母御殿

ハハゴテン

上映時間:91分 / 製作:1954年(日本) / 配給:大映京都

解説 1950年代に量産された三益愛子の“母もの“の1本。原田甲斐を首格とする“伊達騒動“を題材に、藩の実権を奪い取ろうとする甲斐の手から、幼い藩主・鶴千代を守り通す女性・政岡の活躍を描いている。ラストに鶴千代の身代わりになって、政岡の息子が毒殺されるシーンが涙を誘う。ビデオ発売時タイトルは「伊達騒動 母御殿」。

情報提供:ぴあ