東京ディズニーシー®︎ PR

東京ディズニーリゾート®「ディズニー・ハロウィーン」千葉雄大×吉沢亮×中川大志|僕たちディズニーヴィランズ! いざ、冒険とイマジネーションの海へ

Interview

仕事っぽい関係ではない、不思議な感じ(千葉)

左から吉沢亮、中川大志、千葉雄大。

──プライベートでも仲がいいことで知られるお三方は、数カ月前にも釣りに行ったそうですね(参照:中川大志オフィシャルブログ「大好きなふたり」)。3人でそろうのはいつ以来ですか?

千葉吉沢中川 ……釣りぶりです!

吉沢 3人で会うことってそんなにないよね?

中川 釣りのときも、3人そろうのはめちゃくちゃひさしぶりでした。でも釣りに行ったのも春ですもんね。

吉沢 そんなに前か。

千葉 僕と大志は、この間も映画で共演して。それぞれ2人ずつとかでは会うけど、この3人でのお仕事は本当にひさしぶりです。

中川 そうですよね。3人でのお仕事は、2014年のドラマ以来です。

吉沢 僕ら3人でバカばっかりやってる役を演じたので、そこから仲良くなりましたね。ばーちーさんとはその前も映画で共演してて。大志とはそのあとも同じドラマに出させていただいたので、その時期は2人と一緒にいることが多かったです。

──3人でいるときは、どんなことを話すんですか?

吉沢 言えないような話……。

一同 (笑)

千葉 ボーイズトークって言っておこうか(笑)。

中川 最近何やってるんですか?みたいな話はしますよね。

吉沢 そうだね、近況報告とか。

──お互いの出演作を観ることは?

吉沢 ないよね、あんまり。

中川 お二人がバラエティ番組に出ていたら、僕は観ますよ。

千葉 僕はあんまりないけど……舞台とかだったら観るかも。

吉沢 俺とばーちーさん、同じ劇場でやるもんね。それは観たいなと思ってます。

千葉 でも僕たち、あんまり仕事っぽい関係でもないよね。もっとプライベートでの友人に近いっていうか。不思議な感じです。

大志はそれ、地毛でしょ?(吉沢)

──本日は「ディズニー・ハロウィーン」の企画ということで、ディズニーの悪役キャラクター“ディズニーヴィランズ”の仮装に挑戦していただきました。ご自分の衣装に関して、お気に入りのポイントはありますか?

吉沢 僕は「101匹わんちゃん」のクルエラの仮装をしました。やっぱり、このグローブの赤がワンポイントかな。手元に赤を入れることによって、モノトーンの衣装がパキッと締まるというか。

中川 おしゃれ! “吉沢亮”としての個性がちゃんと生きていますよね。

吉沢 “吉沢亮”を出しちゃったね、やっぱり(笑)。髪の毛も、白と黒のツートーンにしていただきました。

千葉 うん、おしゃれ。その髪はどうなってるの?

吉沢 これは、2つのウィッグを半分に切ってつなぎ合わせてる。

千葉 へえ! じゃあどっちも地毛じゃないんだ。

中川 めちゃくちゃ自然!

中川大志

吉沢 そう。カッコいいでしょ。大志はそれ、地毛でしょ?

中川 地毛です。

一同 (笑)

中川 「ピーター・パン」のフック船長の仮装に挑戦したんですけど、実はこれ、もともとストレートヘアのウィッグなんです。メイクさんが夜な夜な巻いて、フック船長に近付けてくださいました。

千葉 そうなんだ! すごい。

吉沢 衣装についてはどう?

