音楽ナタリー Power Push - DEAD POP FESTiVAL 2015

MAH(SiM)×綾小路 翔(氣志團)対談

目指すは“血の通った”フェス

7月11、12日に神奈川・東扇島東公園 特設会場にてSiM主催のライブイベント「DEAD POP FESTiVAL 2015」が実施される。

「壁を壊す」をテーマにSiMが2010年にスタートさせた「DEAD POP FESTiVAL」。バンドの人気とともに、年々規模と動員人数を拡大していった。そして今年は初の野外での2DAYS開催となる。音楽ナタリーではこのイベントの開催を記念してSiMのMAH(Vo)、そして「DEAD POP FESTiVAL」初登場となる氣志團の綾小路 翔(Dragon Voice)による対談を企画。「DEAD POP FESTiVAL」「氣志團万博」という互いの自主企画イベントに今年初登場する同士で、理想のフェス像やライブ観などじっくりと語ってもらった。

取材・文 / 小林千絵 撮影 / 半田安政(showcase)

 
mixiチェック

“テレビの中の人”と“若くてすごい人”

──お2人はきちんとお話しするのは今日が初めてということですが、これまでお互いのバンドにどういう印象を抱いていましたか?

左から、MAH(SiM)、綾小路 翔(氣志團)。

綾小路 翔(氣志團) 共通の知り合いに「SiMっていうバンドがすごいよ」って教えてもらって、いくつか作品をチェックさせてもらったんですけど、若い人たちがどんどんすごいことになってきて、また僕の居場所がなくなるなっていう心の狭いことを思いました(笑)。

MAH(SiM) いやいやいや!(笑) 自分が高校生のときに氣志團の「One Night Carnival」が出て、みんなカラオケで歌っていたりして、僕にとって氣志團はもうテレビの中の人たちっていうイメージですね。音楽番組だけじゃなくて、バラエティ番組とかにもガンガン出ていらっしゃったんで。数年前からフェスでご一緒するようになって「あ、本物だ」みたいな。共通の知り合いが翔さんとよく飲んでるらしく「今度MAHも一緒に飲もうよ」って言ってくれてるんですけど、タイミングが合わずで今日に至ります。

綾小路 ようやくですよね。僕、意外とアルコールがないとうまくしゃべれないタイプなので、今日は緊張してやってきました(笑)。

──今年はSiM主催の「DEAD POP FESTiVAL 2015」に氣志團が、氣志團主催の氣志團万博2015」にSiMがそれぞれ初出演します。どちらが先に誘ったんですか?

MAH(SiM)

MAH たぶん僕らが先ですけど、ほとんど同じでしたよね。OKの返事をいただいたくらいに、お誘いいただいて。

綾小路 「やったー! じゃあこっちも……」っていう感じでしたね。

MAH こっちも2つ返事でした。「DEAD POP FESTiVAL」は同世代のバンドを中心に集めて始めたイベントだったので、今回もそのあたりから決めていったんですけど、実際対バンしたことないけど僕らが中高生くらいからずっとバンドやってる先輩を呼びたいなっていう気持ちがすごくあって。で、今年のメンツの中でモンパチ(MONGOL800)と氣志團だけ、今まで対バンしたことがなかったバンドなんです。

綾小路 そうだったんだね。

MAH フェスとかでだんだん近付いていけてるかなって思って、ダメもとで誘ってみたら、どちらもOKいただいて。マジか!って感じでした。

綾小路 にしてもすごいメンツですよねえ、ホントに。

MAH いや、万博の方が……。まさか和田アキ子さんと同じフェスに出るとは。聖飢魔IIもヤバいなあ。

綾小路 カオスすぎて毎年バックヤードはすごく楽しいですよ。本来ならば会うはずがなかったアーティスト同士が交流している姿を見てほっこりしています。そう言えば去年かな? スカパラ(東京スカパラダイスオーケストラ)の谷中(敦 / Baritone Sax)さんに「翔……娘がももクロのファンなんだけど写真頼んでもいいかなあ……?」って相談され、人生初のアイドルとの記念撮影に立ち会ったり(笑)。

俺ら世代で何かムーブメントを

──そもそも「DEAD POP FESTiVAL」はどういう経緯で始まったイベントなんですか?

