ビデオパス PR

「屍人荘の殺人」神木隆之介×中村倫也|突然の雲龍型!?奇想天外ミステリーの笑いに満ちた舞台裏

神木隆之介、浜辺美波、中村倫也が共演する「屍人荘の殺人」が、12月13日に全国公開される。

今村昌弘の人気小説を実写映画化した本作は、大学のミステリー愛好会に所属する葉村譲と自称“神紅のホームズ”の同会会長・明智恭介、女子大生探偵の剣崎比留子が、不可解な点の多いロックフェス研究会の夏合宿へ参加したことから物語が展開するミステリー。「任俠学園」の木村ひさしがメガホンを取った。

映画ナタリーでは、葉村役の神木、明智役の中村にインタビューを実施。自身が演じたキャラクターへの思いをはじめとして、比留子役を務めた浜辺の印象、撮影エピソード、お互いの“謎”について語ってもらった。

取材・文 / 秋葉萌実 撮影 / 須田卓馬

場面カットやメイキング画像が収録された【映画特別版】小説を“限定”で配信中!ボイスコメント付き!神木隆之介セレクトのPerfumeプレイリストも限定配信♪「屍人荘の殺人」auスペシャルサイトはこちら

葉村が隣にいなかったら、明智はあんな人じゃない(中村)

── “奇想天外なミステリー”という作品の性質上、公開前には話せないポイントも多いのではと思いますが……。

神木隆之介 ともくん(中村)の役は特にそうですよね。もう設定を作っちゃうのはどう?

中村倫也 そうだね。困ったら創作して、りゅう(神木)に「そんなことなかったよ!」とツッコまれるのがいいかな? きっとそんなコンビネーションが自然とできあがっちゃうよね。

神木 そういうことになると思います(笑)。

──わかりました(笑)。映画を拝見して、お二人が演じた葉村と明智は多くの人から愛されるキャラクターになるんじゃないかと感じました。

神木 うれしいです!

左から神木隆之介、中村倫也。

──それぞれ、役作りはどのようにされたのでしょうか?

中村 僕は今回監督をやらせていただいたのですが。

神木 えっ、木村ひさし監督は? ひさしはどこへ行った?

中村 りゅうはどうですか?

神木 いきなり話を振ってきたね(笑)。原作の葉村くんの印象は特徴がなくて、誰の隣にいてもなじめるような人でした。だからといって何も考えずにそのまま演じるのは危険だと思いまして。

中村 大事な話です。聞いてください。

神木 葉村は濃いキャラクターの人たちに囲まれているから特徴がないまま演じると埋もれちゃうんです。だから僕は、映画を観てくれる皆さんが持っているであろう一般常識や価値観を大事にしなきゃいけない役割だなと思いました。

──葉村は観客にもっとも近い立ち位置のキャラクターですね。いい意味で普通な姿が、明智の不思議さを際立たせていました。

神木 葉村がいることで明智さんの異常さがわかるような、比較の基準になる必要がありました。明智さんはよく「葉村くん!」と大声を出しているじゃないですか。そこで僕まで「はい!」と声を張ると、その時点で完全にフィクションになってしまうんですよね。

──なるほど。一方の中村さんはいかがですか?

「屍人荘の殺人」

中村 僕は明智の“小物感”を大事にしましたね。剣崎比留子がやってきたときに、葉村をちょっと呼び止めて「あいつとはしゃべんな」と伝える“大小物”な感じ。ダサくて変人だけど、ふとしたときに「あれ、イケてる?」とギャップを感じてもらえたらいいなと思ったんです。あとは葉村とのコンビネーションも大切でした。葉村は明智がどんな球を投げても、ちゃんと受け止めてから捨ててくれるんですよ。明智がそんな意味で実は葉村に甘えているところが表現できれば、愛くるしく見えるかなと。

──確かに、劇中には明智がチャーミングに見える瞬間がたくさんありました。

中村 そうなんです。「あいくるしい(2005年に放送された神木の出演ドラマ)」ってね、いいドラマだった。

神木 例えが懐かしすぎるよ!

中村 葉村が隣にいなかったら、明智はあんな人じゃない気がするんですよね。「じゃあ葉村くんまた明日」と大学を出て電車に乗って、八百屋へ寄って家に帰る明智はあの姿じゃないと思います。

神木 どうして八百屋なの(笑)。

明智はポンコツなところがかわいい(神木)

──お互いが演じたキャラクターの魅力については、どう捉えているのでしょうか。

神木隆之介

神木 明智さんは鋭い推理力を持っていますが、基本的にはポンコツなところがかわいいし、シリアスなシーンでは真剣になったり一生懸命がんばっている。そんな姿が愛おしく見えます。

中村 葉村は優しい子だよね。彼の存在があるから、個性が強い人たちだらけの空間でも成立する。仮にあのペンションに葉村がいなかったとしたら、もう大変! パジャマパーティみたいなすごいことになっちゃう。

神木 パジャマパーティ(笑)。

──ここにはいらっしゃらない、浜辺美波さんのお話も伺いたいです。この作品では浜辺さんのヒロイン力とコメディエンヌとしての才能が爆発しているなと思いました。お二人が考える女優・浜辺美波の強味はどこにありますか。

中村 変わってることを認めない強さ!

神木 少し天然で、面白い感覚を持っている人ですよね。葉村と比留子が現場検証をするシーンで、自分が開けたドアに頭ぶつけていましたから。一生懸命がんばりすぎるんですよ。まっすぐだし。

中村倫也

中村 チャーミングなんですよ、べーさん(浜辺)は。年々かわいくなっていくしね。ちゃんと幸せになってほしいです。彼女は撮影現場でも、やりたいことを誰にも言わずにやり続けるんです。「このときにこれがやりたいのね」というのがビンビンわかる。

──それは共演していて楽しいのでは?

中村 楽しいですよね。そういう姿を見ると協力してあげたくなります。彼女みたいなある種の頑固さって、表現者にとって大事だと思うんです。べーさん独自の嗅覚にのっとって意思表示が発揮される瞬間は、やっぱり見ていて面白いです。

神木 意外とロックなんですよね。

中村 そうそう。