音楽ナタリー Power Push - コアラモード.

これまでとこれからを詰め込んだ1stアルバム

コアラモード.が1stアルバム「COALAMODE.」を2月8日にリリースする。

メジャーデビューから丸2年を経て届けられる本作には、テレビアニメ「四月は君の嘘」第2クールのオープニングテーマとなったデビュー曲「七色シンフォニー」やNHK「みんなのうた」で放送された「ママのママのママのママ」をはじめ、カラフルな全15曲が収録されている。コアラモード.の“これまで”と“ここから”を詰め込んだという集大成的な1枚はどんな思いで作り上げられたのか。ボーカルのあんにゅとサウンドクリエイターの小幡康裕の2人に話を聞いた。

また特集の後半では、彼らと親交のあるアーティストからの応援メッセージも掲載している。

取材・文 / もりひでゆき 撮影 / 塚原孝顕

  • 140

    51

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コアラモード.インタビュー

メジャーデビューからの濃厚すぎる2年間

──メジャーデビュー以降、コアラモード.はじっくりと着実に歩みを進めてきた印象があります。この2年間を振り返っていかがですか?

コアラモード.

あんにゅ あっという間だったとも思うし、長かったとも思うし、とにかく濃厚すぎる2年間でした。デビュー当時は右も左もわからずに……と言うよりも右と左がわからないみたいな感じで(笑)。インタビューでも緊張で息が止まりそうになっていたし、いろんなことがいっぱいいっぱいだったなって思います。でも、その中で支えてくださる皆さんに感謝しながら、自分たちのやりたいことを模索してしっかりやってこれたなっていう実感はありますね。

小幡康裕 自分たちがいいと思う音楽を作るという大前提は変わらないですけど、たくさんライブをやらせていただくようになったことで、応援してくれるお客さんたちをビックリさせてあげられるような曲を書いていきたい気持ちがより強くなったところがあるんですよね。曲を届ける相手の顔が明確になってきたことがこの2年間での大きな変化かもしれないです。

あんにゅ そうだね。ライブに集まってくださる方々の顔を見てると、「あ、自分たちはこの人たちのために曲を書いてるんだな」っていうことがすごくよくわかるというか。だからこそ、「この人たちに毎日笑顔でいてもらうためにはどうしたらいいかな」っていう考え方をするように変化してきたんですよね。

──そのことによって生まれる曲の内容も変わりました?

あんにゅ 詞がとても前向きになったり、応援歌が増えてきてるのを感じます。デビュー前はとことん暗い曲を作ることもけっこうありましたからね(笑)。“生きていると大変なことがあるけど、それを乗り越えてがんばっていこう”みたいなメッセージをより強く意識するようになったのはメジャーデビュー以降だと思います。

小幡 今でも暗い曲はもちろんあるんですけど、聴き終わったあとになんらかの救いがあってほしい、肩の荷がスッと下りて気持ちがラクになってほしいっていう願いを込めてすべての曲を作るようになりました。

ファンの皆さんは親のようなまなざしで

──だからこそコアラモード.の楽曲は幅広い層に受け入れられているんでしょうね。

あんにゅ ライブをすると本当に幅広い方々に聴いていただけてるなって自分たちでも感じます。赤ちゃんからお年寄りまで応援してくださっているので。

小幡 で、そういった皆さんがすごく温かいまなざしで見てくれているんですよ。まるで親のような(笑)。

あんにゅ ファンの皆さんからあふれ出る母性にすごく助けられているところがあるので(笑)、それに応えていきたい気持ちも強まってますね。最近のライブでは少しずつ余計な力が抜けてきたところもあって。冗談も言えるようになりました(笑)。

小幡 僕もMCでしゃべるようになりました。そこも2年間で変わったところですかね。

あんにゅ

あんにゅ 私は基本的にボケ担当というか、もともとボケてるタイプなんですよ。で、今まではそういう部分がライブで出たときに放置されたんですけど、今は小幡さんがちゃんとキレよくツッコんでくれるようになって(笑)。そのことでより愉快な雰囲気でライブができるようにはなりましたね。

──2人の関係性もよりよいものになってきたってことですね。

あんにゅ そうですね。一緒に移動することも多いので、この2年間でちょっとは仲良くなれたかな? 「ちょっとは」って言うとアレですけど(笑)。

小幡 いろんなことにいっぱいいっぱいだったデビュー当時に比べると、関係性がほぐれてきた気はしますね。制作において意見がぶつかることは今でももちろんありますけど。

あんにゅ ぶつかりますねえ(笑)。振り返ればインディーズの最初のシングルからそうでしたから。かなりピリピリした空気の中、歌ってましたね。あははは(笑)。

小幡 あんにゅがブースに入っているときにトークバックでいろいろ語り掛けても返事がまったくないんですよ。「あー、これはよっぽど怒ってるんだな」みたいな(笑)。

あんにゅ いや、怒ってたわけではなくて、納得する歌が歌えない葛藤でそういう空気になってしまって……まあでも最近は2人のバランスがうまく取れるようになってきたところはあると思います。同時に、譲らないところは譲らないライバルのような関係でもあるんですけど(笑)。

