愛しき日々よ

イトシキヒビヨ

上映時間:111分 / 製作:1984年(日本) / 配給:サンレニティ=映像京都

解説 瀬戸内海の海辺の田舎町を舞台に、火葬場で働く一人の青年の姿を通して、死の凝視、母子相姦、老人問題など商業映画がタブー視しがちなテーマを選んだ意欲作。原作は重兼芳子の第81回芥川賞受賞作。歌手・もんたよしのりが本名で映画初出演。

情報提供:ぴあ