映画「プロメア」 PR

「プロメア」松山ケンイチ×早乙女太一|お互いがハマり役!主演2人が熱量MAXのファイヤーバトルエンタテインメントを語る

TRIGGER制作のオリジナル劇場アニメーション「プロメア」が5月24日に公開される。アニメ「天元突破グレンラガン」シリーズや「キルラキル」の今石洋之と中島かずきが監督と脚本でタッグを組んで3作目となる本作は、燃える火消し魂を持つバーニングレスキューと突然変異で誕生した炎を操る人種・バーニッシュたちが繰り広げる、熱さ全開のバトルエンタテインメントだ。

映画ナタリーでは主人公のバーニングレスキュー・ガロ役の松山ケンイチと、攻撃的なバーニッシュ「マッドバーニッシュ」のリーダー・リオを演じた早乙女太一にインタビューを実施。「連続ドラマW ふたがしら」シリーズや舞台での共演も多い2人に、アフレコを終えた感想や、お互いの演技について語ってもらった。中盤では、共演する堺雅人の熱演に2人が驚愕したエピソードも飛び出す。なおコミックナタリーでは、今石と中島の対談やTRIGGERへの潜入レポートを後日公開する。

取材・文 / 佐藤希 撮影 / 小原泰広

あっという間に終わっちゃった(早乙女)

──お二人は「連続ドラマW ふたがしら2」以来のタッグですが、今回は声での共演となりました。アフレコを終えての感想をお聞かせください。

松山ケンイチ

松山ケンイチ 太一くんは声に特徴があると思うんですよ。すぐ「太一くんだ」ってわかるような。そこがリオに抜群に合っていたと思います。だから(中島)かずきさんはすごく計算してリオというキャラクターを作って、太一くんにお願いしたんだなと強く感じました。

──早乙女さんは参加されてみていかがでしたか?

早乙女太一 楽しかったです。とにかく楽しくて、あっという間に終わっちゃった気がしました。アフレコの期間も実質4日ぐらいだったと思います。

松山 そうだったね。

早乙女太一

早乙女 僕もガロのキャラクターが、松山さんの当て書きなんじゃないかと思っていたんですよ。でも実際はそうじゃなくて、脚本ができあがったときにかずきさんが「この2人だと思った」ということでお声がけくださったそうなんですが、そのことが意外だと思えるほどマッチしていました。

──以前拝見した雑誌のインタビューで、早乙女さんは声優に挑戦したいとおっしゃってましたが、どういった理由だったんでしょうか?

早乙女 一番の理由は、自分の肉体で表現しきれないことがアニメでは可能になるということ。まず自分では炎出せないですし(笑)。

──炎を“折って”剣にするシーンもありますしね(笑)。

早乙女 「自分から炎が出てる!」って思うだけで興奮しました! アフレコでは完成前の映像を観ながら声を当てていったんですが、完成したらきっとものすごいエネルギーを持った映像になると思ったので、自分の声がその迫力に負けないようにしようと意識していました。

「プロメア」より、早乙女太一演じるリオ・フォーティア。

なんでみんな服着てるのにガロは着てないんだよ(松山)

──松山さんは「天元突破グレンラガン」シリーズのファンとお聞きしました。ファンの間で「ガロとカミナがそっくり!」という声が上がっているんですが、どう思われましたか?

松山 そうですか? カミナってこんなにバカかなあ!?(笑)

──(笑)

松山 ガロの声をやっていて思いますけど、カミナとはやっぱり違いますね。ガロのほうが若いですし、バカです(笑)。まず、なんでみんな服着てるのにガロは着てないんだよっていうことが疑問。

「プロメア」より、松山ケンイチ演じるガロ・ティモス。

──火事場に出るから「熱い! 着てらんねえよ!」ってことなんですかね。

松山 そうかもしれないですね(笑)。でも、もしかしたらガロが10年ぐらい経って大人になったらカミナっぽくなっているのかも。

──「グレンラガン」、「キルラキル」と同じく今石監督と中島さんがタッグを組んだ作品ですが、オファーされたときはどう思われましたか?

松山 「グレンラガン」の好きなところは「熱さ」。観たら、こちらの背中を押してもらえるようなパワーがあるんですよね。今度は僕が背中を押す側だから、「グレンラガン」のような熱さを観ている人たちにちゃんと届けないと駄目だなと思いました。さらに、アニメーションという表現方法で自分がどこまでできるかという見通しがつかないので、不安はありましたが、今石監督とかずきさんからアドバイスを受けながら一生懸命やるしかないと思ってました。