──なれ合いの関係ではないのはいいことだと思いますけどね。

小幡 そうですね。制作でぶつかることに関しても、お互いがいい曲にしたいと思ってのことですから。なので、これからも今のまま、それぞれの意見をしっかり交換しながら妥協なくやっていくのがいいのかなとは思ってます。

コアラモード.はプリンアラモードのよう

──メジャーデビューから2年を経て完成した初めてのフルアルバム「COALAMODE.」は、コアラモード.らしいカラフルな作品になっていますね。

小幡康裕

小幡 メジャーでの2年間の集大成としてこれまでの僕らのカラーをしっかり見せつつ、同時に“これから”も感じてもらえるような、新たな側面も見える内容になったと思います。

あんにゅ もっともっと入れたい曲はあったんですけど、その中から厳選した15曲を収録しました。今まで応援してくれていた人はもちろん、初めてコアラモード.に触れる方にもきっと楽しんでもらえる1枚になってますね。

──良質なポップスを提示してきたこれまでのコアラモード.にはどこか優等生的なイメージがあったんですけど、このアルバムを聴くとそれだけのユニットではないことが伝わってきたんですよね。思い切り遊んだ曲も入ってますし、すごく面白かったです。

あんにゅ お! ありがとうございます! 今の私たちにはさわやかでポップっていうイメージがあると思うんですけど、個人的には、プリンアラモードのようにいろんなものが盛りだくさんに詰まっているのがコアラモード.の売りなんじゃないかなと思っていて。

小幡 だから僕らとしてもそろそろ遊び心を出していきたい思いがあったんですよね。今回はアルバムの中にそういった役割の曲を入れる枠を最初から用意しておいて、新たに作ったりしたんですよ。

あんにゅ ストックはメジャーデビューの段階で300曲くらいあって、今はさらに増えてるんですけど、今回はそこから選ぶだけにはしなかったんですよね。

小幡 うん。「充電器」とか「ダンデライオン」なんかはストック曲でしたけど、「みんなのバス」や「損得感情」はアルバム用に新しく作ったものです。

ニューアルバム「COALAMODE.」 / 2017年2月8日発売 / アリオラジャパン
初回限定盤 [CD+Blu-ray] / 5000円 / BVCL-772~3
通常盤 [CD] / 3000円 / BVCL-774
CD収録曲
  1. ダンデライオン
  2. 七色シンフォニー
  3. 豆の木
  4. みんなのバス
  5. 拝啓、5年後の私
  6. メモリーズ
  7. ママのママのママのママ
  8. Dan Dan Dan
  9. 碧空の下 ~flower of youth~
  10. 損得感情
  11. さくらぼっち
  12. 充電器
  13. 雨のち晴れのちスマ
初回限定盤Blu-ray収録内容
  • メモリーズ(Music Video)
  • 七色シンフォニー(Music Video)
  • Dan Dan Dan(Music Video)
  • さくらぼっち(Music Video)
  • ありがとう、そしてさよなら(リリックビデオ)
  • 雨のち晴れのちスマイリー(Music Video)
  • ママのママのママのママ(NHK「みんなのうた」)
  • 未来(Music Video)
  • Music Video おまけ

コアラモード.「THIS IS COALAMODE.!!2017 ~春らんらんツアー~」

2017年3月25日(土)
神奈川県 横浜BAYSIS
2017年4月1日(土)
宮城県 enn 3rd
2017年4月2日(日)
福岡県 DRUM SON
2017年4月8日(土)
兵庫県 神戸VARIT.
2017年4月9日(日)
愛知県 HeartLand
2017年4月15日(土)
東京都 イイノホール
2017年4月23日(日)
大阪府 大丸心斎橋劇場
コアラモード.
コアラモード.

ボーカルのあんにゅとサウンドクリエイターの小幡康裕からなる神奈川・横浜出身の男女2人組ユニット。2013年の結成以来、横浜を拠点に精力的なライブ活動を行い徐々に注目を集める。2014年11月には自主制作の4曲入りシングル「メモリーズ」をリリース。2015年2月にフジテレビ系“ノイタミナ”アニメ「四月は君の嘘」後期オープニングテーマ「七色シンフォニー」でメジャーデビューを果たした。愛知学院大学のCMソング「拝啓、5年後の私」を収めたシングル「さくらぼっち」や、tvk「saku saku」のエンディングテーマとしてオンエアされていた「雨のち晴れのちスマイリー」などを発表。「ママのママのママのママ」がNHKみんなのうた2016年12月~2017年1月に決定した。2017年2月にこれらの楽曲を収めた1stアルバム「COALAOMODE.」をリリース。なお小幡は中孝介のサウンドプロデュースや、カサリンチュのアレンジも手がけている。