BAND-MAID「Daydreaming / Choose me」 PR

BAND-MAID|初のバラードでさらなる高みへ

BAND-MAIDがメジャー2作目のシングル「Daydreaming / Choose me」をリリースした。「Daydreaming」はこれまでの彼女たちのイメージを覆す初のバラード曲。もう1つの表題曲「Choose me」はBAND-MAIDらしい疾走感あふれるロックチューンで、対照的な2曲でバンドの持つキャパシティの広さをアピールしている。音楽ナタリーではメンバー5人にインタビューを行い、新作についての話を中心に、バンドの現状や来るワンマンツアーへの意気込みなども語ってもらった。

取材・文 / 阿刀“DA”大志 集合写真撮影 / 後藤倫人

落ち着いて観られる時間を作るのが大事だと思うようになって

──アルバム「Just Bring It」の制作を終えた昨年の秋以降、どんな日々を送っていましたか?

KANAMI(G) バタバタしてましたね。今作の制作にもすでに取りかかっていたし、ツアーもあったので。

──でも、全国ツアーの合間にレコーディングをしていた「Just Bring It」の制作期間に比べたらまだ余裕があったんじゃないですか?

小鳩ミク(G, Vo)

小鳩ミク(G, Vo) いや、変わらなかったですっぽ! サーキットイベントとかフェスにも出演させていただいてたので、なんやかんや忙しかったですっぽ。

──フェスやイベントでBAND-MAID目当てじゃないお客さんの前で演奏する機会が増えてきていると思うんですけど、普段のお給仕(BAND-MAIDのライブ)と変えている部分はあるんですか?

小鳩 基本的にはなんにも変えてないですっぽ。ただ、初めて観るご主人様(BAND-MAIDの男性ファン)お嬢様(BAND-MAIDの女性ファン)のために、なるべくたくさんBAND-MAIDの曲を聴いてもらおうという気持ちでセットリストを組んでますっぽ。

──じゃあ、MCはなるべく削ってストイックな感じで?

小鳩 攻め攻めでやってますっぽ。自分たちのことを知らないご主人様・お嬢様ばかりの会場だと、自分たちのワンマンでは見られない光景や雰囲気を味わえるのでいい刺激になってますっぽ。

彩姫(Vo) 普段のお給仕は、重くて深めな縦ノリの曲がウケるんですけど、フェスとかだと疾走感のあるキラキラした感じの曲が刺さるみたいですね。

──そういう反応を受けて、楽曲制作にも影響が出たりしましたか?

KANAMI はい。初見の人が多いフェスでも盛り上がれそうな曲を意識して作っているところはありますね。

──では、今回の新曲はどんなテーマで制作に取り組んだんでしょうか。

KANAMI 「Daydreaming」はBAND-MAID初のバラード曲なんですけど、先生(彩姫)から「バラードが欲しい」と言われて。そして、もう1曲の「Choose me」は「“これがBAND-MAIDですよ”っていうわかりやすい曲を作ってね」って言われたので、それを基に制作を始めました。

──彩姫さんがバラードというテーマを提示したのはなぜですか?

彩姫 去年からワンマンが増えたことで、お給仕中にご主人様・お嬢様が落ち着いて観られるような時間を作るのが大事だと思うようになって。そのためにはバラードを1曲入れたほうがいいんじゃないかなと思っていたんです。そしたら今回、タイミングよくシングルを出せることになったので、「じゃあ、バラード入れちゃおうよ」と。だけどバラードだけだとBAND-MAIDらしくないし、「BAND-MAIDどうしたんだ?」って思われても困るんで(笑)、これまでよりも成長した姿を見せるという意味も込めて、BAND-MAIDらしい曲(「Choose me」)も作りました。

──そういう流れもあって両A面に?

小鳩 曲を作っていく中で「両方いいね」っていう話になってどちらを表題曲にするか決められなかったんで、「じゃあ、両A面にしちゃえばいいっぽ」って。それに、全然キャラクターが違う2曲をA面にすることで、BAND-MAIDのギャップを見せられるんじゃないかっていう話にもなったっぽ。

──僕からしたらトリプルA面でもいいぐらいですけどね。今回、僕が一番好きな曲は3曲目の「Play」です。

彩姫 「Play」はもともとインストのつもりで作ってた曲で、それをKANAMIから聴かせてもらったときに「これはちゃんと歌にしようよ」って。

小鳩 「フェスとかでご主人様・お嬢様と一緒に楽しめる曲にしたいね」って話になったので、歌詞を付けましたっぽ。

後ろノリのMISA、前ノリのAKANEとKANAMI

──ストイックな皆さんのことだから、「前作以上のことを」「前作でやってないことを」っていう意識があったんじゃないですか?

小鳩 そうですっぽね。去年初めて全国ツアーをやったり、海外のいろんな国を回って、私たちと一緒に歌ってくださったり、コール&レスポンスで楽しんでくださるご主人様・お嬢様がけっこう多いことに気付いたんですっぽ。なので、今回は3曲とも「Just Bring It」ではできなかった、“ご主人様・お嬢様も一緒に歌えるような曲”にしたいって意識した部分はありましたっぽ。

──演奏面はどうでしょう?

