浅間の鴉

アサマノカラス

上映時間:90分 / 製作:1953年(日本) / 配給:大映京都

解説 長谷川伸の名作『沓掛時次郎』を映画化。人情時代劇の隠れた名作。一宿一飯の恩義から旅鴉の沓掛時次郎は、六ツ田の三造を斬ってしまう。虫の息の三造から、女房のおきぬと子供の太郎吉の行末を頼まれた時次郎は、それを受けた。彼は、ヤクザな稼業から足を洗って、おきぬと太郎吉のために生きようとするのだが……。

情報提供:ぴあ