ag「TWS02R」×私立恵比寿中学|ジャパネット小林も推薦! 新イヤフォンブランドの魅力

日本のオーディオブランドfinalが音質を全面監修した新たなイヤフォンブランド「ag」が誕生。優れた製品を手の届きやすい価格で実現するべく生まれたこのブランドでは、現在音質にこだわったKシリーズと、手頃な価格と使いやすさが魅力のRシリーズがラインナップされている。

音楽ナタリーではagの魅力を伝えるべく、今回はRシリーズのTWS02Rを私立恵比寿中学の真山りか、小林歌穂、中山莉子に試してもらい、サウンドや使い心地についてインタビュー。さらに読者に向けて、“ジャパネット小林”に製品の魅力をプレゼンテーションしてもらった。

取材 / 臼杵成晃 文 / 鈴木身和 撮影 / 須田卓馬

ag「TWS02R」
ag「TWS02R」

ag「TWS02R」

“可愛らしい”“いとおしい”の古語である「らうたし」より命名されたRシリーズは、オーディオブランドfinal監修の高音質仕様でありながら、手頃な価格と使いやすさを求める方向けの製品。BLACK、BLUE、GREEN、RED、CREAM、MOMOの6色のカラーバリエーションが展開されている。本体およびケースはシンプルな形状に加え、指紋などの汚れが目立たないマットな粉雪塗装。ポケットに出し入れしやすい形状の充電ケースは2000mAhのバッテリーを搭載し、スマートフォンなどを充電するモバイルバッテリーとしても使用できる。なお紛失時には片耳のみでも購入可能。

通信方式:Bluetooth®️ 5.0

再生周波数帯域:20Hz~20KHz

対応コーデック:SBC、AAC

対応プロファイル:A2DP、AVRCP、HSP、HFP

連続再生時間:3時間(ケース込み最大39時間)

充電時間:2時間

付属品:充電ケース / イヤピースS・M・Lサイズ / イヤピース(final TYPE E)SS・S・Mサイズ / USB Micro-B充電用ケーブル

ag「TWS03R」

ag「TWS03R」

「TWS02R」と同シリーズでさらに小型化、軽量化されたバージョン。音質はBluetooth特有の聴き疲れしやすい音質を抑え、初めてのフルワイアレスイヤフォンにオススメの、低音から高音までバランスのいい自然なサウンドとなっている。

通信方式:Bluetooth®️ 5.0

再生周波数帯域:20Hz~20KHz

対応コーデック:SBC、AAC

対応プロファイル:A2DP, AVRCP, HSP, HFP

連続再生時間:5時間(ケース込み最大17時間)

充電時間:1.5時間

付属品:充電ケース / イヤピースS・M・Lサイズ / イヤピース(final TYPE E)SSサイズ / USB Micro-B充電用ケーブル

普段使いに一番いい

──真山さんは以前からいろいろなワイアレスイヤフォンを使いこなしていましたが、小林さんと中山さんはどうですか?

小林歌穂 私は前に1つだけ使ったことがあったんですけど、ほかの機種を知らないから比較したことがありませんでした。

中山莉子 私は最近やっとワイアレスイヤフォンを買いました。なかなかこれっていうのに出会えなくて、半年ぐらいお店に通い詰めてやっと手に入れました。りかちゃんが詳しいから聞いたり、ほかのメンバーにも何を使っているのか聞いたりして。

──使い慣れているかどうかで感想も違うかもしれませんが、今回TWS02Rを試してみて、いかがでしたか?

TWS02R

真山りか まず見た目がすごくかわいいですよね。しかも軽い。私は説明書を読まないタイプなんですけど、最初に音源との接続に少し苦戦しただけで、あとの操作は簡単。新しいと思ったのが、ワイアレスイヤフォンって左にL、右にRの状態でケースに入っているんですけど、これは逆なんですよ! 着けるときも、しまうときも持ち変えることなくそのままの向きで着脱できるんだなと思って。

全員 おおー!(拍手)

──密かにそこはポイントで、メーカー側にもそういう意図があったそうなんです。説明もなしにいきなり100点の答えが出ました。

真山 うれしい! いきなり100点の顧客になれてよかった(笑)。便利だなと思ったんですよね。それに着けた感じも軽いし、フィット感もある。音ももちろんよくて。自分たちの曲「トレンディガール」を聴いてみたんですけど、繊細な楽器の音がそれぞれ粒立っていて聴き心地がよかったです。イヤフォンってメーカーさんによってどの音が際立つとか、シャリシャリ系なのかひずみ系なのかとか、それぞれ特長が違うじゃないですか。このイヤフォンはそのあたりがフラットな印象で、聴いていて疲れない。聴いていて疲れないというのが普段使うのに一番いいなと。

──120点の答えになりました。

真山 やった!(笑)

小林 このあとに話しづらいな(笑)。確かに今話を聞いて、LもRもすんなり取り出せて使いやすいと思いましたし、耳に着けるところの……イヤピースって言うんですか? あのサイズも豊富に付属しているので、全部試して自分に合うサイズを選びました。音も自分の耳元で演奏されているような感じですごくよかったです。普段聞こえていなかった楽器の音も聞こえたりして、「こういう音も鳴ってたんだ!」と発見できて楽しかったです。

中山 私はこのイヤフォンでエビ中の「ジャンプ」という新曲を聴いてみたんですけど、今までそんなに注目して聴いていなかったストリングスの音がすごくよく聞こえて。

真山 確かに。弦がすごくキレイに聞こえるよね。

中山 発見でした。私はずっとどの楽器の音も均等に聞こえるイヤフォンを探していたんですけど、これは音のバランスがすごくいいと思います。

耳元で弾いているような音

──ほかにはどんな曲を聴きました?

左から中山莉子、小林歌穂、真山りか。

小林 私はmajikoさんが好きなので、「声」のアコースティックバージョンを聴いてみたんですけど、普段使っているイヤフォンと全然違いました。ホントにクリアで、弦を耳元で弾いているように感じる音でしたね。

真山 私はindigo la Endさんの新しいアルバム「濡れゆく私小説」を聴きました。indigo la Endさんはツインギターなんですけど、そのギターが左右に分かれている感じもちゃんと表現されていましたし、ギターが跳ねるリズミカルなところも感じられて楽しかったです。

中山 私はEDMっぽい感じが好きで、K-POPをよく聴いています。さっき歌穂ちゃんが「耳元で弦を弾いているみたい」と言ってましたけど、本当にライブ会場で聴いているような、景色が浮かぶサウンドというか。臨場感が味わえて楽しかったです。

──皆さんは普段、どのようなリスニング環境で音楽を聴いていますか?

真山 やっぱり移動中にイヤフォンで聴くことが多いかなあ。

中山 私も移動中が多いかな。

小林 移動中の電車の中とか、自宅でもイヤフォンでボーッと聴いていたりします。

──ちなみにTWS02Rはスマホ向けの機能として通話機能も搭載しています。タッチ操作で簡単に通話モードにできるのですが、イヤフォンの通話機能を使って電話をしたりしますか?

真山 私はしますけど、ここ数日電話する機会がなかった(笑)。

小林 でもきっと、相手の話し声もキレイに聞こえるということですよね。

中山 ね。あとで試してみよう!