BAND-MAID「Daydreaming / Choose me」 PR

BAND-MAID|初のバラードでさらなる高みへ

足が3本必要なリズム

──今作は彩姫さんの歌がぐっと前に来ることで、メロディが頭に残りやすくなっているのが一番のポイントだと感じました。コーラスも凝っているし、メロディの引き立たせ方が以前よりも巧みになっていて、これまで以上に熱心にアレンジやミックスに取り組んでいる印象です。

KANAMI 前作でもアレンジに関しては徹底的に考えたつもりなので、気付かないうちに自分たちのアレンジ力が上がってるのかなって、今そう言われて思いました。

小鳩 レコーディングの最中にコーラスのメロディを急きょ変えたりしたし、そういうのが出てるのかな。あとは、試しにいろんなコーラスを録ってみて、後から合うものをはめこんでみるっていうことをやったので、そういう部分では前回よりも凝ったコーラスになってるんだと思いますっぽ。

BAND-MAID

──ボーカルはこれまで以上に声の抜けがいいですね。

小鳩 「Daydreaming」はバラードだから歌がしっかり聞こえるようにっていう意識はあったっぽね。

彩姫 そうですね。このシングルはどれもメロがいいので、普段はベースとバスドラを前に出すのが好きなんですけど、今回はそこを抑えつつ、メロが頭に残るようにギターとボーカルを前に出してます。このミックスは前作からのこだわりで。

──前作で芽生えた意識を今回フルに反映させてみたと。

彩姫 前回は自分たちの好みに重点を置いていたんですけど、完成したアルバムを聴いたり、ほかのアーティストの作品と比べてみて、今回は自分たちの好みだけではなく、流行りも意識してみようと。なので、聴く人の耳に残りやすいように、サビの歌詞を「yeah yeah」とか「wow wow」にしてもらってます。

──それは「Play」の話ですね。この曲はメンバーそれぞれのエゴがぶつかり合ったような、複雑でカオティックな演奏が繰り広げられる一方、サビのキャッチーさでうまくバランスを取っているなと感じました。

彩姫 さっきも話したように、この曲はKANAMIがサビまでインストで作ってくれてて、最初は楽器隊3人がやりたい放題やってる感じだったんですけど、そこにメロを付けることになってから、「そこまでやらなくてもいいよ」とか「ここは演奏を抜いてもいいんじゃないかな」とか注文を付けました。

──この曲、サビ以外で同じ展開をする場所ってありますか?

AKANE ないかもしれないですね(笑)。

──ドラムに関しては1サビと2サビでフレーズが違ったりしますもんね。

AKANE(Dr)

AKANE ほかにも、2番でリムショットを入れたりするのはインストならではのアイデアだと思います。KANAMIから最初に送られてきたデモには自分では思いつかないようなフレーズもあったりしたので、それはそのまま使わせてもらいました。デモには「このリズムは物理的に叩けない!」っていうのもあったんですけど……。

KANAMI 気付かないうちに足が3本必要なリズムになってたりして(笑)。

AKANE 例えば、ハイハットが閉まってるのにツインペダルを踏まなきゃいけないようなリズムだったり(笑)。でもフレーズ的にはカッコいいし、プレイヤーとしては気付かないものだったので、うまいことアレンジして取り入れました。楽しかったし、「Play」は遊びながら録った感はありますね。

──そういう意味を込めて「Play」というタイトルを付けたのかと思いました。歌詞を読むとそうではないことがわかるんですけど。

小鳩 この曲の勢いが好きだったし、歌詞にもカオス感を出したいと思ったので英語を多めにしました。あと、サビの歌詞がデモの段階から 「yeah yeah wow wow」だったので、「このままでいいや」って。ご主人様・お嬢様にも一緒に盛り上がってほしかったので、そういう光景を想像しながら書きましたっぽ。

──今回、英語詞が増えてますよね。

小鳩 頭に残るフレーズを意識したらどんどん英語が増えていっちゃったっぽ。

──「Daydreaming」は彩姫さんとの共作になってますが。

小鳩 この曲は歌が目立つ素敵なメロディだったので、歌詞もサイちゃん(彩姫)が歌いやすいように、語尾や歌い回しでロングトーンを生かせるものがいいなと思って、サイちゃんに修正してもらいながら作っていきましたっぽ。

──でも、歌詞はいつも彩姫さんからの指示がありますよね? この曲のクレジットだけが共作になっているのはなぜですか?

小鳩 今回はいつも以上にサイちゃんからの注文と指定が多かったので共作になってますっぽ。

宇多田ヒカルさんをロックアレンジして、トロピカルハウスとEDMをちょい足し

──話は変わりますが、前回のインタビューで皆さんは「いろんな音楽を聴いて参考にしてる」という話をしていましたよね(参考:BAND-MAID「Just Bring It」インタビュー)。今回はそうやって勉強を重ねた成果が出ているのかなと思いました。

小鳩 特に「Daydreaming」はサイちゃんから今までにない注文がきて。

KANAMI(G)

KANAMI 「宇多田ヒカルさんの曲をロックアレンジした感じにしたいんだけど、そこにトロピカルハウスっぽい今どきの要素も入れてほしいんだよね」っていう要望があったので、「トロピカルハウスなんて全然聴かないわあー」と思いながらカイゴを聴いたりしました。なので、この曲は本当に時間がかかりました。

小鳩 あとは、「EDMのキラキラ感をちょっと足したい」とか(笑)。

──BAND-MAIDのメンバーの口から聞くとは思わなかったジャンルが次々と飛び出しましたが、あのキラキラ感はEDM由来だったんですね。言われてみると納得ですけど、なぜそんな発想が出てきたんですか?

