Panasonic「ビエラES500」 PR

「花にけだもの」×Panasonic「ビエラES500」特集|杉野遥亮&甲斐翔真、ビエラのスマートテレビアプリ・dTVで“けだキュン”シーンを楽しむ

杉山美和子のマンガを原作とするドラマ「花にけだもの」全10話が、映像配信サービスdTVにて配信されている。本作は、純真無垢な高校生・熊倉久実と、見た目や発言は男らしいが好きな人の前ではかわいらしい一面を見せる“けだもの男子”たちの恋模様を描く青春ラブストーリー。中村ゆりか、杉野遥亮、松尾太陽、甲斐翔真、入山杏奈(AKB48)がキャストに名を連ねた。

映画ナタリーでは、劇中で学園一のモテ男・柿木園豹を演じた杉野、誠実で心優しい性格の日吉竜生に扮した甲斐へインタビューを実施。この春から新生活を迎える人にぴったりなPanasonicのハイビジョン液晶テレビ「ビエラ ES500」で、)本作の“けだキュン”シーンを鑑賞してもらい、その感想を聞いた。

取材・文 / 秋葉萌実 撮影 / 佐藤類
スタイリング / 奥冨直人(BOY)
ヘアメイク / 福島加奈子、小山清香

Panasonic「ビエラES500」

映像配信サービスやWeb動画、アプリ、ゲームなどを気軽に楽しめるハイビジョンテレビ。4Kビエラの画質処理技術が採用されており、映像全体の明るさが従来のハイビジョンテレビに比べてアップしている。さらに、専用アプリ「TV Remote2」をインストールすることで、スマートフォンで番組を探してテレビに映すことができる。

背面カバーには継ぎ目がなく、置く場所を問わないすっきりしたデザイン。カラーはダークシルバー、ホワイトの2種類が用意された。この春から新生活を始める人にオススメしたい1台だ。

イケメンキャラすぎて苦手な豹が、結果的には一番好きに(杉野)

──「花にけだもの」は少女マンガ原作の作品ですが、ご自身が演じたキャラクターについてはどんな第一印象を抱きましたか?

左から杉野遥亮、甲斐翔真。

甲斐翔真 僕が演じた日吉竜生は明るく元気はつらつとしたキャラクターなので、最初はちょっと苦手意識がありました。撮影に入る前の本読みでは自分なりに感情を高めて、ぶち上げてみたんですが、顔が真っ赤だったみたいです。

杉野遥亮 真っ赤だったよね!

甲斐 うん。でもそのときに自分の殻を破れたなと感じて、だいぶ気持ちが楽になりましたね。

杉野 柿木園豹はイケメンキャラすぎて正直苦手だなと思いました(笑)。自分自身との間にギャップがあったし、演じられるだろうかという不安もありました。

──豹に対する気持ちが、苦手から好きに変わったきっかけはありました?

「花にけだもの」より、中村ゆりか演じる熊倉久実(左)と、杉野遥亮演じる柿木園豹(右)。

杉野 2話、3話とエピソードを経ていくにつれて彼の人間らしい部分が見えてきて、そこがすごく魅力的に感じられました。結果的には一番好きなキャラクターになりました。

──なるほど。お二人ともご自身とは性格が異なるキャラクターに挑戦したとは思えないほど、自然な演技でした。

杉野 もし僕が竜生を演じていたら、また違っていたんじゃないかな……。

甲斐 それ、見てみたい!

杉野 たぶん想像できちゃうよ。翔真は男らしいところがあるから、竜生のようなキャラクターが映えると思います。僕が演じたらもうちょっと竜生の弱い部分が出る気がします。

甲斐 豹はカッコいいシーンが多くてうらやましかったですね。竜生にはそういうのがなかった!

杉野 観ている人にとっては、普段おちゃらけている竜生がマジになる瞬間にキュンとするんじゃないのかな?

甲斐 そうかな?

──SNSでも、竜生の真面目な瞬間にときめくという声が上がっていました。甲斐さんが豹を演じるとしたらどんなふうになると思います?

甲斐 (食い気味に)いや、できないです!

