AKB48「ジワるDAYS」 PR

AKB48|3人が語る“実力派”路線の可能性と“指原莉乃伝説”

これからAKB48を支えるのは誰か

──指原さんの偉大さは重々わかりました。指原さん不在の体制が不安になってきませんか?

岡田 あらゆる面で心配ばかりです。第一に知名度的な問題です。指原さんは今のAKB48グループの顔じゃないですか。アイドルに興味なくても、指原莉乃の名前は誰でも知っていますから。

──彼女は当たり前のように言っていますけど、運営に意見できるアイドルってなかなかいないですよ。

左から坂口渚沙、岡田奈々、矢作萌夏。

岡田 その普通じゃないことを指原さんはやってきたわけです。メンバーであると同時にプロデューサーなんです。指原さんの代わりは誰も務まりません。でも指原さんが言うには、「誰かがいなくなったら自然とほかの誰かが出てくるものなんだ」と。前田敦子さんがいたとき、指原さんはまだ若手でした。でも、自然と今みたいなポジションに落ち着いてきたって言うんです。環境が人を作るというか、必要に迫られて誰かが役割を担っていくんじゃないでしょうか。

──この3人の中だと矢作さんが一番の若手ですよね。矢作さんから見て、次世代のAKB48をリードするメンバーは誰だと思いますか?

矢作 (岡田を見つめて)それはやっぱりこの方じゃないですか? ただ、どうだろう……これからのAKB48は、みんなで支え合っていくのかもしれないです。例えば奈々さんと次期総監督のみーおん(向井地美音)さんでは持ち味が違うんです。そのほかの先輩も個性はみんな違っているし、その力が合わさればすごいパワーになると思うんですよね。

坂口 指原さんが卒業することで、心配する声もあると思いますが、私たち若手からすると、これは大きなチャンスでもあるんです。これまで注目されていなかったメンバーも飛び出すことができるかもしれないし、それは「歌唱力No.1決定戦」みたいな新しい形かもしれないです。今回、私も選抜になることができましたし、なんとかその新たなチャンスをものにしたいという気持ちはあります。

岡田 私、努力している人が好きなんです。今の若手はみんな、ものすごくがんばっているんです。努力して汗をかいたら、きちんとそれが報われる……そんなAKB48であってほしいなと私はいつも思っています。やっぱりひたむきにがんばっているのがAKB48の基本だと思うので。そして指原さんも言っていたように、とにかく明るく元気に! これからも指原さんに教わったことを忠実に守りつつ、新しいAKB48の形を作っていけたらなと思います!

左から坂口渚沙、岡田奈々、矢作萌夏。

岡田奈々、坂口渚沙、矢作萌夏の推しメンは?

岡田奈々

福岡聖菜

私の1期下にあたるAKB48 Team Bの福岡聖菜ちゃんに注目しています。すごく真面目ながんばり屋さんなんです。デビュー当時は「この子、大丈夫?」ってみんなが心配するくらい何もできなかったんですけど(笑)、今はパフォーマンスもビジュアル面も信じられないくらい成長しています。その姿勢が素晴らしいなって。

坂口渚沙

運上弘菜

HKT48 Team KIVの運上弘菜ちゃんは私にとって気になる存在です。というのも今、北海道でCMに出ているんです。同じ北海道出身として刺激を受けます。弘菜ちゃんは誰が見ても美少女で、透明感がすごくて……。「透明感がすごい」っていうだけでニュースになったこともあるくらいなんです(笑)。これからさらに前に出てくるんじゃないかと思います。

矢作萌夏

古舘葵
小見山沙空

NGT48の古舘葵ちゃんと小見山沙空ちゃん! 葵ちゃんはまだ14歳なんですけど、妹系でめちゃくちゃ甘え上手なんです。とりあえず今回は2人に絞りましたけど、NGT48の2期生全体の雰囲気が私は好きです。本当にかわいいし、フレンドリーに話しかけてくれます。とにかくNGT48の2期生は、もっともっと注目されてほしいです!

AKB48「ジワるDAYS」
2019年3月13日発売 / You,Be Cool!
AKB48「ジワるDAYS」Type A初回限定盤

Type A初回限定盤 [CD+DVD]
1646円 / KIZM-90613~4

Amazon.co.jp

AKB48「ジワるDAYS」Type A通常盤

Type A通常盤 [CD+DVD]
1646円 / KIZM-613~4

Amazon.co.jp

CD収録曲
  1. ジワるDAYS
  2. 私だってアイドル! / 指原莉乃
  3. Generation Change / AKB48カップリング選抜
  4. ジワるDAYS(off vocal ver.)
  5. 私だってアイドル!(off vocal ver.)
  6. Generation Change(off vocal ver.)
DVD収録内容
  1. 「ジワるDAYS」Music Video
  2. 「私だってアイドル!」Music Video
  3. 「Generation Change」Music Video
AKB48「ジワるDAYS」Type B初回限定盤