「DEAD POP FESTiVAL 2012」の様子。

MAH 2010年から年1でやってて、今年で6回目です。僕らが売れてないときから、同世代のHEY-SMITHとcoldrainっていうバンドと仲よかったんですけど、ジャンルもちょっとずつ違うから対バンしても当時全然お客さんが入らなくて。で「どうしようか……でも対バンしないことには始まらないし。俺ら世代で何かムーブメントみたいなものが作れたらいいよなあ」っていうところから企画を始めて。最初はキャパ300~400くらいの東京・clubasiaも埋まらなかったんですけど、だんだん年を追うごとに大きくなっていって、やっとここまで来れたっていう感じです。僕らの上には、ハイスタ(Hi-STANDARD)を中心とした“AIR JAM世代”っていうのがあるので、そことは違うムーブメントを起こしたいなと。

──本当に年々規模が大きくなってますよね。

MAH そうですね。clubasia、LIQUIDROOM、TSUTAYA O-EAST、新木場STUDIO COASTと来て、今回なので。

──しかも2年目以降はすべてソールドアウトしてます。

綾小路 おお、すごい。SiMとcoldrainとHEY-SMITHが300~400人埋められなかったっていうのが今じゃ考えられないことで。この5年ですごいなあ。歴史があるから、イベントに付いてるファンもいるわけでしょ。

──ずっとライブハウスだったのを野外にしたのは?

MAH 10-FEET主催の「京都大作戦」に影響を受けた部分が大きくて。僕らは「牛若ノ舞台」っていうサブステージからメインステージの「源氏ノ舞台」まで行ったんで、現実も見させてもらったし、夢も見させてもらったんですよね。そういうフェスが関東にもあればいいなって思っていて。

DEAD POP FESTiVAL 2015
2015年7月11日(土)神奈川県 東扇島東公園 特設会場
<出演者>
CAVE STAGESiM / キュウソネコカミ / クリープハイプ / MIGHTY CROWN / 氣志團 / MONGOL800 / 10-FEET
CHAOS STAGEjealkb / ギルガメッシュ / MINOR LEAGUE / Crystal Lake / NOISEMAKER / G-FREAK FACTORY
2015年7月12日(日)神奈川県 東扇島東公園 特設会場
<出演者>
CAVE STAGESiM / サンボマスター / HEY-SMITH / MAN WITH A MISSION / FIRE BALL / coldrain / BRAHMAN
CHAOS STAGEWANIMA / Dizzy Sunfist / NUBO / THE ORAL CIGARETTES / SHANK / STOMPIN' BIRD
氣志團万博2015
2015年9月19日(土)千葉県 袖ケ浦海浜公園
OPEN 9:00 / START 10:30 / END 20:40(予定)
<出演者>
DISH//(WELCOME ACT)/ 森友嵐士(T-BOLAN、morioni)(OPENING MATCH) / 森山直太朗(OPENING CEREMONY ACT) / GACKT presents 神威♂楽園 / キュウソネコカミ / グループ魂 / 郷ひろみ / ゴールデンボンバー / 仙台貨物 / でんぱ組.inc / モーニング娘。OG / ROLLY & HEESEY special guest:吉井和哉 / 氣志團 / チームしゃちほこ / 団長(NoGoD) / and more
2015年9月20日(日)千葉県 袖ケ浦海浜公園
OPEN 9:00 / START 10:30 / END 20:40(予定)
<出演者>
華原朋美(WELCOME ACT)/ LiSA(OPENING MATCH) / ミッツ・マングローブ&徳光和夫(OPENING CEREMONY ACT) / 筋肉少女帯 / SiM / 私立恵比寿中学 / SPYAIR / 聖飢魔II / 10-FEET / 東京スカパラダイスオーケストラ / 怒髪天 / ももいろクローバーZ / 和田アキ子 / 氣志團 / DJダイノジ / DJ Pepper