杉野 想像できない。どうなるかちょっと気になるけど。

甲斐 どうなんだろうね、豹か……。(長考して)意外と一番悩んでいるキャラクターだから難しそう。実際にやってみないとわかんないなあ。

杉野 翔真は芯が通ってるから、それを生かした豹になるんじゃないかなと思います。また違った「花けだ」ができて面白そう。

役をシャッフルしたら千隼の奪い合い!(杉野)

──この作品には、“けだキュン(けだもの男子に胸キュン)”というキーワードがありますよね。全10話のうち、お互いのイチオシ“けだキュン”シーンはありますか? ビエラES500で観てみたいと思います。

杉野 (テレビのリモコンを操作しながら)僕が好きな竜生のけだキュンシーンは、第5話の水族館の場面です。

甲斐 えっ、観るの?

「花にけだもの」より、甲斐翔真演じる日吉竜生(奥)と、入山杏奈演じる大神カンナ(手前)。

杉野 (第5話を鑑賞しつつ)ああ、やっぱりこのシーンいいな。僕は、竜生なりにおしゃれをした感じがある服装も好きなんですよ。

──なるほど。では甲斐さんはどのシーンを選びますか?

甲斐 一番けだもの感があったシーン……?

杉野 キュンとしたシーンだよ!

甲斐 あっ、けだキュンか。第1話で、豹とキューちゃん(久実)が出会った日にチューしたところかな。「俺、今キューちゃんにキスしたい」って言う場面。あれ、(久実役の中村ゆりかとの)ファーストシーンでしょ?

杉野 そうそう。

左から杉野遥亮、甲斐翔真。

甲斐 (該当のシーンを観ながら)フゥー! 初日でこれだからね。

杉野 まだ物語が始まって4分くらい(笑)。

──ちなみに、お二人にとって一番魅力的なキャラクターは誰でしょう。

杉野 (松尾太陽演じる)千隼がいいってずっと言ってたよね。

甲斐 千隼はカッコいいところしかない!

「花にけだもの」より、松尾太陽演じる和泉千隼(左)と、中村ゆりか演じる熊倉久実(右)。

杉野 もし役をシャッフルしたら、僕たちは千隼の奪い合い(笑)。あとはカンナもいい。完璧に見えて脆いところにすごくキュンとします。

甲斐 うん、せつない感じだよね。

──「ビエラES500」についてもお話を伺いたいです。専用アプリ「TV Remote2」をスマートフォンにインストールすれば、リモコンを使わなくても操作することができますが、使ってみていかがでした?

甲斐 スマホでピッてやったらパッてつくのがすごく便利ですね。リモコンが遠くにあるけどテレビをつけたいときは助かる。

杉野 ずっとリモコンを持っているような感じだもんね。

左から杉野遥亮、甲斐翔真。

甲斐 そうだね。テレビ自体も画質がキレイで肌の細部までよく見える(笑)。本体の見た目がスタイリッシュなのもいいですね。

杉野 これって持ち運べるんですか? (テレビを持ち上げて)あっ、けっこう軽い!

──色はダークシルバーとホワイトの2種類で、サイズは32型と24型があります。

杉野 どっちの色も部屋になじみそう。

甲斐 僕は汚したくないからダークシルバーかなあ。

「花にけだもの」(全10話)
dTV / FODにて配信中
2018年4月23日(月)よりフジテレビで放送開始
ストーリー

純粋無垢な女子高校生・熊倉久実が初めて好きになった相手は、学園一のプレイボーイ柿木園豹。ハンサムで優しいが人気者な豹との恋に、戸惑ってばかりの久実。そんな彼女の前に明るく誠実な日吉竜生、クールな性格の和泉千隼といったイケメンたちが次々と現れて……。

スタッフ

監督:大谷健太郎、宮脇亮
原作:杉山美和子「花にけだもの」(小学館刊)
脚本:松本美弥子
キャスト:中村ゆりか、杉野遥亮、松尾太陽、甲斐翔真、入山杏奈(AKB48)

杉野遥亮(スギノヨウスケ)
1995年9月18日生まれ、千葉県出身。2017年には出演映画「キセキ ーあの日のソビトー」「兄に愛されすぎて困ってます」「覆面系ノイズ」が公開された。公開待機作は「あのコの、トリコ。」「きらきら眼鏡」。3月30日にはファースト写真集「あくび」がリリースされる。
甲斐翔真(カイショウマ)
1997年11月14日生まれ、東京都出身。2016年から2017年にかけて放送された特撮ドラマ「仮面ライダーエグゼイド」で注目を浴びる。2017年には参加作「写真甲子園 0.5秒の夏」が公開された。