MISA(B)

MISA(B) 普段、私はけっこう後ろノリの演奏をするので、「Daydreaming」に関してはそういった自分らしさがしっかり出せた曲だと思います。「Play」はベースとドラムがけっこう忙しい曲なんですけど、そこでもらしさが出せたんじゃないかと。

AKANE(Dr) 逆に私は疾走感のある前ノリが得意なタイプなので、MISAのベースをすごく意識しました。今までもやってきたことなんですけど、2人でスタジオに入ってノリを詰めたり、「Daydreaming」に関しては特に綿密に合わせましたね。でも、ノリが後ろになりすぎるとボーカルが歌いづらくなってしまうので、ドシッとした重みを残しつつも、重くなりすぎないようにしっかり抑揚をつけました。

──切れのある重みと言うか、とても聴きやすい感じがしました。

AKANE リズムがベタベタしないように意識しているのと、サビでボーカルを引き立たせるためにけっこうシンプルなことをやってるので、それが聴きやすさにつながってるんだと思います。あとは、ギターソロやイントロでシンバルを多めにして激しくしたり、歌に合わせたフレーズ作りは意識しましたね。

──ギターはどうでしょう?

KANAMI 後ろノリの「Daydreaming」は私も難しかったです。AKANEと同じように私も前ノリな演奏をするタイプなんですけど、バラードだからこそMISAの後ろノリ感に合わせるように意識しました。フレーズに関しては、印象的なメロディを入れたかったので、最初はピアノで考えていたものをギターアレンジして、上モノでキラキラしたハーモニクス系の音を入れたりしてます。

──今回、3曲共ギターが細かく重ねられていますね。

KANAMI ああ、前作でもけっこう入れてるんですけど、今回も重ねてるところは多いです。もともと重ねるのが好きなんです。

次のページ »
足が3本必要なリズム

BAND-MAID
「Daydreaming / Choose me」
2017年7月19日発売 / CROWN STONES
BAND-MAID「Daydreaming / Choose me」初回限定盤

初回限定盤 [CD+DVD]
2200円 / CRCP-10376

Amazon.co.jp

BAND-MAID「Daydreaming / Choose me」通常盤

通常盤 [CD]
1200円 / CRCP-10377

Amazon.co.jp

CD収録曲
  1. Daydreaming
  2. Choose me
  3. Play
初回限定盤DVD収録内容

BAND-MAID「1st Full Album『Just Bring It』Pre-Release One-man ~新年 初お給仕はじめます~」2017.1.9 at 赤坂BLITZ

  • REAL EXISTENCE
  • Before Yesterday
  • Take me higher!!
  • the non-fiction days
  • Don't you tell ME
  • alone
  • YOLO

公演情報

BAND-MAID お給仕TOUR Autumn-Winter 2017「燃えるの?萌えないの?どっちなの!?」
  • 2017年9月24日(日)北海道 cube garden
  • 2017年9月29日(金)熊本県 熊本B.9 V2
  • 2017年10月1日(日)福岡県 DRUM LOGOS
  • 2017年10月6日(金)宮城県 darwin
  • 2017年10月8日(日)石川県 金沢EIGHT HALL
  • 2017年10月13日(金)大阪府 ユニバース
  • 2017年10月15日(日)愛知県 DIAMOND HALL
  • 2017年11月17日(金)岡山県 CRAZYMAMA KINGDOM
  • 2017年11月18日(土)広島県 広島CLUB QUATTRO
  • 2017年11月24日(金)東京都 新木場STUDIO COAST
BAND-MAID(バンドメイド)
BAND-MAID
2013年7月に秋葉原のメイド喫茶で働いていた小鳩ミク(Vo, G)を中心に、KANAMI(G)、AKANE(Dr)、MISA(B)の4人で結成されたガールズロックバンド。結成から1カ月後に彩姫(Vo)が加入し5人編成となる。メイド服を身にまとい、ライブを“お給仕”、ファンを“ご主人さま”、“お嬢さま”と呼ぶスタイルで活動している。2014年1月に1stミニアルバム「MAID IN JAPAN」をリリース。4月に東京・Shibuya Milkywayにて初のワンマンお給仕を開催する。2016年3月にアメリカ・シアトルで実施された日本文化のコンベンションイベント「SAKURA-CON」に出演し、約3000人の観客を前にパフォーマンスを行った。同年5月に3rdミニアルバム「Brand New MAID」を日本クラウンよりリリースしメジャーデビュー。6月に国内で初の全国ツアーを行い、10月からはメキシコ、イギリス、ドイツ、フランス、ポーランド、イタリア、スペイン、香港をめぐるワールドツアーを成功させた。2017年1月には初のフルアルバム「Just Bring It」を発表。7月にシングル「Daydreaming / Choose me」をリリースし、11月24日の東京・新木場STUDIO COAST公演をファイナルとするワンマンツアー「燃えるの?萌えないの?どっちなの!?」を9月から開催する。