中川 海賊って(「パイレーツ・オブ・カリビアン」の)ジャック・スパロウみたいなワイルドなイメージがありますけど、フック船長は上品な感じがしますね。この赤いコートとか、フリルとか。そして左手のフックもばっちり付けています。

千葉雄大

千葉 僕の仮装は「リトル・マーメイド」のアースラです。もとから「リトル・マーメイド」が好きなのでうれしかったですね。この襟やパンツのキラキラは1つひとつ手縫いでスパンコールとパールを付けていただいているんです。すごく凝っていてきれいですよね。衣装合わせでこの衣装を見せてもらって、ヘアスタイルはどうなるのかなと思っていたら……このウィッグを用意していただいてました。3人の中で一番インパクトあるかも(笑)。

一同 (笑)

千葉 けっこう忠実にアースラを表現できたんじゃないかな。普段仮装される方々の真剣さがわかりましたね。ディテールにこだわっておしゃれにしつつ、着る人になじむように調整していく作業は大変だけど、楽しそうだなって。

中川 それぞれのキャラクターをそのまま再現するんじゃなくて、アレンジしているのがおしゃれだよね。

千葉 もともと、アースラは女性キャラクターだしね!

中川 うん。女性キャラクターを男性用のスタイリングに落とし込んでいるところがすごい。

千葉さんの時代は、まだハロウィーンとかないですもんね?(中川)

──皆さんは今まで、プライベートでハロウィーンに仮装をした思い出はありますか?

吉沢 仮装っていうほどではないですけど、ハロウィーンの日にゴリラの仮面をかぶって街を歩いたことはあります。ドラマで共演していた頃だから、大志もいたんじゃなかったっけ?

中川 ああ、いたかもしれないです。確か、ちょっとグロい仮面ですよね。

千葉 僕はこういうキャラクターカチューシャを付けるくらいかな。あとお仕事でアニメキャラのスーツをもらったので、それを着てハロウィーンの企画ライブを観に行ったことがあります。そのときはほかのお客さんもいろんな格好をしてて。

吉沢 いいね、面白い。

中川 僕は子供の頃に、何かやったかなあ……。

千葉 子供の頃、ハロウィーンに仮装する文化ってあった? まだなかったよね?

中川 ああ……千葉さんの時代は、まだハロウィーンとかクリスマスとかないですもんね?

一同 (笑)

千葉 クリスマスはありました!

中川 でも確かにハロウィーンはなかったかもしれないですね(笑)。僕も思い出せない。

千葉 今みたいに、仮装してどこかに出かける流れはなかったよ。お菓子をもらうくらいじゃない?

吉沢 「トリック・オア・トリート」でしょ? お菓子くれなきゃいたずらするぞ!ってやつ。

千葉 うんうん。

──今回のようなフル仮装をご自分で用意するのは難しいかもしれませんが、プライベートでディズニー・ハロウィーンに参加するとしたら、どんな仮装をしてみたいですか?

さりげなくカチューシャのリンゴをかじる吉沢亮。

吉沢 僕、これ(ドクロとリンゴがモチーフのキャラクターカチューシャ)が気になりますね、かわいい。今の格好と合いますよね……(さりげなくカチューシャのリンゴをかじる)。

中川千葉 ああー。

中川 クルエラのモチーフ?

吉沢 たぶんね、全然違う(笑)。

──実はそれではなく、こちらの白黒ファーのカチューシャがクルエラをイメージしたデザインなんです(※下記参照)。

吉沢 そうなんだ!

中川 紫のほうがアースラ風のデザインですね。フック船長はないかあ。

吉沢 フック船長はこの帽子のイラストにいるよ。

中川 じゃあ僕はそれにする。フル仮装で来る人もいるって考えたら、こういうカチューシャはかわいいもんですよね。

千葉 全身の仮装にはちょっと抵抗があるなって人も、こういうのなら全然付けられるよね。

吉沢 東京ディズニーリゾートですからね。なんでもありですよ!

Check!

