聖太監督が手がけるショートムービーはハシシさん自身の経験が基になっているそうですが、どんな映像作品になりそうですか?

ハシシ

そうですね……観た人に絶望してもらえると思います(笑)。インパクトのある絶望ではなくて、何気ない絶望がじわじわ蓄積されるような。

──観終ったときにスッキリするような映画ではない、と。

スッキリはしないでしょうね。「ライブ、楽しかった!」というテンションでこの映画を観たら、どんな空気になるか楽しみですね(笑)。

──ストーリーはハシシさんの実体験が基になっているそうですね。

はい。ある時期に起こった出来事とか、どういう活動をしていたか、自分はどういう人間かを山岸監督にざっくり話して、それをフィクションにしてもらって。最初の脚本を読ませてもらったら、自分の体験にかなり近かったんですよ。まあ、冴えないバンドマンの話です。夢が叶うみたいな話だったら、ウソになると思うんですよ。自分たちは何かを成し遂げたわけではないし、監督さんにも「ハッピーエンドにはしないでください」ってお願いして。観てくれた人が自分と重ねてもいいし、反面教師にしてもらってもいい。あとは自分で考えてほしいですね。自由に暗い気持ちになってほしいというか(笑)、特に何かを伝えたいわけではないので。

電波少女「ME」
2017年6月12日発売 / アリオラジャパン
電波少女「ME」
収録曲
  1. ME
電波少女ワンマンライブ「EST.」
  • 2017年6月18日(日)東京都 WWW X
電波少女 ショートムービー上映&全国ライブツアー「デリヘル」
  • 2017年8月5日(土)北海道 Spiritual Lounge
  • 2017年8月6日(日)宮城県 SENDAI BIRDLAND
  • 2017年8月11日(祝・金)大阪府 北堀江club vijon
  • 2017年8月12日(土)広島県 HIROSHIMA BACK BEAT
  • 2017年8月13日(日)愛知県 CLUB 3Star IMAIKE
  • 2017年8月20日(日)東京都 KOENJI HIGH(入れ替え制の2回公演)
  • 2017年9月1日(金)香川県 sound space RIZIN'
  • 2017年9月2日(土)福岡県 graf
  • 2017年9月3日(日)宮崎県 floor R
電波少女(デンパガール)
電波少女
2009年に複数のMCおよびトラックメーカーで結成されたユニット。幾度かのメンバーチェンジを経て、現在はラップ担当のハシシとDJ&パフォーマンス担当のnicecreamという2人で活動している。2013年7月に1stアルバム「BIOS」を、2015年7月に全曲フィーチャリングゲストを迎えた2ndアルバム「WHO」を発表した。12月にリリースしたiTunes Store限定シングル「COMPLEX REMIX feat. Jinmenusagi, NIHA-C」がiTunes Storeのヒップホップ / ラップのシングルチャートで1位を獲得する。2016年5月に7曲入りCD「パラノイア」をリリースし、11月よりヒッチハイク企画「“電波少女的ヒッチハイクの旅”47都道府県ストリートライブTOUR」を実施。2017年1月にヒッチハイクの旅を完遂し、夏にメジャーデビューを果たすことが決定した。メジャーデビューに先駆け6月より3カ月連続で配信シングルをリリースする。