Type B初回限定盤 [CD+DVD]
1646円 / KIZM-90615~6

Amazon.co.jp

AKB48「ジワるDAYS」Type B通常盤

Type B通常盤 [CD+DVD]
1646円 / KIZM-615~6

Amazon.co.jp

CD収録曲
  1. ジワるDAYS
  2. 私だってアイドル! / 指原莉乃
  3. 初恋ドア / 坂道AKB
  4. ジワるDAYS(off vocal ver.)
  5. 私だってアイドル!(off vocal ver.)
  6. 初恋ドア(off vocal ver.)
DVD収録内容
  1. 「ジワるDAYS」Music Video
  2. 「私だってアイドル!」Music Video
  3. 「初恋ドア」Music Video
AKB48「ジワるDAYS」Type C初回限定盤

Type C初回限定盤 [CD+DVD]
1646円 / KIZM-90617~8

Amazon.co.jp

AKB48「ジワるDAYS」Type C通常盤

Type C通常盤 [CD+DVD]
1646円 / KIZM-617~8

Amazon.co.jp

CD収録曲
  1. ジワるDAYS
  2. 私だってアイドル! / 指原莉乃
  3. 必然性 / IZ4648
  4. ジワるDAYS(off vocal ver.)
  5. 私だってアイドル!(off vocal ver.)
  6. 必然性(off vocal ver.)
DVD収録内容
  1. 「ジワるDAYS」Music Video
  2. 「私だってアイドル!」Music Video

※IZ4648「必然性」のMVは未収録。

「ジワるDAYS」

岡田奈々 / 岡部麟 / 荻野由佳 / 小栗有以 / 柏木由紀 / 坂口渚沙 / 指原莉乃 / 下尾みう / 白間美瑠 / 菅原茉椰 / 須田亜香里 / 高橋朱里 / 瀧野由美子 / 田中美久 / 中井りか / 松井珠理奈 / 松岡はな / 向井地美音 / 矢作萌夏 / 山内瑞葵 / 横山由依 / 吉田朱里

※センターは指原莉乃。

「私だってアイドル!」

指原莉乃

「Generation Change」AKB48カップリング選抜

浅井七海 / 太田奈緒 / 大西桃香 / 小田えりな / 加藤玲奈 / 行天優莉奈 / 久保怜音 / 倉野尾成美 / 込山榛香 / 佐藤栞 / 鈴木くるみ / 田口愛佳 / 谷川聖 / 谷口めぐ / 西川怜 / 前田彩佳 / 武藤十夢 / 村山彩希 / 山田菜々美 / 横山結衣

※センターは西川怜。

「初恋ドア」坂道AKB

梅澤美波 / 梅山恋和 / 大園桃子 / 岡部麟 / 小栗有以 / 加藤史帆 / 久保史緒里 / 小池美波 / 小坂菜緒 / 小林由依 / 齊藤京子 / 坂口渚沙 / 佐々木美玲 / 下尾みう / 菅井友香 / 鈴本美愉 / 瀧野由美子 / 田中美久 / 土生瑞穂 / 福岡聖菜 / 矢作萌夏 / 山内瑞葵 / 山下美月 / 与田祐希 / 渡邉美穂

※センターは山下美月。

「必然性」IZ4648

梅澤美波 / 岡田奈々 / 小栗有以 / 柏木由紀 / クォン・ウンビ / 小池美波 / 小林由依 / 齋藤飛鳥 / 指原莉乃 / 白石麻衣 / 菅井友香 / 須田亜香里 / チャン・ウォニョン / チョ・ユリ / 長濱ねる / 西野七瀬 / 土生瑞穂 / 堀未央奈 / 本田仁美 / 宮脇咲良 / 矢吹奈子 / 山下美月 / 横山由依 / 渡邉理佐

※チャン・ウォニョンと宮脇咲良のダブルセンター。

「屋上から叫ぶ」Sucheese(すちーず)

石田千穂 / 梅山恋和 / 小熊倫実 / 久保怜音 / 末永桜花 / 矢作萌夏 / 渡部愛加里

※センターは矢作萌夏。

AKB48(エーケービーフォーティエイト)
AKB48
秋元康プロデュースのもと、2005年に始動したアイドルグループ。劇場に足を運べばメンバーに会える「会いに行けるアイドル」をコンセプトに、秋葉原にある専用劇場(AKB48劇場)で公演を行っている。楽曲の作詞はすべて秋元康が担当。2006年2月にシングル「桜の花びらたち」をインディーズからリリースし、オリコンウィークリーチャートでトップ10入りを果たす。同年10月にはシングル「会いたかった」でメジャーデビュー。2007年春には初の全国ツアーも開催されたほか、同年末の「NHK紅白歌合戦」に初出場を果たすなど、着実に知名度を上げていった。2011年3月に20thシングル「桜の木になろう」をリリース。以降、5月に「Everyday、カチューシャ」、8月に「フライングゲット」、10月に「風は吹いている」とミリオンセールスを連発。2011年オリコン年間シングルチャートで1位から5位をAKB48が独占する結果となり、“国民的アイドル”と呼ばれる地位を確立した。2018年6月に10回目の「選抜総選挙」となる「AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙」を開催し、松井珠理奈が1位を獲得。宮脇咲良、矢吹奈子、本田仁美の3名が日韓合同アイドルIZ*ONE専任メンバーとなり、10月末に韓国でデビュー。2019年3月に「選抜総選挙」3連覇の偉業を成し遂げた指原莉乃の卒業シングル「ジワるDAYS」をリリースする。