彩姫 最近はどのアーティストの作品を聴いても1曲はEDMみたいな曲が入ってて、そういう曲のほうが耳に残ったり明るい気持ちになるので、自分たちにもそういう曲が欲しいなと。

──でも、ハードロックとEDMやトロピカルハウスって一見すると相容れないジャンルのように思えます。

彩姫 「これまでやったことがなかった」っていうのが一番大きいのかなって。「やってみちゃえばいいんじゃない? ダメだったらやめるし」みたいな。

──そんなアイデアを投げてこられるほうは大変ですね。

KANAMI 吸収して分析するのに丸1日かかったりします。

小鳩 あとは、サイちゃんが何を言わんとしているのか理解するのが大変なんだっぽね。

KANAMI そうそう(笑)。だからデモを提出するときはいつもドキドキします。「これで違ってたら全部やり直しか……」って。

──「違う!」みたいな?

KANAMI そうです! ひと言で終わるんで。

彩姫 「これじゃなかったな……」とか。

KANAMI そう!(笑)

──そんな様子をリズム隊の皆さんは……?

AKANE 見守ってます(笑)。

小鳩 でもサイちゃん、リズム隊のアレンジが足りないと思ったときには「足して」って言ってますっぽ。

彩姫 「簡単にしただろ……?」って。

一同 (笑)

AKANE まんまとバレるっていう(笑)。そういう注文は受けますね。

BAND-MAID
「Daydreaming / Choose me」
2017年7月19日発売 / CROWN STONES
BAND-MAID「Daydreaming / Choose me」初回限定盤

初回限定盤 [CD+DVD]
2200円 / CRCP-10376

Amazon.co.jp

BAND-MAID「Daydreaming / Choose me」通常盤

通常盤 [CD]
1200円 / CRCP-10377

Amazon.co.jp

CD収録曲
  1. Daydreaming
  2. Choose me
  3. Play
初回限定盤DVD収録内容

BAND-MAID「1st Full Album『Just Bring It』Pre-Release One-man ~新年 初お給仕はじめます~」2017.1.9 at 赤坂BLITZ

  • REAL EXISTENCE
  • Before Yesterday
  • Take me higher!!
  • the non-fiction days
  • Don't you tell ME
  • alone
  • YOLO

公演情報

BAND-MAID お給仕TOUR Autumn-Winter 2017「燃えるの?萌えないの?どっちなの!?」
  • 2017年9月24日(日)北海道 cube garden
  • 2017年9月29日(金)熊本県 熊本B.9 V2
  • 2017年10月1日(日)福岡県 DRUM LOGOS
  • 2017年10月6日(金)宮城県 darwin
  • 2017年10月8日(日)石川県 金沢EIGHT HALL
  • 2017年10月13日(金)大阪府 ユニバース
  • 2017年10月15日(日)愛知県 DIAMOND HALL
  • 2017年11月17日(金)岡山県 CRAZYMAMA KINGDOM
  • 2017年11月18日(土)広島県 広島CLUB QUATTRO
  • 2017年11月24日(金)東京都 新木場STUDIO COAST
BAND-MAID(バンドメイド)
BAND-MAID
2013年7月に秋葉原のメイド喫茶で働いていた小鳩ミク(Vo, G)を中心に、KANAMI(G)、AKANE(Dr)、MISA(B)の4人で結成されたガールズロックバンド。結成から1カ月後に彩姫(Vo)が加入し5人編成となる。メイド服を身にまとい、ライブを“お給仕”、ファンを“ご主人さま”、“お嬢さま”と呼ぶスタイルで活動している。2014年1月に1stミニアルバム「MAID IN JAPAN」をリリース。4月に東京・Shibuya Milkywayにて初のワンマンお給仕を開催する。2016年3月にアメリカ・シアトルで実施された日本文化のコンベンションイベント「SAKURA-CON」に出演し、約3000人の観客を前にパフォーマンスを行った。同年5月に3rdミニアルバム「Brand New MAID」を日本クラウンよりリリースしメジャーデビュー。6月に国内で初の全国ツアーを行い、10月からはメキシコ、イギリス、ドイツ、フランス、ポーランド、イタリア、スペイン、香港をめぐるワールドツアーを成功させた。2017年1月には初のフルアルバム「Just Bring It」を発表。7月にシングル「Daydreaming / Choose me」をリリースし、11月24日の東京・新木場STUDIO COAST公演をファイナルとするワンマンツアー「燃えるの?萌えないの?どっちなの!?」を9月から開催する。