8時15分 ヒロシマ 父から娘へ

8時15分 ヒロシマ 父から娘へ

ハチジジュウゴフンヒロシマチチカラムスメヘ

2021年7月31日(土)公開 / 上映時間:51分 / 製作:2020年(米) / 配給:新日本映画社

(C)815 Documentary, LLC

解説 広島の原子爆弾で被爆した父を持つ、美甘章子原作『8時15分 ヒロシマで生き抜いて許す心』を基にした、アメリカ製作のドキュメントドラマ。父・進示の被爆体験と、後世へ語り継ごうとする娘・章子の姿を、ドキュメントと再現ドラマを組み合わせ描く。J.R. ヘッフェルフィンガーが監督を務める。出演は田中壮太郎、美甘進示、美甘章子ら。

ストーリー 1945年8月6日の広島。19歳の美甘進示は父・福一と共に、自宅の屋根にある瓦を剥がす作業をしていた。すると突然、激しい閃光がふたりを襲い、街中が火の海と化す。辛うじて一命を取り留めたふたりだったが、体は焼けただれ、瀕死の重傷を負ってしまう。

情報提供:ぴあ

この映画の画像・動画(全15件)