3人が手にしていたグッズはこちら。気軽な気持ちで仮装にチャレンジできる。
クルエラとアースラをイメージしたカチューシャ(各1500円 / フィガロズ・クロージアー)、ドクロ付きのカチューシャ(1800円 / エンポーリオ)、マレフィセントがモチーフのカチューシャ(1800円 / エンポーリオ)、マレフィセントがモチーフのファッション用グラス(2000円 / エンポーリオ)、悪役キャラクターが集合したイヤーハット(2000円 / エンポーリオ)。
  • クルエラとアースラをイメージしたカチューシャ(各1500円 / フィガロズ・クロージアー)。
  • ドクロ付きのカチューシャ(1800円 / エンポーリオ)。
  • マレフィセントがモチーフのカチューシャ(1800円 / エンポーリオ)。
  • マレフィセントがモチーフのファッション用グラス(2000円 / エンポーリオ)。
  • 悪役キャラクターが集合したイヤーハット(2000円 / エンポーリオ)。
「ディズニー・ハロウィーン」
「ディズニー・ハロウィーン」
2017年10月31日(火)まで開催中
東京ディズニーリゾートでハロウィーンのイベントが始まって、今年で20周年。昨年までは全身のフル仮装が可能な日が限定されていたが、今年は10月31日まで連日フル仮装が楽しめることに。東京ディズニーランドでは「ハロウィーン・ミュージックフェスティバル」、東京ディズニーシーではディズニーヴィランズが主役のショーが繰り広げられる。特設サイトには仮装の条件や対象作品が明記されているのでルールを守って参加しよう。

※本記事内で紹介したグッズ、メニューの内容は予告なく変更になる場合があります。また品切れや販売終了の際はご了承ください。
©︎Disney

千葉雄大(チバユウダイ)
1989年3月9日生まれ。宮城県出身。2010年に特撮ドラマ「天装戦隊ゴセイジャー」のアラタ / ゴセイレッド役でデビュー。2016年の出演作「殿、利息でござる!」で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した。2017年には「Bros.マックスマン」「暗黒女子」「ReLIFE リライフ」「帝一の國」「兄に愛されすぎて困ってます」が公開されたほか、「亜人」が9月30日に公開される。10月2日放送開始のNHK連続テレビ小説「わろてんか」、10月16日スタートの月9ドラマ「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」(フジテレビ系)に出演。10月8日から31日に東京・シアターコクーン、11月9日から14日に大阪・森ノ宮ピロティホールで上演される舞台「危険な関係」に出演する。
吉沢亮(ヨシザワリョウ)
1994年2月1日生まれ、東京都出身。2011年に特撮ドラマ「仮面ライダーフォーゼ」の仮面ライダーメテオ / 朔田流星役で注目を浴びる。2013年に「ぶっせん」でドラマと舞台に初主演。主な出演映画に「アオハライド」「オオカミ少女と黒王子」「さらばあぶない刑事」などがある。2017年にはドラマと2本の映画からなる「トモダチゲーム」シリーズや「銀魂」に出演し、現在は舞台「百鬼オペラ『羅生門』」が東京・シアターコクーンにて9月25日まで上演中。10月21日に「斉木楠雄のΨ難」の公開を控えるほか、2018年には主演映画「あのコの、トリコ。」「ママレード・ボーイ」(桜井日奈子とのダブル主演)が公開。さらに「リバーズ・エッジ」「悪と仮面のルール」「レオン」への出演も発表されている。
中川大志(ナカガワタイシ)
1998年6月14日生まれ。東京都出身。2010年に「半次郎」で映画デビューを果たし、2011年のドラマ「家政婦のミタ」での長男・翔役や2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」の豊臣秀頼役で注目を集める。ドラマ「監獄学園-プリズンスクール-」「南くんの恋人~my little lover」、映画「青鬼 ver.2.0」「通学シリーズ 通学途中」「きょうのキラ君」「ReLIFE リライフ」で主演を務めたほか、2017年7月公開の「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」ではヘンリー・ターナー役の日本語吹替を担当した。2018年に公開を控える実写映画「坂道のアポロン」では、川渕千太郎役に抜擢された。

衣装協力 / シューズ:UNDERGROUND(吉沢亮)
コート、ベスト:CHRISTIAN DADA パンツ:AMBUSH®(中川大志)